2021年10月14日

アレルギー検査を受ける意味が変化しています。



今、アレルギーをめぐる医学の研究はかつてないスピードで進み
その結果を受けた新薬がどんどん発売されています。


私の様に年季の入った皮膚科医がかつて学んできたアレルギーの常識は
日々塗り替えられていますが

ありがたいことに毎週の様に開催されるオンラインの研究会を拝聴することで
最新のアレルギーの原因や治療を勉強させていただけるので

当院の診療でも患者さんに、「昨日聞いた最新の知見」をご提供できるように
なっています。




当院でも行っているアレルギーの血液検査

かつては「何を排除したらいいのか」

という検査でしたが、


今ではTh2細胞の産生やサイトカインの放出を行いやすい体質かどうかの
見極めとしての利用価値が高まってきました。


採血をして1週間後に検査結果をお知らせし、体質の把握を理解していただくことに
使っています。
保険で検査可能です。(3割負担の方で7000円くらいです)




この本は本当によくできていて、これを患者さんに差し上げて
お話ししています。

8EB4A8FA-9BCB-494B-8AC4-5B95E3B749B3.jpeg














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:21| アトピー性皮膚炎
kakimotoclinicA4