2020年03月31日

急を要する皮膚科領域の感染症の受診が増えています。




新型コロナウイルスの感染症が拡大していく中、皆さんのストレスコントロールも難しくなってきているように感じます。

ストレスの深刻さは、免疫低下につながるからでしょうか、このところの受診は皮膚科領域の感染症の受診が増えています。

1)毛包炎・・・・毛穴が膿む
2)感染性粉瘤・・元からあった粉瘤に化膿菌が感染してしまうことが原因です
3)単純ヘルペス・神経節に潜在しているウイルスが現れることが原因です
4)帯状疱疹・・・単純ヘルペスとは別のヘルペスウイルスが原因です
5)爪囲炎・・・・爪の食い込みが膿むことが原因です
6)足白線の細菌感染・水虫に化膿菌が感染して膿むことが原因です
7)カポジ水痘様発疹症・アトピー性皮膚炎にヘルペスウイルスが感染することが原因です


などなど、急を要する状況の方が増えています。
自宅待機をしていても、心配でついネット情報を検索してストレスを溜めてしまう。それが免疫能を下げてしまい、感染症にかかりやすくなっている様です。皮膚科領域の上記の様な細菌やウイルスは、周囲の人に拡散してうつすものではありません。しかし、治療の効果を上げるためには、落ちてしまっているご本人の体力を回復しないと治りも遅れます。
自宅にいるときは緊張を解いてリラックスすることも、心がけてください。





IMG_7509.jpeg




昨日素敵なお花を頂戴しました。うれしい・・・・ハートたち(複数ハート)
本当に心より御礼申し上げます。









 
posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:30| その他のいろんな皮膚科疾患の治療