2016年10月04日

運動会のケガ治療が増えるシーズンになりました。




キズパワーパッドなどのハイドロコロイド剤の市販化によって
一般の人たちの中にも湿潤治療の大切さは浸透してきたように感じます。



ただ、病状の深刻さ、傷の深さを考慮することなく
市販のパッドをネット情報通りに使用して、

手に負えなくなって駆け込んでくる人も、毎日おられます。



浸出液が多い場合は、市販のパッドはかえって悪化させる場合もあり、
まずは、外傷専門の医院での、チェックはしてもらうことを
お勧めします。


あまり置いておかないで、2〜3日うちには受診してください。


診察のご予約は
クリニック全景.jpg

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:10| 湿潤治療・ケガ、やけど

2016年09月02日

「きれいに治そう」手術後、ケガ、やけどをどんどん洗ってもらっています。



当院は皮膚外科の患者さんも開業以来取り扱っています。


皮膚外科手術、やけど、ケガ、などの治療症例数は豊富です。


ケガを湿潤環境に置く治療法は、
開業時の平成8年から始めているので、
その良い点も、欠点も、よく経験しています。


市販品のキズパワーパッドが発売される10年以上前から
医療機関向けのハイドロコロイド剤を使ってきました。


特によく効くのは、切り傷や靴擦れなどで、
手荒れの傷口にもよく使用しています。


しかし、ハイドロコロイド剤が全ての疾患を綺麗に治すわけでも
ないことを知っています。


また、多数の症例の経験上、洗ってはいけない、という指示には
違和感があります。

当院の患者さんは
縫合手術のその日から、創面をシャワーで洗ってもらっています。

やけどもケガも当日からシャワー浴可能ですし、
石鹸がついても大丈夫。

入浴後の消毒は必要なく、外用剤での湿潤環境ドレッシングで
問題ありません。

ただ、そうしてもいいように真皮縫合はかなり丁寧に
表の縫合糸が必要ないほどきれいに縫い合わせてはいます。


そのため、真夏の手術も患者さんは快適に過ごされています。
皮膚癌の手術もそうしています。


多くの症例数に裏付けされた、きれいに治す、洗える手術。


安心して、ご相談ください。




診察のご予約は
IMG_3169.JPG
「2016イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」ポスターです。

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:21| 湿潤治療・ケガ、やけど

2016年07月23日

私はこうしています。ヤケドの初期治療。




昨日、旬のトウモロコシをオーブンでこんがり焼いて
取り出そうとするときに

右手の指先をヤケドしました。


料理していてのヤケドは、私にとっては年に何度もあるアクシデント。


その場合の、初期治療は、皆様が思っているものと違うかもしれません。



とにかく、まず、ステロイドの外用剤を患部にたっぷり塗ります。
一番愛用しているのはアンテベート軟膏です。

ヤケドは、皮膚のタンパク質が熱によって変性される炎症なので
最強の抗炎症剤であるステロイド外用剤で、まずは初期の炎症を
素早く最小限に抑えることが目的です。

そして、冷凍してある保冷剤で冷やします。


1度熱傷なら、それだけで治ります。

少し深い2度熱傷の場合は、その後水疱になるので
そうなるとアンテベート軟膏はむしろ禁忌に近くなるので
使用をやめ、ふさわしいドレッシング材に変更します。



一般の皆さんが、そうするには見極めが難しいかもしれませんね。






さて、本日は土曜日。
午前中だけの診察です。

私、朝から開院前の当院待合室でポケモン1匹捕まえました。
待合室も広いようで患者さんも多くおられますから、
皆さんは、ちょっと我慢してくださいね。




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:27| 湿潤治療・ケガ、やけど

2016年07月07日

きれいに治すためには、湿潤治療の前に抗炎症治療。



湿潤環境においてきれいに治す。

ハイドロコロイド剤を使った治療は、私が大学勤務時代から
テーマとして行ってきたもので、
もう20年以上にわたって、1000例以上の患者さんを
治療してきたと思います。


消毒は必要最低限。しない場合もあり。

湿潤環境におくとなぜ傷の治りがいいかというと
空気に触れさせないことで、創部に酸素を供給するために
血管造成が急速に進むからです。


しかしながら、炎症の強いヤケドなどは、
いきなりハイドロコロイド剤ではなく
やはり抗炎症剤を使っての湿潤環境治療が大切です。

その方が、多数の経験上、治りが美しいと感じます。




一つの方法だけを遵守しないで、
その病変の変化に応じたドレッシング(治療)をすることが
大切ではないかなあ、と
日々、現場で思う、この頃です。



当院の「きれいに治す」に関する過去の記事も
ご覧ください。<ジャンプ








診察のご予約は
IMG_7793.JPG




医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:10| 湿潤治療・ケガ、やけど

2016年01月09日

「あなたの患部は洗ってください。」








当院で、お渡しするために作ったカード。カチンコ






image.jpeg






   あなたの患部は、必ず洗ってください。
    洗わないと不潔になり症状が悪化します。
    濡らしてはいけない、というのは古い医学で
    現在では洗浄して、消毒薬も使用しないというのが
    最も綺麗に治る方法です。
    清潔なシャワーで洗浄して下さい。石鹸も使ってください。







これをお渡しする病状の方は



演劇 ケガ
演劇 手術後(縫合した後)
演劇 やけど



などの方々で、当院で湿潤環境治療を行っている方々です。








手術直後や、やけどやケガで受診される時、
患者さんは痛みやショックで、医師の話すことがあまり頭に入りません。がく〜(落胆した顔)



後で自宅に帰った時に、
ガーゼと軟膏を見て、交換しないといけないことは思い出すのですが



洗ってくださいね。霧




という言葉は、記憶の中に薄れ・・・・・




それよりも
「傷を濡らしては化膿する」
という過去の知識が優先しがちです。爆弾






中にはわざわざ消毒薬を買って、患部を全く洗わずに消毒している人も
おられたりして・・・・・・たらーっ(汗)







次の受診時には分泌物と茶色の消毒薬が傷口にこびりついて
汚いことになっておいでです。ふらふら








当院では、例えば顔面の縫合手術をした人でも、
当日からシャンプーも洗顔も可能です。
患部もガーゼを外して洗っていただきます。いい気分(温泉)



その後に、指示通りに湿潤環境を作っていただき、
患部に最小限のガーゼを止めていれば、他の部位はしっかりメイクも可能です。目



1週間で抜糸しますので、ほぼ、ノンストレス。るんるん



それで、ほとんど傷の目立たない美しい仕上がりになるのですから
どうぞご安心ください。手(チョキ)






1月は手術は満席。2月以降は空きがありますので、お早めにご相談ください。いい気分(温泉)












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:50| 湿潤治療・ケガ、やけど

2015年12月15日

ズボンの裾、手首の湿疹は、衣類の擦れで苔癬化するので、ODT。






寒くなると雪
厚着をしますが、





時代とともに天然素材の洋服を探すのは難しくなってきましたね。ブティック








フリースが毛羽立っていたり、
ナイロン素材だったり。










乾燥肌の人の皮膚は干からびて反り返っている状態。
それが粉が吹いたような状態に見えるはずです。












E4BF9DE6B9BF2-thumbnail2.jpg














それが化学繊維の袖口やズボンの裾などで擦れると、
ちょうどナイロンタオルでこそぎ落とすような刺激を与えてしまします。











E4BF9DE6B9BF4-thumbnail2.jpg


















そうなると、湿疹へと悪化しますし、
悪化した湿疹は、さらなる摩擦で、どんどん悪化し、「苔癬化」という
分厚い皮膚の状況を生み出します。
湿疹が最悪に進行した形です。

















そこで、ODT。












image-9a3af-thumbnail2.jpg











軟膏をぬって、ガーゼと包帯などで被覆してしまうのです。










外からの摩擦を防ぎ、湿疹の治りを早めます。









小さいお子さんの大きめの上着、その袖口に湿疹ができたときは
外用剤をたっぷり塗ってガーゼと包帯で覆ってあげて下さい。







きっと、治りがよくなりますよ。










関連記事
2015年05月07日の記事
「たっぷりの保湿で痒みはかなり鎮まる。の巻。」もごらんください。<クリック












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:22| 湿潤治療・ケガ、やけど

2015年12月07日

低温やけどの季節到来。湯たんぽに注意。







低温やけどの患者さんが増える時期になりました。雪






もしあなたに、高温の油などがかかったらどうしますか?



その熱さに驚き、飛び退きますよね。








しかし、その段階で、しっかりと皮膚の深部まで熱が伝わっていると






EFBC92E5BAA6E6B2B9E3818CE3818BE3818BE3828B-thumbnail2.jpg









いわゆる 2度熱傷。


水疱ができて、痕も残りやすいので、当院では湿潤治療を
行うことでケアをします。


詳しくは 2015年04月24日の記事、『やけどでも湿潤治療。その2』をご覧ください。<クリック





しかし、もっと厄介なのは低温熱傷です。





じんわりと気持ちいいほどの温度で、長時間同じ場所に圧がかかると生じます。







最も多い原因が 「湯たんぽ」。











湯たんぽは、本来は、布団を温めたあとは取り出さなくてはならないそうです。








しかし、そのまま寝てしまったり。







特に睡眠剤や飲酒などで、ぐっすり眠ってしまっている場合に









熱が皮膚の深部まで時間をかけて伝達します。









低温熱傷柿本クリニック.jpg










当院にお越しになる段階では3度熱傷。










表面だけでない、やや硬めの水疱で来院されます。










長くかかる人で2ヶ月は要する、3度熱傷の治療。



治った痕も、まず、残ります。











寒い季節ですからご注意を。















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:23| 湿潤治療・ケガ、やけど

2015年10月09日

縫合手術後やケガの後、炎症の強い創部に近赤外線照射が有効です。





先日もお伝えしたように、ケガややけど、手術の跡の傷に、
近赤外線照射は大変有効です。





例えば、

1整形外科で大腿骨頭の人工関節手術をした後の傷が目立つ人


2交通事故などで顔面骨折をするほどの重症を負い、縫合創が目立つ人



3広い範囲の2〜3度熱傷で、炎症後色素沈着が目立つ人






4抜糸やガーゼ処置が終了して、
「もう後は、様子みてください」
という段階になったけども、どうしてもその跡が気になる人。





上記のような症状に、近赤外線照射は効果を発揮します。




近赤外線照射は、
5分の照射が保険で認められており(再診料を入れて350円)、
ご自身が一番つらい場所を重点的に照射することができるのも
好評の理由です。




1回の施術では治りません。
週に何度か、数週間の施術になります。







回数を経るごとに、



 引きつっていた手術創が滑らかになったり、かわいい


 炎症の赤みが引いたり、かわいい


 内出血班が速やかに消失したり。かわいい








近赤外線の抗炎症効果と、結合織の増殖効果のおかげだと思います。









上皮化からすぐに開始することが大切で、
何ヶ月も前の傷には、なかなか効果を発揮しにくくなります。

肥厚性瘢痕やケロイドまで進行してしまっては、
近赤外線だけでは、まず困難です。
ご相談はお早めに。


















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:31| 湿潤治療・ケガ、やけど

2015年08月25日

やけど、ケガ。湿潤治療のその後は・・・・・。








ケガややけどの湿潤環境治療をしていくと、
最後はカサブタが美しく脱落し、その後にはピンク色の新生皮膚が現れます。るんるん






カサブタ取れる写真.jpg









この後がどうなるかというと、





そのまま自然に肌色になじむ場合もあればるんるん








元々重症の深さのものでは、
炎症の色素沈着を長く引きずる場合もあります。ふらふら










当院では、この炎症を最後まできれいに引かせていく
治療も行っています。かわいいかわいいかわいい










その1 ビタミン C、トラネキサム酸、ハイチオールの内服

薬.jpg











その2 近赤外線の照射



スーパー.jpg












その3 外用剤



IMG_1525.jpg










これらの施術は、なかなかに効果的で、
私が驚くほどの結果が出ることもしばしばあります。
特に、近赤外線の照射は、患者さんの手応えも強いようです。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)





イラストは顔に照射していますが体にも照射可能です。ひらめき









ただ、初期治療が最も肝心ですので、
途中から私が関与する場合は、結果がでにくいことも
ありますから、ご了承ください。時計











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:30| 湿潤治療・ケガ、やけど

2015年07月27日

縫合すべき裂傷をどうするか。




ある程度の深さで、すっぱりと切れた傷の場合、
最も早く傷を治すには縫合が最適です。




zakkuri.jpg





縫合.jpg





しかし、稀に

「縫合は絶対にイヤ」

という患者さんや、

「縫合すると目的通りのスポーツができない」

という患者さんもおられます。





例えば、このミラノから来たケイ君。
日本でサッカーの親善試合があるので来日中。
試合前なのに、ひざ下にケガをしてしまいました。


裂傷1.jpg




ざっくり、ぱっくり開いた深い傷です。

裂傷2.jpg




本来なら、縫合してあげると、治りが早いのですが、


裂傷3.jpg



縫合後は、
傷が開かないように
2週間はサッカーはできません。



しかし、ケイ君は、ミラノからそのために来たのに、
それでは困ると言い、


縫合はしないで、湿潤治療で治すことにしました。



縫うよりは治りが遅いですし、
傷跡も大きくなります。




縫合した場合の傷跡がこんな感じなのに対し

裂傷6.jpg




縫わずに盛り上げた場合は瘢痕化しますから
こんな感じ。

裂傷4.jpg




しかしながら縫合しない場合、
処置を続けながら、その日からサッカーも可能です。
最悪、創部にボールが当たっても
多少治りは遅くなるくらいです。


もし、縫合した場合だと、
糸が切れて再縫合が必要になる場合もあるのです。





そういえば、プロのサッカー選手の足って、
そんな瘢痕がいっぱい。
歴戦の勲章のようなものかもしれません。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:42| 湿潤治療・ケガ、やけど