2020年06月19日

アトピー性皮膚炎の新薬、コレクチム軟膏の発売


コレクチム軟膏



日本たばこ産業株式会社が研究開発したアトピー性皮膚炎の治療薬が、鳥医薬品株式会社から6月24日発売になります。
薬価は139.7円/gとなるそうです。




「コレクチムレジスタードマーク軟膏 0.5%は、細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすヤヌスキナー ゼ(JAK)の働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制することでアトピー性皮膚炎を改善す る、非ステロイド性の世界初の外用 JAK 阻害剤です。」(鳥居薬品サイトより)




簡単にいうと、アトピー性皮膚炎の体質の方は、通常は起こらない変わった免疫反応をします。
その不必要な免疫反応を阻害する、という薬です。





先週の土曜日、発売前の勉強会が、ソーシャルディスタンスを考慮してネット配信で行われました。
そこで発表された治験でのデーターを見ると、
ステロイドとは違うので、特にステロイドを使いにくい顔面の症状に期待できます。


しかし、一日の使用量が限られているので、全身アトピーの方には足りません。
細菌やヘルペスの感染症があるときは使えません。



この特性を生かすと

顔面が真っ赤に腫れ上がるような増悪期には以下のような2種類のルートが考えられます。

1)ステロイドで最もひどい時期を短時間で切り抜け、その後コレクチム軟膏へ切り替え
2)ステロイド使用を避けたい例ではコレクチム軟膏とセラビーム(紫外線療法)の組み合わせで増悪期を離脱



当院も6/27以降は処方が可能なように準備しています。

使用した方が改善が見込める方にはこちらからお勧めしようと思っています。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:52| アトピー性皮膚炎