2023年10月17日

伝染するウイルス性のイボ(尋常性疣贅)の液体窒素の治療について




スクリーンショット 2023-10-17 18.08.02.png







液体窒素によるイボ治療の、経過についてお話しします。





ウイルスで感染するイボ、(尋常性疣贅)は
プールサイドで感染することが多いので
スイミングスクールに通学するお子さんの足の裏に
しばしば発症します。




スクリーンショット 2023-10-17 18.43.22.png







液体窒素で凍結する治療は、保険制度で認められたスタンダードな治療です。



綿棒につけた液体窒素で凍結します。




スクリーンショット 2023-10-17 18.44.44.png







凍結直後は真っ白に凍ります。




スクリーンショット 2023-10-19 11.26.13.png






すごく強く凍結すると、結果は早くでるのですが痛く、

痛くないように凍結すると結果は出にくくなります。


初回は、あまり強くしない方がいいのですが
イボ治療には数回の医院通院が必要なことを親御さんはご理解ください。
こども医療費助成 の対象医療です。







強く凍らせた場合
(それほど強くなくても体質的に強い反応をする人もいます)





スクリーンショット 2023-10-19 11.49.06.png




凍結やけどをさせる治療なので、大きな反応のあった人は
こんな血ぶくれができることがあります。




スクリーンショット 2023-10-19 11.49.12.png





こうなってかなり痛い時は早めに医院に連絡してください。





よく観察すると



スクリーンショット 2023-10-19 11.52.29.png





数週間でカサブタとなってイボごと取れます。



スクリーンショット 2023-10-19 11.53.03.png







反応の出にくい方や、弱めに凍結した人は
なんの反応もないので
再度凍結治療が必要です。





スクリーンショット 2023-10-19 11.54.15.png







最初の頃は、本人も親御さんも、どうなっているのか
なかなか治療経過がわかりづらいでの



なんでもお聞きください。
お電話での問い合わせも大丈夫ですよ。





















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:39| 液体窒素によるいぼ治療

2022年09月13日

視界を遮る瞼のいぼを取るのはは保険診療です。受診1回でも可能です。



瞼に多発して、視界を遮るイボ。


瞼のいぼ1.png




当院では保険適応治療の液体窒素を使った凍結術でお取りしています。





液体窒素で凍結させたピンセットでイボをつまみます。

瞼のいぼ2.png








数秒で真っ白に凍ります。

瞼のいぼ3.png







ドライアイスに触れたようにひりっとしますが、激痛ではありません







たくさん一度に凍らせる希望の方もおられます。


瞼のいぼ4.png






数日から2週間以内に黒くなって炭化してポロッと取れます。


瞼のいぼ5.png








ご多忙の方、遠距離の方も、一度の施術で取ることができます。
大きいものは深部まで凍りきれないので、取れ残りがあれば、何ヶ月先でも時間のある時に来てください。
再度凍結して、除去していきます。





慣れた患者さんは
「年取ると増えるよね、また出たわ」と来院されます。

ぜひ、ご相談ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:52| 液体窒素によるいぼ治療

2021年03月08日

イボ治療の液体窒素のご相談が、春になると増えます。



液体窒素は、皮膚科の保健治療に心強い医療素材です。


専門の業者さんから定期的に運搬していただき、院内のタンクに保存して
少しづつ治療に使います。




尋常性疣贅などのウイルス性のイボの治療にも使いますが


首のイボや

1112560B-742C-43DF-AA43-74762B5CA438.png


関連記事「簡単!保険診療!首のイボは自己流でなく皮膚科へ。」



場合によっては顔などの良性腫瘍の除去にも使います。


スクリーンショット 2021-03-08 15.47.58.png


国の決めた保険点数で処置を行なっています。治療可能なものかどうかは
診察になりますので、一度ご相談にお越しください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:28| 液体窒素によるいぼ治療

2018年09月21日

イボ取りにも麻酔テープ。




首や顔のイボを取る液体窒素治療ですが


首のイボ





詳しい施術の流れは以下の記事をぜひお読みください。
関連記事「液体窒素の首のイボ治療の流れ」





「痛いですか?」と聞かれることが多いです。


我慢できる痛みですが、「痛くないです」とも言い難い微妙なところでふらふら


そのため
最近は施術前に麻酔のテープを貼ってきてもらっています。





ペンレスというシール式麻酔です。




IMG_0937.gif




台紙を剥がして肌に貼ります。



IMG_0941.gif




1〜2時間貼ったところで施術します。





とても好評ですよ。

















診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:33| 液体窒素によるいぼ治療

2018年02月09日

液体窒素の首のイボ治療の流れ






首のイボも、タグのように飛び出してくると
衣類に引っかかったり、痒かったりで邪魔になります。



保険で液体窒素での除去ができ、安価で簡単な処置なので
当院でも毎日のように行っている、そしてリピーターの多い
治療です。



方法ですが、こんなイボを取りたい時。




首イボ.gif






液体窒素に滅菌済みのピンセットを浸し

IMG_3043-thumbnail2.jpg






飛び出したいぼを摘みます。


首にいぼ





カチカチに真っ白に凍りついたら処置は終了。
1分もかからない処置です。



ekitaitissoibo2.gif







しかし、すぐに取れるのではなくて、
2週間ほどで真っ黒になって脱落します。

液体窒素イボ.gif






その間、少し目立つので、絆創膏を貼ってもいいのですが、
この冬の季節を利用してハイネックのお洋服で隠すことも
私がお勧めしている手段です。




khainekku.gif






この寒さを利用して、長年のイボを取るのはいかがでしょうか。




診察のご予約は


医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:43| 液体窒素によるいぼ治療

2017年01月23日

首のいぼは増えますがとれます。



首筋にできるいぼ。


伝染性のものの場合もありますが、多くは老化の一症状。

ぷつっと手に触れるくらいのサイズのものが、
年月が経つとまるでタグのように伸びてゆきます。


IMG_0673.jpg




保険診療の液体窒素治療で除去しています。

2週間ほどで脱落し、その跡もしばらくは赤いですが、
しばらく経つと消えるので


患者さんの満足度も大変高い治療です。

特にあらかじめの予約は必要なく、診療初日に施術が可能で
数分で終わります。

施術の時はチリチリしますが、
その後、痛みを訴える患者さんもおられません。


ほぼ毎日、開業以来、行っている
当院でもご相談の大変多い治療です。






診察のご予約は
医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:33| 液体窒素によるいぼ治療

2016年06月24日

夏が来ると気になる首のイボの治療方法。




首筋のイボの除去の相談が、夏は増えます。




液体窒素を使った治療は
・麻酔注射が入らない(痛みが少ない)
・出血しない
・保険でできる
・CO2レーザーと同等か、より跡が残りにくい

というメリットがあるので、好評で
開業以来、千人以上の患者さんを治療してきました。


使用する液体窒素は、使いまわしをせず、必ず使い捨てです。

IMG_3043.jpg


ピンセットの先をつけて凍結させ

IMG_3044.jpg


イボをつまみます。

IMG_3012.jpg


直後はこのように赤くなります。

首の液体窒素後の腫れ.jpg



黒く炭化して脱落するのに10日前後かかりますが、
メリットの方が上回るので、
多くの方が、この方法の継続をお望みになります。












診察のご予約は
1503FPK_0082.jpg


医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:58| 液体窒素によるいぼ治療

2015年09月12日

液体窒素治療の治療に使う道具は全てディスポーザブル(1回使用)です。







液体窒素の治療は、当院でも毎日取り扱いの多いもののひとつです。










液体窒素は−196 ℃。
そのため、特殊なタンクに保存せねばならず、
専門の業者さんから定期的に納入していただきます。







使用する分と気化して蒸散してしまう分とで
結構減りは早いんですよ。









使用する時は、
そのタンクから、このような紙コップに入れて
患者さんの近くに運びます。








image.jpg








紙コップの中でも、液体窒素の気化は続いているので
まるで天ぷらを揚げているようなピチピチ音が響きます。





初めての患者さんは、油で揚げられるのではないかと
おっかなびっくりですが、

そうではありません。


凍結するのです。








これが、液体窒素に浸した綿棒です。






image.jpg




シュワシュワ煙が上がっています。










この紙コップも、綿棒も、1回使用。
ご家族で来られた患者さんにも使い回しはしません。











なぜなら、イボのウイルスは、液体窒素の低温の中でも生きるからです。







患部に触った綿棒から、次の患者さんにうつしてしまうことを防ぐためです。
















もちろん、残った液体窒素をタンクに戻したりはしません。










保険診療で、全国一律の点数しか頂戴できませんので
経費面での負担は医院にかかりますが、

これだけは開業時から気をつけている点です。
















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:19| 液体窒素によるいぼ治療
kakimotoclinicA4