2020年07月27日

お子さんの39項目アレルゲンのアレルギー血液検査も行なっています。




5歳以上になってくると、
アトピー性皮膚炎が疑わしい患者さんは、それらしい症状が頻繁に出るようになります。
悪化の原因となる食べ物や環境因子のアレルゲンを39項目を一度に検査できるのが
「View 39」という血液検査です。保険で検査ができます。当院では以下のように検査を行っています。


検査できる39項目は以下のものです。

スクリーンショット 2020-07-27 18.53.25.png
スクリーンショット 2020-07-27 18.53.33.png
スクリーンショット 2020-07-27 18.38.12.png





では、検査の流れをお話します。


スクリーンショット 2020-07-27 18.48.10.png




スクリーンショット 2020-07-27 18.48.35.png

皮膚症状にアレルギーの関与が疑われるか診察します。




スクリーンショット 2020-07-27 18.48.17.png

お子さんにとって、注射針の刺激は大変苦痛なものです。
そのためあらかじめ麻酔のシール(ペンレス)を貼ってきてもらいます。
注射のチクっと刺される痛みはなくなるので、かなり楽です。






スクリーンショット 2020-07-27 18.48.23.png


こどもの採血
(フリー画像を加工したものです。)

お子さんにとって、一番安心できる姿勢、針を見ることのない体勢で
採血をします。





スクリーンショット 2020-07-27 18.48.28.png





検査結果は1週間後には出ています。

このデータは、耳鼻科や眼科、内科などで共有できる大切なものですので
長期保存をしてください。





以上はお子さんへの対応ですが、
大人でも同じことが可能です。

「私、採血怖いんです」とおっしゃってくださったら
上記の対応をいたしますので、ご遠慮なく。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 19:01| アトピー性皮膚炎