2022年06月16日

陥入爪や巻き爪などトラブルのある爪は保険で切ることができます。ドリル削りは要注意です。



スクリーンショット 2022-06-16 10.59.54.png



陥入爪や巻き爪などトラブルのある爪は保険で切ることができます。


<分厚い爪の場合の処置について>
 当院の爪切りを持ってしても歯が立たないほどの厚みのある爪には
 あらかじめ、自宅で尿素軟膏を外用してください。(処方します)
 2週間ほどするとすごく柔らかくなるので、切りやすくなります。

 よく、ドリルなどで削る処置を希望される方がおられますが
 真菌などを含んだ爪の粒子が部屋に巻き上がってしまうので、
 施術者やご本人が吸い込んだ場合、肺に疾患を起こす可能性があります。

 もどかしいでしょうが、切るだけにしたほうが、ご本人の健康のためにも良いでしょう。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:10| 医院からのお知らせ
kakimotoclinicA4