2017年01月31日

「疲れ顔」の原因と解決の道。




当院は、保険診療の皮膚科医院ですが、
私個人が特に興味のある分野として
「メスを加えない若返り美容」も得意分野です。



当院に
「この疲れ顔をなんとかしたい」と来院される方の多くは

「このシミさえなければ」

とおっしゃるのですが、


実際は疲れ顔の原因は、「輪郭線の垂れ」です。



ゴルゴライン.jpg




これは、脂肪の袋の下落によるものです。




ゴルゴ2.jpg






口元のほうれい線を気にされる方もおられますが、
よく観察すると、ほうれい線は実は20代の人にもあります。



それよりも疲れを感じさせるのは、その上の場所の「垂れ」です。




ゴルゴ3.jpg





この解決に最も有効なのはカニューレ法によるヒアルロン酸注入です。





関連記事 「カニューレ法によるシワ取りは何が違うのか。」
       「カニューレ法によるシワ取りは何が違うのか。その2」





患者さんの多くが心配されることは「痛み」ですが

以下の3つの理由から、痛みに関しては心配がないと思います。
多くの患者さんが想像以上に楽だったとおっしゃいます。




痛くない理由

 その1 刺入部位にあらかじめシール型の麻酔剤を貼ります。

 その2 1で効果が出た頃に刺入部位に局所麻酔の注射をします。刺入部位は1か所だけです。

 その3 注入するヒアルロン酸にはリドカインという麻酔剤が入っています。






私のライフワークとも言えるヒアルロン酸注入。
是非、ご相談ください。





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:23| ヒアルロン酸注入治療

2017年01月13日

ヒアルロン酸治療の最適年齢。




シワやたるみのリフティング効果のあるヒアルロン酸注入。


しかし、あまりにも進行してしまった後では、復元するのは結構大変です。



すごく自然にシワ取りをするためには、気になりだした早い時期が最適です。



目の下のたるみなら50歳代まで、
鼻唇溝(ほうれい線)なら40歳代で1度補正しておくと
そのあとの老化がかなり遅くなります。

早い治療は、少量のヒアルロン酸で効果的な施術を行えますから
リーズナブルでもあります。




ただ、70歳以上のかなり進行したシワや、
病気などでかなり痩せてしまった方でも
完全復元するのは困難でも、お元気そうなお顔に戻すのは
可能です。


「しぼんだ風船を膨らますのにどれだけの空気を入れないといけないか」
と考えていただくとわかりやすいかもしれません。


「風船が少ししぼんだ状態だと、少量の空気を入れてあげるとハリが戻る」

 が理想ですが

「すっかりしぼんでしまった風船にハリを戻すには多くの空気注入が必要」


ということになります。




私は、ヒアルロン酸の世界的シェアで独走している「レスチレン」を
使用しています。

また、レスチレンの注入において、
日本人初(同時3名)のマスターを
当時のレスチレンの会社Q-MEDのスエーデン本社から授賞しました。
(現在、Q-MEDはガルデルマ社の傘下になっています)
授賞式は当時のアジア地区本社があった香港で行われました。


それ以降、技術を磨きながら、
ヒアルロン酸でできることを引き出して行くことは私の生涯のテーマでもあります。


あまり怖がらず、ご相談頂けるといいなあと思います。


関連記事「AMEC2015「60歳以上の若返り術」のテーマについて。」


診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:57| ヒアルロン酸注入治療

2016年12月10日

加齢による口元のやせにヒアルロン酸。




体重がしっかりある方でも、
50歳を過ぎると急速に顎(唇の下)の脂肪が落ちてきます。

そのため、
「梅干しシワが気になる」とか、
「しょんぼりした顔になって嫌なの」
というご相談をよく受けます。



ちょこっと申し上げますと
スターラックスでのお手入れを長年されている方にはあまり起きない変化です。(ちょっと宣伝)




ご相談の心配事を解決するには
しっかりとした顎のラインを戻して差し上げるのがいいのでは
と思いますが、やはりレスチレン(ヒアルロン酸)が私には最適のフィラーに
感じます。



関連記事 「マリオネットラインを、どこまで治すか」
      「AMEC2015「60歳以上の若返り術」のテーマについて。」



12月に入り、ご相談が増えています。
どうぞ、まずは診察にお越しください。




診察のご予約は
IMG_8849.jpg

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:55| ヒアルロン酸注入治療

2016年08月25日

老け顔の原因は顎周りの痩せではありませんか?




何だか、気がつけば顔がしょんぼりしている。



その原因は顎周りの痩せではありませんか?



下顎が痩せると

マリオネットライン
顎正中の梅干しシワ
口角が下がってへの字の口に

などなどの症状が起きてしまい、老け顔に近づきます。


ヒアルロン酸を効果的に注入して、解消できることが多く
私の得意分野です。



関連記事
2015年10月06日「マリオネットラインを、どこまで治すか。その2」



また、ご相談ください。


診察のご予約は
IMG_8076.JPG
医院日本庭園

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:02| ヒアルロン酸注入治療

2016年05月21日

シワ相談(ヒアルロン酸Restylane注入)が増えるのは初夏。




日差しが強くなって、陰影がはっきりするからでしょうか


毎年、この季節からシワの治療相談が急増します。







最も多いのは口元のシワ。


マリオネットラインや
 マリオネットラインを、どこまで治すか。


ほうれい線
 「ヒアルロン酸注入に技巧は大事です。



この2つに関してはヒアルロン酸の注入が最も効果的です。







今月は、過去に当院でヒアルロン酸の注入をされた方々も
再注入を希望で何名もお越しでした。



その1
 4年前に、親族の結婚式を前に注入した方が、再度、別の式典のために注入を希望。
 4年前の、ヒアルロン酸の注入の施術前の写真と比べると、
 現在もヒアルロン酸が補正した場所は、注入前より良い状態でした。
 「まだ、ヒアルロン酸が残っている状態」なのです。

  しかし、注入直後を100とすると、60〜70くらいのボリュームに減っているので
  再度追加注入し、100に戻したい、というご希望でした。


その2
 6か月前に、本来なら十分にシワを消すのにヒアルロン酸が4mlは必要だと
 私が見積もった方でしたが、まず1mlの注入を希望された方が再度来院。
 ヒアルロン酸注入に対しての抵抗がなくなったので、残りを注入したい、というご希望でした。



その3
 ほうれい線を1年前に消した方。今度はマリオネットラインを消したいと来院。




以上、こんな感じで、当院のシワ治療はきめ細かいご相談に対応しております。
使用しているのは日本での承認が取れているレスチレンリド。
局所麻酔作用のあるリドカインを含んでいるので、痛みを軽減できます。
私は2004年からレスチレンのユーザーであり、
日本初(同時3名)のレスチレンマスターです。



ヒアルロン酸注入の詳細は当院のサイトでもご覧いただけます。<クリック






ヒアルロン酸の注入
Restylane レスチレンリド 1ml(注射器) 54,000円(税込)
カニューレ注入法の場合も同じ料金です。




診察のご予約は 電話 0797340400 へ



posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:56| ヒアルロン酸注入治療

2016年04月04日

39種類のアレルゲンを一度に血液検査できるようになりました。






なんとか好天気だった週末。


皆様、各地、お花見に出かけられましたのでしょうか。





IMG_2767.jpg






お花見の季節は花粉の季節。


そのため、

2015年06月11日の記事「花粉がアトピー症状を悪化させることも多いのです。





「血液検査をしたからって、体質はどうしようもない」





そう、おっしゃる患者さんもおられますが、
そんなことはありません。





季節ごとに、治療の強弱をつけられるので、
何のアレルギーかを知ることは重要です。







IMG_2848.jpg







最新の検査では、39種類の項目のアレルギーを、
一度に保険で調べられるようになりました。




IMG_2850.jpg






39種類の項目は以下のとおり。
結構な範囲を網羅しています。





IMG_2849.jpg




ただし、項目は固定されたものなので、
別に調べたいものがあるときは、別の日にお願いすることになります。



ぜひ、この機会に、血液検査をお受けください。









ドリアニメ原本小-1.gif      診察のご予約は 電話 0797340400 へ








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:56| ヒアルロン酸注入治療

2015年12月11日

輪郭補正にもヒアルロン酸その2






昨日は時間がちゃんと取れずに、中途半端に終わってしまいました。
















「ヒアルロン酸でできる、クールな顔作り。」







まずは、お人形の顔を見ていただきましょう。










ヒアルロン酸1.jpg










これは、西洋人形ですが、
子供だからか、日本人の顔の輪郭にとても近いので
この写真で説明いたします。











もし、ヒアルロン酸1本でこの顔をクールにしようとすると









ヒアルロン酸2.jpg








こんな感じ。










そして、もし、下の写真のようにあごのラインは整っている人は










ヒアルロン酸3.jpg














ヒアルロン酸1本でさらにクールにしようとすると










ヒアルロン酸4.jpg












ほんの1本の少量のヒアルロン酸で




人には気付かれずに





鼻根部を高くし、顎をシャープにできます。







私の得意なテクニックです。















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:55| ヒアルロン酸注入治療

2015年12月10日

輪郭補正にもヒアルロン酸





ヒアルロン酸の注入は




簡単なシワをなくすだけでなく、




輪郭の補正までできてしまうのです。






特にスッキリしたお顔立ちにしたい時には




鼻筋を通し、顎先を少し尖らせます。









今日はちょっと時間ないので、(すみませんあせあせ(飛び散る汗)


次回、絵で表現しますね。るんるんるんるん










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:37| ヒアルロン酸注入治療

2015年10月28日

AMEC2015「60歳以上の若返り術」のテーマについて。





AMECは、毎年パリで行われる国際美容の学会です。



かわいい欧州始め、アジアからの参加も多いこと、

かわいい美容医療を支える医療機器メーカーの展示ブースが多いこと、

かわいい施術がライブで映画館のようなスクリーンで見られること、


などなどメリットが多く


美容医療の現在を知るにはとてもいい機会なのです。




さて、今回、もっとも興味があったのが

「60歳以上の方の若返り」の特集でした。







もう、実際の60歳以上の方々が、どんどん登場しまして、





IMG_2050.JPG
(加工済み)









IMG_2011.JPG





登壇するドクター達によって、その場で若返ってゆきます。
(左隅におられるドクターが施術中。)








やはりメインはヒアルロン酸注入でした。








ヒアルロン酸のキットには、専用の短い針が付属しています。

IMG_2201.jpg







しかし、今や、それを使っての施術はほとんど見受けられず、
別売りのカニューレによる施術が、常識のように行われていました。


IMG_2203.JPG

上の写真、
上の長い針(カバーが付いた状態です)がカニューレ
下の接続させているのが付属針です。







カニューレはしなやかに曲がり、先が鈍なので組織を傷つけず
しかも折れませんので
自在なデザインが可能なのです。







カニューレの方法も進化していましたが、

私なりに工夫して施術している方法と、全く同じ発表もあり

自信を深める場面もありました。






続く。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:31| ヒアルロン酸注入治療

2015年10月06日

マリオネットラインを、どこまで治すか。その2







マリオネット人形の口角から顎に伸びるライン。



マリオネット6.jpg






人間にも生じてきますよね。






名付けてマリオネットライン。







マリオネット1.jpg














一般的なヒアルロン酸による補正の注入部位はこんなかんじ。










マリオネット4.jpg










しかし、マリオネットラインをよく観察すると








マリオネット7.jpg










顎先端→山
マリオネットライン部位→谷
頬のふくらみ→山








というように、山脈構造になっています。









マリオネット7.jpg




















谷は広い範囲に及んでいます。






マリオネッと9.jpg














本当は、その補正をすることでマリオネットラインはより美しく消失します。


すなわち、これくらいの範囲にヒアルロン酸の注入をします。







マリオネット5.jpg










仕上がりの美しさには、やはり差がでますが、
軽め補正をご希望の方には患者さんのご希望を第一にしています。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:18| ヒアルロン酸注入治療