2021年03月13日

皮膚腫瘍除去術の時に考慮すべき皮膚割線について


皆さんの皮膚を摘んでいただくと、簡単につまめる方向と、
皮膚が伸びずにつまめない方向があることに気づくと思います。



スクリーンショット 2021-03-13 13.52.54.png






その理由は、人の皮膚両面には皮膚割線という皮膚の流れがあるからです。


スクリーンショット 2021-03-13 13.52.21.png







その皮膚割線に沿って縫合線ができるように腫瘍を取ると手術の傷の治りも早く
美しく治りやすいことが知られています。


スクリーンショット 2021-03-13 13.58.53.png







皮膚割線方向に長軸が向くように紡錘形に切除して

スクリーンショット 2021-03-13 14.18.38.png





縫合します。

スクリーンショット 2021-03-13 14.07.44.png




そうなると、皮膚割線方向に細長い皮膚腫瘍は紡錘形のデザインがしやすいことになります。

スクリーンショット 2021-03-13 14.08.03.png





対して、皮膚割線に直行する方向に長軸がある皮膚腫瘍の場合は
皮膚割線を意識すると、こんなに大きく切除しなくてはいけなくなります。

スクリーンショット 2021-03-13 14.11.39.png




縫合距離も長くなりますし
腫瘍そのものよりも、健康な皮膚の方がたくさん切除されてしまうことに気づかれると思います。


スクリーンショット 2021-03-13 14.10.45.png




同じ大きさの腫瘍なのに90度方向が違うだけで倍ほど縫う針数が多くなります。


スクリーンショット 2021-03-13 14.12.19.png






そんな場合は、無理をせずに時間を空けて2回に手術を分けて施術すると
大きな傷を残すことなく、また健康な皮膚を無駄に除去することもありません。




スクリーンショット 2021-03-13 14.35.04.png





スクリーンショット 2021-03-13 14.36.57.png






一度に取ろうと思わないことも、場面によっては大切です。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:39| ホクロや皮膚癌
kakimotoclinicA4