2022年10月21日

何度、紫外線照射で助けられたでしょうか




炎症の起きている現場を鎮めることができる紫外線照射機器「セラビーム」。

昔の電話機のような姿に、初めての患者さんも疑心暗鬼ですが

痒みを止める力と
炎症を鎮める力は本当に素晴らしく


私も手詰まりな時に、何度救われたかしれません。



以下の写真たちは、私の契約している有料画像の会社から
アトピー性皮膚炎の画像を購入したものです。
まさにこんな状況の時に紫外線が効く!と思われる症状の
写真を列挙します。




手の症状。
湿疹部分の皮膚は乾燥して厚みがあり亀裂も入っている。
時に出血や滲出液がある


スクリーンショット 2022-10-21 19.01.45.png











首の症状

皮膚が剥離し、赤く炎症があり、痒みのために掻破し出血している

スクリーンショット 2022-10-21 19.02.33.png





こんな症状の時に、まずステロイド外用剤を処方する前に
1度でもセラビームを照射してあげると治りが格段に良いのです。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 19:12| セラビーム紫外線治療
kakimotoclinicA4