2022年05月13日

今朝の花は「柿」。



今朝の畑から柿の花。
今が一年で一番自己主張の強い時期です。


スクリーンショット 2022-05-12 15.56.30.png


受粉が終わった花は鐘のような形のまま、地面に落下します。
ある日から急に木の下は落ちた花だらけで、「受粉シーズンでございましたわね、失礼いたしました。」と気付かされます。


3388D5B7-C405-4846-9512-154B04515D30.jpeg





この後この花が緑色の小さな実になって、その実が熟し切った年末には
メジロやシジュウカラたちの餌場になります。
柿の実の上にとまって、体を反転させながら熟した実をつつく小鳥たちは本当に愛らしく、毎年の楽しみです。
この花の開花は「冬のお楽しみが今から始まる」という気分にさせてくれるのです。


小鳥たちのためにも、今年もたくさん実がなりますように。



posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:51| 医療以外のつぶやき
kakimotoclinicA4