2022年04月26日

虫刺されが腫れちゃうのは体質なので、防御が大切です。




お子さんの、ケガや虫刺されが急増してきました。
ゴールデンウィークを前に、少しご注意点をお伝えします。





E899ABE588BAE79787-26a0d-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg




上の写真のように虫刺されが腫れ上がるお子さんがおられると思います。
山の中でレアな毒虫に刺された、とかではなく、
ただの蚊でも、こうなってしまうのは、その方の「体質」です。


そういう体質のお子さんは、野山に行くときには肌の露出を控えた方が無難です。

草原、川、などを裸足で走り回るのは、少し危険です。
虫は足首を狙いますから、ゴム長靴が一番確実。
難しければ靴下は履いておくようにしてください。


刺されたら、今は市販でステロイド外用剤が売ってますので
速やかにしっかり外用してください。


それでも炎症が強まる一方でしたら、帰宅後に皮膚科受診してください。
軟膏やガーゼで処置して自宅での処置方法もお伝えします。





F4E1FBCC-037C-45B1-8DE9-859AAC599F4C.jpeg

写真は今朝の畑から1枚。レモンの花が膨らみ始めました。蕾は薄紅色。

柑橘類が好きなので他には20年前に植えたスダチがあります。
スダチは毎年100個以上の実をつけてくれるのですが、
数年前に植えたばかりのレモンは去年1個だけ小さな実をつけました。
今年はもう少し実がなって欲しいです。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:29| 湿潤治療・ケガ、やけど

2021年10月12日

陥入爪などのご相談が多いので、手術日程を増やして対応しております。

スクリーンショット 2021-10-07 17.33.18.png


爪が周囲の肉に食い込んで腫れ上がるような症状の方が多く来院されています。
コロナ禍でウォーキングなどの野外の趣味の方が急増している背景があるのかも知れません。

水曜日の午前中に手術日を設定していますが、年内の予約枠が埋まりつつあるので
午後4時からも手術枠に充てて対応しています。


手術を恐れて受診が遅れる、重症化させるケースも多いように感じます。
できるだけ手術を回避するようにしたいので、重症化する前にご相談ください。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 07:18| 湿潤治療・ケガ、やけど

2020年06月05日

ケガが増えてい流ので、再度「ケガをした時に行う事」。


外出が解放されたこともあって、ケガが増えています。
再度、ケガの時の注意点をまとめてみました。



スクリーンショット 2020-06-05 9.28.35.png


医院にくるメリットは、
「跡を残さないようにきれいに治すこと」



そのためにも、できるだけ早い受診が望まれますが、
医院が休みの時には慌てずに、以下の処置をして
休み明けに来院してください。




1)骨折をしていないか
(判断が難しい時は救急病院を受診しましょう)

2)止血できるか
動脈を切って、ドクドク出血しているということは
運動会レベルではあまり起こりません。
多くの場合、タオルなどで圧迫することで止血できます。
   
3)砂利が混じっていないか
流水で洗浄し、砂利などは落としましょう。
その時、やや出血しても、または痛くても
後々刺青になることを考えると洗浄が推奨されますが
あまりに怖い、痛いときは、休み明けに医院に相談してください。

4)ここで過度な消毒は良くありません。

5)固着させないように被覆する。
家にあるワセリンなどを患部に塗り、ガーゼなどで覆います。
ガーゼを剥がすときにこびりついて痛みが生じないように
出血部位にラップを乗せてからガーゼを巻くのも効果的です。

ただし、空気を通さないほどラップでぐるぐる巻きは良くありません。

キズパワーパッドは出血浸出液の多い創面にはあまり適しませんが
医院に行くまでに1〜2日なら構いません。




医院に行けるまで2日ほどある時は、
毎晩風呂場でシャワーで患部を洗いましょう。
(恐ければいいです)

医院が開院したら、すぐに受診してください。






スクリーンショット 2020-06-05 9.29.22.png


「ケガをしたら、どうも湿潤環境治療がいいらしい」

という知識が広まってきているように思います。
しかし、本来自宅で治すには無理があるような重傷のものを治そうとして、手に負えないほど悪化して来院する方が年々増えています。



失敗の原因は
1)キズパワーパッドの使い方の間違い
2)そもそもキズパワーパッドの適応を超えた重傷

の2つがあるようです。


キズパワーパッドの公式サイトには詳細な使い方や、適応になる疾患、ならない疾患が記載されています。
(それらを十分に読んでご利用されることをお勧めします。)





受診の多くは、以下のような症例です。

キズパワーパッドの適応になる「軽いすりキズ」という深さを超えた重症の擦過傷を、キズパワーパッドで止血目的も兼ねて封鎖してしまっている。



hizakegakizupawa-pad.jpg




キズパワーパッドを外すと浸出液と血が流れ出します。


kegakizupawa-.jpg




膿も流れ出ることも多く、閉鎖した状況下で細菌感染を生じてしまっているようです。





この場合は、軟膏による湿潤環境治療が適しています。



抗生物質入り軟膏を大量に外用し、患部にこびりつかないシリコン製のガーゼで覆う。
夜はシャワーで洗う。


この方法に切り替えると速やかに治っていきます。









関連記事「ケガの応急処置」「キズパワーパッドの使い方」など
posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:31| 湿潤治療・ケガ、やけど

2020年03月12日

すりむけ傷は重傷ならキズパワーパッドは無理かもしれません。湿潤環境治療は閉鎖療法と混同しないように。


「ケガをしたら、どうも湿潤環境治療がいいらしい」

という知識が広まってきているように思います。
しかし、本来自宅で治すには無理があるような重傷のものを治そうとして、手に負えないほど悪化して来院する方が年々増えています。



失敗の原因は
1)キズパワーパッドの使い方の間違い
2)そもそもキズパワーパッドの適応を超えた重傷

の2つがあるようです。


キズパワーパッドの公式サイトには詳細な使い方や、適応になる疾患、ならない疾患が記載されています。
(それらを十分に読んでご利用されることをお勧めします。)





受診の多くは、以下のような症例です。

キズパワーパッドの適応になる「軽いすりキズ」という深さを超えた重症の擦過傷を、キズパワーパッドで止血目的も兼ねて封鎖してしまっている。



hizakegakizupawa-pad.jpg




キズパワーパッドを外すと浸出液と血が流れ出します。


kegakizupawa-.jpg




膿も流れ出ることも多く、閉鎖した状況下で細菌感染を生じてしまっているようです。





この場合は、軟膏による湿潤環境治療が適しています。



抗生物質入り軟膏を大量に外用し、患部にこびりつかないシリコン製のガーゼで覆う。
夜はシャワーで洗う。


この方法に切り替えると速やかに治っていきます。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:24| 湿潤治療・ケガ、やけど

2020年01月16日

血が止まってカサブタになったのは、治ったのではないので



よく

「出血してたので乾かしていました。」
「乾いたので大丈夫だと思いました。」

という場面に出会います。



お子さんの顔のけがを、数日経って連れてこられるケースの時が多いです。




スクリーンショット 2020-01-16 9.33.27.png
フリー画像です。





それは、現代の最先端の創傷治療の常識ではなくなっています。





傷は、かさぶたの段階では、まだ完治していません。
むしろ、きれいに直すならば、乾いたカサブタは危険信号なのです。
きれいに直すのならば、カサブタを空気にさらさず、湿潤環境に置かねばなりません。



創傷治療について
https://ashiya-kakimotoclinic.com/service/skin_surgery/injury_burn/



当院から少し離れた保育園のお話ですが、
園内でけがが発生すると、その足で先生が生徒を当院にお連れになります。
先生にとってはすごく大変なお手間だと思います。
しかし即時の治療がどれほど効果的か園長先生はご存知なのです。




けがをしたら、
ワセリンでもいいのでたっぷり外用して、当日または翌日には
かかりつけ医にご相談ください。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:45| 湿潤治療・ケガ、やけど

2019年09月21日

運動会シーズン、ケガしたけど医院が休みの時の処置。




運動会にはケガはつきものなのかもしれません。


リレーでの転倒、
組体操の落下、
などなどで

顔や手足に外傷を負ったお子さんが
今週はとても多く来院されました。



医院にくるメリットは、
「跡を残さないようにきれいに治すこと」



そのためにも、できるだけ早い受診が望まれますが、
医院が休みの時には慌てずに、以下の処置をして
休み明けに来院してください。




1)骨折をしていないか
(判断が難しい時は救急病院を受診しましょう)

2)止血できるか
動脈を切って、ドクドク出血しているということは
運動会レベルではあまり起こりません。
多くの場合、タオルなどで圧迫することで止血できます。
   
3)砂利が混じっていないか
流水で洗浄し、砂利などは落としましょう。
その時、やや出血しても、または痛くても
後々刺青になることを考えると洗浄が推奨されますが
あまりに怖い、痛いときは、休み明けに医院に相談してください。

4)ここで過度な消毒は良くありません。

5)固着させないように被覆する。
家にあるワセリンなどを患部に塗り、ガーゼなどで覆います。
ガーゼを剥がすときにこびりついて痛みが生じないように
出血部位にラップを乗せてからガーゼを巻くのも効果的です。

ただし、空気を通さないほどラップでぐるぐる巻きは良くありません。

キズパワーパッドは出血浸出液の多い創面にはあまり適しませんが
医院に行くまでに1〜2日なら構いません。




医院に行けるまで2日ほどある時は、
毎晩風呂場でシャワーで患部を洗いましょう。
(恐ければいいです)

医院が開院したら、すぐに受診してください。




では、運動会、頑張ってくださいね!




IMG_3661.jpg










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:21| 湿潤治療・ケガ、やけど

2019年08月03日

細菌感染の疑いがあるときは閉鎖型ではない湿潤治療を。




最近は、ネット情報などで
湿潤環境治療が綺麗に傷を治すことができる方法だと
広く認識されるようになってきました。


当院が積極的に湿潤環境治療を行うようになったのは
開業当時からですから、もう20年以上.


毎日のように来院される、ケガややけどの患者さんに
湿潤環境治療で診療してきました。



しかしながら、慣れた私でも、
出血や浸出液のある生々しい状況で、
いきなり閉鎖型の湿潤環境はしません。

細菌感染の恐れが無くなってからでも
閉鎖型にするのは遅くないからで、

それまでは軟膏とシリコンガーゼなどを
使用します。入浴も許可します。

そしてとても綺麗に治ります。





キズパワーパッドは閉鎖型湿潤環境治療材を市販品にした
画期的な資材です。


私たちが何十年も前から医療現場で使っている湿潤環境パッドを
小さな市販品として普及させたものです。


ただ、キズパワーパッドのホームページにもあるように
使っていい疾患には制限があります。
せっかくいい製剤ですので、軽い疾患に短期間使うように
するといいかもしれません。

詳しくはキズパワーパッドのサイトをご覧ください。
https://www.band-aid.jp/kizupowerpad/use











写真は当院で行う湿潤環境治療に欠かせない
シリコン製のガーゼです。
表示の通り未滅菌なので、
処置サイズに切り、滅菌パックに入れて
高圧滅菌機で滅菌してから使用します。




IMG_3526.JPG






でも、傷の処置は専門用語で言うところの
「準清潔」と「シャワー洗浄」で
大丈夫です。



























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:47| 湿潤治療・ケガ、やけど

2019年07月06日

けがの多い1週間でした。








外傷ややけどの患者さんの多い1週間でした。



やけどは火の気の多い冬のものと思われがちですが
薄着になる季節には注意が必要で、
今週の患者さんの多くは
厚着をしていると防げる場所に発症しておられます。



夏だなあ、と思います。



57aaeadfcd8237f16139bfccb7adfd70_s.jpg






外傷は、外の場合は砂利などの混入を防ぐためにも
まずは外の水道蛇口の下で洗い流すことが望ましいです。


やけどは、保冷剤などで冷やしていただくのがいいのですが
水疱が大きい場合は破けないようにラップで覆ってから冷やすのも
良いでしょう。





お大事になさってください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:29| 湿潤治療・ケガ、やけど

2019年02月09日

低温やけど注意報 第2弾。




急な冷え込みで、初春の陽気に気持ちが緩んでいた私は
ついつい電気毛布の設定温度を強めてしまいます。



眠るときに暖をとるのに、最も肌を傷めないものはなんでしょうか。



室温そのものを上昇させるには

エアコン、暖炉、ストーブ、石油ヒーターなどでしょうが

関西の都市部では、規制や火災を配慮するとエアコンになるのではないでしょうか。




エアコンの欠点は電気代が高いことと、湿度が下がってしまうこと。
湿度の低下は乾燥肌を助長しますので、
乾燥肌で皮膚科で保湿治療をされている方なら、加湿器を併用するといいでしょう。







次に、布団を温める方法では
電気あんか、電気毛布、湯たんぽなどが考えられます。



電気毛布は、私も愛用者ですが、
大変心地いいのですが、かなり手足は乾燥します。
私の膝下は粉がふくくらいに乾燥していますふらふら

しかし山間部に住む私には、電気毛布なしでは冬を過ごせません。
患者さんには、保湿をしっかりと、とお伝えする私ですが
面倒で、カサカサなまま放置していて、夏になるのを待っている状況です雪








電気あんかは、都市部の、気密性の高いマンションなどでは
ちょうどいいかもしれません。
過度に乾燥することもありません。






湯たんぽは、電気消費がゼロでエコの時代もあって
昭和以来の大ブームだそうです。

しかし、湯たんぽのリバイバル以降、爆発的に低温やけどが増えました。
本来の湯たんぽの使い方は、寝る前の布団を温めること。
温まったら布団から取り出すのが正しい使い方です。




今朝も芦屋市内、冷え込んでおります。
そろそろ開院の時間。


雪はありませんが、お気をつけてお越しください。



image1.jpeg






















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:03| 湿潤治療・ケガ、やけど

2018年12月27日

低温やけど注意報






連日の夜間の冷え込みとエコブームで、
例年にない勢いで低温やけどが増えています。




IMG_1640.JPG






低温やけどは、最初は軽い水疱の様に見えますが
徐々に壊死が進行し、重症度を増す非常に危険な疾患です。





湯たんぽは寝る前には外し、余熱で寝るようにしてください。

低温やけどに気が付いたら、すぐに皮膚科を受診ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:57| 湿潤治療・ケガ、やけど
kakimotoclinicA4