2022年10月21日

何度、紫外線照射で助けられたでしょうか




炎症の起きている現場を鎮めることができる紫外線照射機器「セラビーム」。

昔の電話機のような姿に、初めての患者さんも疑心暗鬼ですが

痒みを止める力と
炎症を鎮める力は本当に素晴らしく


私も手詰まりな時に、何度救われたかしれません。



以下の写真たちは、私の契約している有料画像の会社から
アトピー性皮膚炎の画像を購入したものです。
まさにこんな状況の時に紫外線が効く!と思われる症状の
写真を列挙します。




手の症状。
湿疹部分の皮膚は乾燥して厚みがあり亀裂も入っている。
時に出血や滲出液がある


スクリーンショット 2022-10-21 19.01.45.png











首の症状

皮膚が剥離し、赤く炎症があり、痒みのために掻破し出血している

スクリーンショット 2022-10-21 19.02.33.png





こんな症状の時に、まずステロイド外用剤を処方する前に
1度でもセラビームを照射してあげると治りが格段に良いのです。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 19:12| セラビーム紫外線治療

2022年07月12日

円形脱毛症の治療は保険適応の範囲が年々拡大しています。




スクリーンショット 2022-07-12 15.45.12.png



少し刺激的な画像でごめんなさい。
私が契約している画像販売サイトのもので、海外の患者さんの写真です。


円形脱毛症は、様々な原因で生じる疾患ですが、
やはりストレスは原因の大きな部分を占めています。

そのためか、コロナ禍では、当院ではそれ以前と比べると何倍もの
患者さんが来院されています。


近年は、保険でできる治療も拡大してきています。


まず、診断のために欠かせないダーマスコピー(拡大鏡検査)が保険適応になりました。


スクリーンショット 2022-07-12 15.43.42.png


全く生えていない毛穴がどの程度あるか、
生えかけた毛が、2週間後にはちゃんと伸びてきているか

目視よりも確実な経過観察ができます。





そして、紫外線療法も保険適応になりました。
当院では最も活躍している治療法です。

CBB98CE0-B360-4A83-B445-F5B34D681DA6.jpeg




どの疾患でも、どうすれば一番早く治るか、を考えるのですが、
円形脱毛は、円形脱毛症がある、というストレスが加わってしまって
治りを遅くすることがあるので
なるだけ早く治してさしあげたい疾患の一つです。


関連記事「円形脱毛症の治療法リスト」





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:01| セラビーム紫外線治療

2021年09月28日

その手荒れ、掌蹠膿疱症かも


掌蹠膿疱症は、現在でも原因に諸説ある疾患で、はっきり究明されていない疾患です。


手のひらや指先、足の裏に
小さな水疱や赤い点々が発症し、それらが弾けるように破れて、
お互いにつながるように広がっていきます。


よく水虫や手荒れに間違えられることがあります。


治療法は、
1)紫外線の照射
2)ステロイド外用
3)保湿剤外用
4)ビオチンの内服

などが効果的で、当院でも取扱の多い疾患です。


昔は本当に治りにくい手こずる疾患でしたが、ビオチン内服と紫外線照射が
登場してからは、治療成績も向上しました。

紫外線は、照射強度を徐々に上げながら数回の通院が必要です。
現在は掌蹠膿疱症への照射が保険診療可能になりましたのでご相談も増えています。



また、アトピー性皮膚炎の方の手荒れ症状にもこの紫外線照射は保険診療可能ですし、効果もあります。
外用療法だけで効果の薄い方にはよくお勧めしております。



260B2B2C-3511-434D-B97B-16D7E113086F.jpeg










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:24| セラビーム紫外線治療
kakimotoclinicA4