2022年10月31日

収穫と来年へ向けての肥料と。





20年ほど前にホームセンターで買ったスダチの苗は、
5個くらいの実をつけた、高さ4〜50センチほどの痩せた苗でしたが


今では巨木化し、冬に肥料をたんとあげるとこんなにも実を付けてくれます。



8EB298E9-E8E3-4CE9-AC48-6C969A8571BB.jpeg




真夏の青いスダチも美味しいのですが、黄色く熟してきたスダチで
ジャムやコンポートを作ろうと思います。




D7A34A42-5162-42A4-B663-40AE7044E13C.jpeg






昨日は本当にいい畑仕事日和で、一日中畑仕事をしました。



椿は数えると全部で9種類。次々春まで花をつけてくれるのでありがたいです。





毎年春の楽しみの牡丹も、今が一番大事な時期で、下草をとって肥料を与えます。

これは今年5月の写真。

ボタン.jpg


神戸出身の陶芸家、橋本誠先生の花入に映えました。
来年も咲いてくれますように、と畑仕事に力が入ります。





みなさんはどんな夢をお持ちですか?

体が自由に動くのは後何年だろう、と考えて、
その持てる体力をどこに使ったら楽しいだろう、と20年計画
30年計画。楽しいこと、いつも探しています。

次の楽しみのために、椿に手をかけてあげるように。
























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:43| 医療以外のつぶやき
kakimotoclinicA4