2022年12月08日

兵庫県医師会のリモート会議でした。





午前と午後の診療の間に、兵庫県医師会の会議がZOOMであり、
芦屋市医師会から私が参加しました。



4A595606-C2AB-46BC-85F1-873DCF9183FC.jpeg



とても大切な議案でしたので、今からレポートにまとめて芦屋市医師会に提出です。

コロナ禍でリモートのお仕事の増えた皆さん。
便利ですが、孤独ですよね。


「今日、会議あったんだよ」 って誰かに知って欲しくて
ここに書いてしまいましたクリスマス













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:50| 医療以外のつぶやき

2022年12月03日

酒井澄夫先生から






宝塚歌劇団の酒井澄夫先生から素敵なシクラメンをお送りいただきました。



IMG_0899.jpg



先生、いつも本当にありがとうございます。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:33| 医療以外のつぶやき

2022年12月02日

!!!!



216B8FA8-F624-47B7-9862-826E46322D2E.jpeg
眠くないです!






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:07| 医療以外のつぶやき

2022年12月01日

三輪途道さんのこと その5(その後)



当院の年若い患者さん達は、色んな情報に敏感に反応されます。
時に当院に飾られた絵に興味を持つ人もいて、すごく嬉しく思います。





去年、熱く語ってしまった三輪途道(みわみちよ)先生
その後の大活躍について触れさせてください。




関連記事
三輪途道さんのこと その1 天才女学生、東大寺を動かす。

三輪途道さんのこと その2 盧舎那仏に選ばれし者
三輪途道さんのこと その3 肖像彫刻を極める
三輪途道さんのこと その4 愛に包まれる人





先生は、具象彫刻家であり、空想彫刻家でもあり

例えばこんな作品を彫るような、技量の高い作家として活躍されてきました。


スクリーンショット 2022-12-01 18.02.10.png

スクリーンショット 2022-12-01 18.28.10.png










数年前、眼科医師から「失明」、と宣告された先生のその後は、

「この後の制作活動はどうなってしまうのだろう」という周囲の心配の斜め上を行く
パワー全開の大活躍で、







1)彫刻刀は無理になったので見えなくても作れる脱乾漆技法に切り替えて作品を生み出している








2)反響が大きく「一般社団法人メノキ」を立ち上げる





3)「みえなくなったちょうこくか」出版

スクリーンショット 2022-12-01 9.31.24.png
谷川俊太郎先生に推薦の言葉をもらっちゃったりして






4)作る時に作品の大きさを把握できないので、ビー玉を埋め込んでその個数で大きさを把握する技術を開発。
  飛躍的に作品のグレードが上昇中。




スクリーンショット 2022-12-01 11.10.07.png









5)見えない人に対する社会のサポート機構をどんどん知っていき、
 一人で群馬から東京まで外出できるようになり交際が飛躍的に拡大中で個展も開催。


スクリーンショット 2022-12-01 17.48.05.png







6)講演会、対談を次々と重ねるうちに面白トークの話術にさらに磨きがかかり、
  伊藤亜紗教授をして「三輪さんの話ってどうしてそんなに面白いんですか」との評価




「見るって何?」 伊藤亜紗(美学者)と三輪途道による対談 2022年10月29日















7)ABEMAニュース【公式】(千原ジュニア進行)で取り上げられて、話題となる




【独創的】全盲の彫刻家の触れるアート「目がない作品」に込めた意味








7)「私はまだまだやりますよ!もっといいものを作ります」と宣言。


 


以上のように、
東大寺に乗り込んで重源さんを彫り始めてしまった勢いがそのままの
先生の楽しそうなお姿を見てしまうと

先生を心配したりするのは、失礼だと思い知らされている私で

それって、私の医療のあり方にも影響があって・・・・・・・。




まだまだ目の離せない三輪途道先生の進化に、期待をせずにおられないのです。

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:50| 医療以外のつぶやき

2022年11月30日

 !!!





    サッカーサッカーサッカー
    むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)





C2B45068-E483-4AD5-A79E-B9CC291F28D1.jpeg





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:33| 医療以外のつぶやき

2022年11月13日

「上田由紀子 日本画展」。




当院の、このバラのマーク。


AE4BC418-7D48-4B94-A19F-956E0A381F5B.png




ご承知の方も多いと思いますが、日本画家の上田由紀子先生に依頼して
描いて頂いた当院のオリジナル商標です。





その上田由紀子先生の個展が淀屋橋で開催されているので行って参りました。






6D324D94-7C0F-419C-B442-DFAB0AB7D21E.jpeg

上田由紀子 日本画展
美工画廊








先生の愛するモチーフは、まず花。

モデルとなる花は長年先生がウォッチしているもの。
見頃の時期が大体わかっていて、その頃に訪れるそうです。






これはサザンカ。



B2950A16-8636-44D2-9A95-6C9E576B45A5.jpeg6F926710-C552-4081-A9C5-D2903C70EAF0.jpeg



一重の可憐なサザンカはとても珍しく、そして紅白の2種の株があるそうです。





少し写る人物のお背中で作品の大きさが分かると思います。




1B7CBEA3-7661-4E12-A11B-13CB2E074912.jpeg






和紙に水干絵具を重ね、その上に岩絵具を粒子が細かい順番から重ねていく。
日本画の魅力の一つは、その粒子の粒1つ1つが光の下で輝いていること。



原料となる岩絵具の多くは鉱物ですから、
まるで地球が長い年月をかけて生み出した宝石で描いているように思え、
そんな壮大な背景を感じさせるのが日本画の魅力、と私はいつも思っています。














これは椿。
このモデルさんもとびきりの美人ですね。



9E50EB09-FEA3-4A66-816A-285A199122D2.jpeg



今を盛りに。






D9D5C29E-D0ED-40CA-9C9D-C0AD30FE8383.jpeg













実は私、上田先生にお軸をお願いしていて
それも今回展示くださいました。




それはどうぞ現地でご覧ください。
ちょうど床の間に似たようなスペースにかけて頂き、晴れをしました。
お花です。










次の「由紀子先生の愛するモチーフその2」に行く前に、
先生のプロフィール。






53F4A290-4B8A-457A-B912-9DD3BA7B9F86.jpeg













そして会場となった美工画廊さん。





15F26E48-D2DD-4511-AD02-211C348E8639.jpeg







奥から覗いてくださっているのが、由紀子先生。
そして左におられるは、美術を生業とする方々なら、その名を知らぬものはいないのでは。。。。。

由紀子先生のご主人の中田様です。
わかってる人はわかりますね。











画廊のウインドウにも作品展示あります。



CAE186FF-8A17-4536-88C7-36F5B03C6650.jpeg



関西以外の方はご存じないでしょうが、
この界隈は、桃山時代ごろからつい最近まで日本の経済を動かしてきた場所。
メガバンクの本店も有れば、まだまだ古い蔵屋敷が残っていたりする
時空を超えた地区なのです。


また近くには蘭学者緒方洪庵の開いた適塾跡や日本の大手製薬会社の集合地である道修町もあります。










はい、それでは作品の続きです。









由紀子先生の愛する第2のモチーフは、「玩具」。
それも古い古い、朽ちかけたような風情の玩具です。








F4598DD0-3D76-4BDD-9717-CBA46F2CCEA5.jpeg












伏見人形

F9040C47-20E2-4AA5-B14D-20845255CA2F.jpeg






木製の小鳥


2515D309-4888-4B7B-AB41-92F10CC26E17.jpeg











また別の木製の小鳥と、ミミズク。






154B273D-0C3D-4100-B5F0-911C40E863E3.jpeg

6254CC85-5E07-44F7-823B-CFBF12C4C7E1.jpeg






美工画廊さんの調度品とピッタリと合いますね。







9DD8C25D-3EAC-438B-867E-01ED8CB3411A.jpeg










大切な宝物を愛でるように一層一層岩絵具を重ねて描き上げていく由紀子先生の
丁寧な指先から生まれた珠玉の作品群です。




私のiPhoneでは、本当の作品の色や輝きをとらえられていません!残念!
是非、現地でご高覧ください。





2022/11/12〜11/20
午前10時から午後5時
会期中無休です。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 22:12| 医療以外のつぶやき

2022年11月08日

兵庫県いけばな展in大丸神戸店 のご案内



私はいけばなを習うこともせず、
畑で育てた花を投げ入れるだけで、「鮮度だけ@」みたいな
工夫のない花をご披露しています。患者さんにもご容赦いただいております。





4A11455B-B777-41F9-A72C-3BDEF57CA1B2.jpeg


今朝の庭から
ススキ、フジバカマ、ホトトギス、そしてツワブキも開花が始まりました。





秋薔薇も開花してきました。




EE3C4A3B-0C7D-41AC-913C-F6C8FE350538.jpeg






そんな不調法な私が恥ずかしいのですが、
兵庫県内でご活躍のお家元や華道家の皆様の発表の場である

「兵庫県いけばな展in大丸神戸店」のチケットを頂戴しました。






C79F938A-DFBA-4C87-9EF6-022239D79C26.jpeg







ここにありますので、ぜひ皆様、ご鑑賞くださいませ。




A3A1DB00-9ABC-43EE-B9D2-06CF85C97228.jpeg







インフォメーション
ふれあい文化の祭典
兵庫県いけばな展
会期 2022年11月17日(木)→22日(火)
前期 11月17日(木)→19日(土)
後期 11月20日(日)→22日(火)
※状況により営業日や時間、イベント内容等に変更が発生する場合がございます。予めご了承ください。
会場 9階大丸ミュージアム〈神戸〉
入場時間 10時→18時30分(19時閉場)
19日(土)は17時まで(17時30分閉場)
22日(火)は16時30分まで(17時閉場)
入場料<税込> 一般・大学生700円









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:27| 医療以外のつぶやき

2022年10月31日

収穫と来年へ向けての肥料と。





20年ほど前にホームセンターで買ったスダチの苗は、
5個くらいの実をつけた、高さ4〜50センチほどの痩せた苗でしたが


今では巨木化し、冬に肥料をたんとあげるとこんなにも実を付けてくれます。



8EB298E9-E8E3-4CE9-AC48-6C969A8571BB.jpeg




真夏の青いスダチも美味しいのですが、黄色く熟してきたスダチで
ジャムやコンポートを作ろうと思います。




D7A34A42-5162-42A4-B663-40AE7044E13C.jpeg






昨日は本当にいい畑仕事日和で、一日中畑仕事をしました。



椿は数えると全部で9種類。次々春まで花をつけてくれるのでありがたいです。





毎年春の楽しみの牡丹も、今が一番大事な時期で、下草をとって肥料を与えます。

これは今年5月の写真。

ボタン.jpg


神戸出身の陶芸家、橋本誠先生の花入に映えました。
来年も咲いてくれますように、と畑仕事に力が入ります。





みなさんはどんな夢をお持ちですか?

体が自由に動くのは後何年だろう、と考えて、
その持てる体力をどこに使ったら楽しいだろう、と20年計画
30年計画。楽しいこと、いつも探しています。

次の楽しみのために、椿に手をかけてあげるように。
























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:43| 医療以外のつぶやき

2022年10月24日

芦屋市地域福祉推進協議会に参席しました。




7773D9C0-E227-4FA5-9F47-ED8B0B227410.jpeg



芦屋市市庁舎で行われた芦屋市地域福祉推進協議会に参席しました。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:20| 医療以外のつぶやき

カキの実、重量感出てきました。



5月初旬に受粉していた柿の花



E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388202022-05-122015.56.30-thumbnail2.png








次が6月15日の写真です。

IMG_9747-thumbnail2.jpg






この時には青い小さな実が膨らみ始めています。
直径は15mmくらいです。
帽子のように見える緑の葉のようなものが、皆さんがよく見る柿の蔕(へた)になります。









そして今朝、10/24。

1BACFE9C-C51A-422F-8098-5F64BC23A7F1.jpeg







重量感が出てきて、枝から垂れるように下がっています。
これから2ヶ月くらいすると熟してきて、小鳥さんたちの美味しい餌になります。


メジロ、エナガ、ウグイス、ヒヨの皆様
待っててね。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:37| 医療以外のつぶやき
kakimotoclinicA4