2024年02月26日

お子様とお母様と共通の体質による皮膚炎




スクリーンショット 2024-02-26 12.17.35.png





アレルギー体質は、遺伝することが広く知られています。



そのため、お子さんもお母さんも
両方を診察しているケースが多いです。



医師の方からしても、体質が把握しやすく助かります。
ご遠慮なくご相談ください。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:20| アトピー性皮膚炎

2024年01月12日

乾燥肌、アトピー肌には薄手の綿のパジャマを。





化学繊維の衣類で起こる皮膚炎は、年々増える傾向にあります。







Depositphotos_226055744_XLのコピー.jpeg







特に冬は皮膚が乾燥するので、化学繊維との摩擦で痒みは生じます。







Depositphotos_167779814_XLのコピー.jpg













特に就寝時に着る物については、日中着るもの以上に興味を持って
探していただくといいのでは、と思います。











就寝時に着るものを選ぶポイント





1)部屋着とは別のものに着替えること

  画像 3.jpeg

   ↓
  着替えて

   ↓

  画像.jpeg


  日中とは違うおやすみモードに気持ちを切り替えることで
  日中の刺激的な交感神経からゆったり気分の副交感神経へ移行させます。








2)襟元の開放感から考えてTシャツやトレーナーでなくパジャマを勧めます

   画像 2.jpeg

    ↓

   よりも

    ↓

   画像 4.jpeg


  
  襟元の温度調整には前開きの方が望ましいです。
  ただし、ふわふわのフリースなどの化学繊維のパジャマを着るくらいならば
  綿100%のTシャツの方が、肌には優しい時もあります。
   
  
   



   探していたら、無印良品さんのサイトに
   「綿ブロード 長袖パジャマ 税込2990円」
   というものを見つけました!
    おすすめです。







 

 
3)寒さ調節用にコットンの薄手の襟巻きを


   Depositphotos_4311195_L.jpg



   洗濯が容易で、低刺激なので、アレルギー肌の方にも最適です。
   日中も家事の時などに巻くと、とても暖かくて清潔です。









ぜひ、これでみなさま安眠を!


    画像 1.jpeg









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:48| アトピー性皮膚炎

2023年11月02日

乾燥肌の原因は、実は大人のアトピー?






スクリーンショット 2023-11-02 16.17.02.png





「乾燥肌なので、痒くて・・・・。保湿剤ください」


そんなことが増える冬の皮膚科クリニックですが





私たちの目から見ると、ただの乾燥肌ではない、
大変重症の湿疹になっている場合もあります。






Depositphotos_167779814_XL.jpg








通常、乾燥肌とはどんな状態でしょうか




皮膚表面の角質層が干からびてそりかえって剥がれそうになり
粉吹き芋のようになっている状態です。



乾燥皮膚.jpg






その人にアレルギー体質があった場合は


その干からびて傷だらけの皮膚表面から
アレルギーの原因のアレルゲンが侵入し





スクリーンショット 2023-11-02 16.55.07.png





皮膚炎を生じます。








「そういえば、アレルギー性鼻炎と言われたことがある」
「私は花粉症です」


という人は、アレルギーを生じる体質がある、ということなので




普通の乾燥肌ではなく、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎の
可能性が高くなります。





市販や、医院処方の保湿剤だけでは全然治らない、という場合は
診断をつけて、アトピーの最新の治療を受けた方がいいかもしれません。



























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:59| アトピー性皮膚炎

2023年10月15日

よく相談を受ける、ステロイド使いたくない治療について




IMG_2823.jpeg





ステロイドをすごく使いたい医師はいません。


ではどんな時に使うことになってしまうのでしょう。


1 重症の炎症
2非ステロイドでは治すことが難しい
3ステロイドを絶対に使ってはいけない病気を持っていない人


上記が、医師がステロイドを使うときのきっかけだと思いま


この中で、患者さんがいちばんわかりにくいのが2番です。




本当にステロイドでしか治らないのか、



ここがいちばん患者さんが引っかかるポイントではないでしょうか。


なんせ自分の周囲にはこんな症状の人はいないし
ステロイド怖いって人は言うし




ここで
医師サイドからの見方をちょっと種明かしすると



長年診療をやっていると、非ステロイドでは治りが悪い、遅い、または治らない


という場面は割と瞬時に判断ができます。


ただ私は
絶対に使いたくない人のお気持ちもできるだけ守るようにしています。
使いたくないのに処方はしません。


すごく困難かもしれないけど、できるだけやってみましょうと
お話ししています。


ただ、ステロイドなしで
うまくいってるか、観察させてください。



無理はしないでください。



まずは、ご自身の病状がどの程度重症かを相談して
判定してもらえる医院を見つけることから始めてみましょう。

安定期に入るまでは、市販薬は、お勧めしません。



ここで少し宣伝ですが、今年導入したセラビームの新型機種は、

http://dr-kakimoto.com/category/4161746-1.html

まだ日本でも少ない台数しか稼働していませんが

痒み抑制効果に特に優れています。
アトピー性皮膚炎に保険適応で、ステロイドを使いたくない
または減らしたい患者さんの治療に大きな助けになっています。














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 21:19| アトピー性皮膚炎

2023年01月13日

痒みの原因が、その衣類かもしれない問題について









スクリーンショット 2023-01-13 16.12.21.png






体が痒い、と来院される方は1年中おられますが、
特に冬の痒みは重症化しやすいのには
衣類が関係していることもあるので、今回はそのお話をします。










こんなカサカサかゆみ。


スクリーンショット 2023-01-13 11.25.41.png





多いのは背中!


スクリーンショット 2023-01-13 11.25.25.png






よーく観察すると




スクリーンショット 2023-01-13 17.51.57.png






ひび割れている

スクリーンショット 2023-01-13 17.52.19.png









めくれている

スクリーンショット 2023-01-13 17.52.34.png










剥がれている


スクリーンショット 2023-01-13 17.52.49.png






この肌に接する衣類の素材選びは、とても大切です。







今日、この記事を書くにあたり、当院のダーマスコピーで繊維の写真を撮ってみました。












フリース




ポリエステル製、原料はペットボトルのことも多い
化学繊維がオーバーに言うと掃除用のスチールタワシのように編まれている。



スクリーンショット 2023-01-13 16.40.47.png



いいところ:空気を含むので温かいし軽い
悪いところ:痒み肌に着用した場合には、傷口を摩擦して悪化させます。
      冬のパジャマ素材に使われることが増えていますから注意が必要です。



私のおすすめ:下には天然素材の服を着て、その上着として着用しましょう











シルク(絹




お蚕(かいこ)さんは、自分の口から出す繊維でまゆを作る。
そのまゆをほどいて長い繊維にして、それを織ったものがシルクです。
天然素材の最高峰ですが、近年生産が減っています。




スクリーンショット 2023-01-13 16.41.15.png





いいところ:細くしなやかな繊維ですので、織目が滑らかで肌に乗せた時のストレスは限りなくゼロ。
悪いところ:品質の良いものほど高価です。





私のおすすめ:洗っても良いような気軽な価格のシルク、またはお母様が昔使ってたシルクのスカーフなどを、
       ウールや化学繊維の洋服の襟の中に首に巻いて摩擦を防ぎます。










コットン(綿)





植物の綿花から繊維を取り出して織ります。繊維の長い品種ほどシルクに近い感触の高級品。
天然素材の代表格でしたが、これも近年生産が減っています。




スクリーンショット 2023-01-13 16.41.37.png





いいところ:昔ほどではないですが、安価で入手しやすい。洗濯も簡単。
悪いところ:欠点はほぼ無し。織り方によっては(例:硬いデニムなど)刺激になることもある


私のおすすめ:化学繊維の下着の愛好者が人口のほとんどになってきた印象があります。
       痒み肌の人は、綿の下着の上に重ねてください。



上の写真の綿繊維の拡大写真は、私が↓この衣類をダーマスコピーで撮影したものです。



スクリーンショット 2023-01-13 16.42.00.png





患者さんにいつもお勧めする「グンゼ」様のオーガニックコットンの下着です。
拡大像を見ていただいても、そのしなやかさがわかると思います。





薄くてしなやかで肌ストレスがありません。




3E814190-910E-4F37-B1EA-B85BC8C8CAAF.jpeg





気の利いた色や、男性用もあります。



1C86BEA3-80EF-41F2-B8C9-7E05AB95656C.jpeg





実は先日、グンゼ様にご連絡させていただきまして、掲載の許可をいただきました。

オンラインショップ「the GUNZE オーガニックコットン」

ピッタリサイズがお好みの方はいつものサイズより小さめを!







そして皮膚炎や痒みの悪化の原因になりやすいパジャマですが、
やはり綿100%のものを推薦します。




スクリーンショット 2023-01-13 16.42.19.png
(↑契約しているアメリカの画像です)



素材を変えるだけで、痒みの鎮まる感覚を是非知ってほしいです。







それから、人気の高い、薄くて温かく密着する黒い下着シャツなどは

1)特殊な化学繊維の織りが皮膚表面に摩擦を起こすことがある。

2)速乾性のものの場合、常に速乾させようと肌に密着して水分を吸い上げるので
  汗がほとんどでない寒い時期は、大切な皮膚の水分を吸収してしまい乾燥を進行させることがある。



という点も気をつけてください。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 19:02| アトピー性皮膚炎

2022年11月12日

めんひゃく!





10代の若者よ!



スクリーンショット 2022-11-12 10.10.33.png






スクリーンショット 2022-11-12 10.23.02.png








スクリーンショット 2022-11-12 10.24.12.png







スクリーンショット 2022-11-12 11.56.03.png








密着する下着やパジャマは特に要注意。
ゴワゴワした素材や、化学繊維の種類によっては
動くたびに、カンナみたいに肌を削ってしまいます。





shatushatu.gif








そこで診察室でよくお勧めするのが
「めんひゃく」。





めんひゃく、って言って「綿100」って頭の中で変換できるのは
もう昭和生まれだけだよね。




高校生なんか、何かのブランド名かと思うのが普通。
仕方ないよ、恥ずかしくないからね。








肌を削らない素材として

1)綿、しかも薄いほうがいい。デニムだとごわつく
2)シルク


天然素材でも、麻は痒くなりやすく、ウールも吟味が要ります。




めんひゃくの下着やパジャマはコープさんなどにたくさん売ってるよ。
素材表記をよく見て購入してね。

服って、素材が大事なんだって、
それを変えるだけで痒みが止まるんだって、体感してほしい。

頑張って探してみてね。

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:17| アトピー性皮膚炎

2022年09月09日

乳幼児等・こども医療費助成制度を利用しての血液検査には安心なリクライニングシートで採血します。





アトピー性皮膚炎の疑われる患者さんに

39項目のアレルゲンを調べる血液検査をする場合

検査内容は以下の通り

スクリーンショット 2022-09-09 18.12.09.png

治療費の自己負担割合が3割の方では7000円ほど費用がかかります。


小さいお子さんの場合には医療費の助成制度が利用できてゼロ円だったりするのですが
なんせ採血は初体験、というお子さんも多いので




スクリーンショット 2022-09-09 18.10.54.png



リクライニングシートで落ち着いた気持ちで採血させて頂いております。
私が採血しています。
絶対に押さえつけず、お子さんと会話しながら誉めて励まして採血しています。
(それが無理なお子さんは6ヶ月ほど成長を待っています)

ご相談ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:21| アトピー性皮膚炎

2022年08月30日

サノフィ社のアトピー性皮膚炎の発生機序を明確に表した図で症状を説明しています。


サノフィ社のアレルギーに関する最新情報や治療情報を発信する「アレルギーi」というサイト。

いつも、アトピー性皮膚炎を患者さんに説明するのに、これ以上ない、というほど
有益なサイトです。


その中のこの図は

https://www.allergy-i.jp/kayumi/kayumi-nayami/



アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息、アレルギー性鼻炎などの発症原因を
一目でわかるように説明できます。

現在、これを印刷した冊子は終了になっているので患者さんにお配りできず、診察室で
お見せしながらの説明だけになっています。
すごく理解できた、と喜んでいただけるのですが、持ち帰っていただくことができず
患者さんがご家族に説明するなどで必要になった時のために、リンクしておきますね。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:56| アトピー性皮膚炎

2022年06月02日

お子さんの掻き破りにはガード治療を。




アトピー性皮膚炎があるお子さんに、
「掻いちゃだめ」というのは無理があるのだ、ということが最近の研究で分かってきました。
免疫細胞から吐き出されるサイトカインという物質が痒みの原因だと判明したのは最近のこと。
従来の抗ヒスタミン剤などの痒み止めの効果が薄かった理由もこれだったのです。

そしてサイトカインの働きを抑える薬がこの2年くらいで相次いで発売になっていますが、
大変効果の高い注射薬で高校生以上、内服も12歳以上、と年齢制限があり、
そこに達しない年齢のお子さんは、更なる新薬の発売を待っていただいている状況です。

それまでは、外用治療が中心となります。
そして、あの手この手で掻き破りを防ぐ方法を考えなくては。

スクリーンショット 2022-06-02 18.21.23.png



当院では最近はこのチューブ状の包帯をよく使っています。

スクリーンショット 2022-06-02 18.23.27.png



外用剤を多めにしっかり塗って、このチューブ包帯を装着してしまうのです。


スクリーンショット 2022-06-02 18.21.36.png




保湿もでき、かき破りも防げるので、治療効果も高くなります。



自費で販売もしておりますので、ご相談ください。

スクリーンショット 2022-06-02 18.23.42.png












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:42| アトピー性皮膚炎

2021年10月14日

アレルギー検査を受ける意味が変化しています。



今、アレルギーをめぐる医学の研究はかつてないスピードで進み
その結果を受けた新薬がどんどん発売されています。


私の様に年季の入った皮膚科医がかつて学んできたアレルギーの常識は
日々塗り替えられていますが

ありがたいことに毎週の様に開催されるオンラインの研究会を拝聴することで
最新のアレルギーの原因や治療を勉強させていただけるので

当院の診療でも患者さんに、「昨日聞いた最新の知見」をご提供できるように
なっています。




当院でも行っているアレルギーの血液検査

かつては「何を排除したらいいのか」

という検査でしたが、


今ではTh2細胞の産生やサイトカインの放出を行いやすい体質かどうかの
見極めとしての利用価値が高まってきました。


採血をして1週間後に検査結果をお知らせし、体質の把握を理解していただくことに
使っています。
保険で検査可能です。(3割負担の方で7000円くらいです)




この本は本当によくできていて、これを患者さんに差し上げて
お話ししています。

8EB4A8FA-9BCB-494B-8AC4-5B95E3B749B3.jpeg














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:21| アトピー性皮膚炎
kakimotoclinicA4