2017年09月25日

ニキビ治療の、効果を強めるタイミング。




様々な生活習慣や、間違ったお手入れで傷ついた肌。
にきびの原因がそこにあることも
診察室で多く遭遇します。






関連記事「もう一度見直そう、ニキビのスキンケア。」





お手入れの間違いを正し、調子が整って来たら、
次の段階の外用剤に切り替えた方がいい場合もあります。




それまでは。最初の処方の薬をできるだけたっぷり外用してほしいのです。


たっぷり外用して数ヶ月で肌質を保湿できる環境に変えて行くこと。

それがニキビ治療のスタートラインです。


ただ、万が一、肌に合わない場合もあるので、
初診時は1本ずつしか処方しないことも多く、
最初の2〜4週間でそれを使い切った時点で受診してもらい

薬との相性が問題なければ多めに処方するようにしています。


それなので



最初の少量の薬を数ヶ月前に使い切って
その後何も外用せずにいて
「やっぱり治らない」と受診されると、ちょっと残念に思います。

今日までのこの時間にもっと直せる情報提供があったのに、と。




せっかくの治療チャンス、私たちスタッフと共に頑張っていきましょう。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:28| にきび治療

2017年08月21日

「ニキビ跡を消したい」は「新しいニキビを作らない」ことからスタートします。




本当によく
「ニキビ跡を治したい」


という患者さんが当院に来院されます。




そこで、一つのニキビを時間を追って見て行きましょう。






その1 ニキビのピーク時




膿をもった大きなニキビ


ニキビ跡1.jpg



気が滅入りますね。




その2 膿が出て真っ赤な腫れ







ニキビ跡2.jpg




痛い時期は過ぎましたが、赤くてジクジクして目立ちます。







その3 炎症は鎮まって来ましたが、まだ赤い








ニキビ跡3.jpg




お化粧で隠すことができますが、素顔では目立ちます。









その4 ほぼ肌の色に近づいて来ました。






ニキビ跡4.jpg









この流れのように、単独1個のニキビは何も治療をしなくても、このような経過で消えていきます。





ニキビ跡の消え方新.gif





ここまで、約50日はかかります。
しかし、「ニキビ跡は消えない」というのは誤りで

「単独1個あたりのニキビ跡はちゃんと消えていく」のを
覚えておいてください。








しかし、しかしです!






その治りかけたニキビの横に新しいニキビができてしまっら!



ニキビ跡0.jpg




その新しいニキビ跡が消えるためにはまた50日くらいかかりますし、




さらにその間に他にニキビができてしまったら・・・・・・・・・。





ご本人は、

「ずっと何年もニキビ跡が消えてない」と


思っていても仕方がないですね。








ですが実は


「ニキビ跡を治したい」というのは正確には誤りで

「新しいニキビをできないようにする」ことが大切です。




そうすれば、今あるニキビは全て消えていってくれます。







それを間違えないようにして欲しいのです。
なぜなら、「美白治療」こそ必要だと思い違いをしている患者さんが多いからです。
それはニキビ治療にはならないので、新しいニキビは
またできてしまいます。




ニキビ治療の記事はこちら<クリック>








診察のご予約は


医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:02| にきび治療

2017年06月30日

「ニキビ肌は硬い肌」への理解。




昨今の当院のニキビ診療は、
「簡潔な説明と目標設定」
を旨としています。




その1   どうして、次々ニキビができているかの説明


その2   解決方法と目標設定




色々な情報を盛り込みすぎず、初診ではそのことだけをお話ししています。





次の再診の時

肌コントロールのすごく上手にできるようになった人は、そのまま励まして


うまくいっていない人には、もう少し踏み込んで原因の説明を



そうして、完治までの扉を1つずつ、クリアしてもらっています。










皆さんは
診察室の話だけではわかりにくかったことを
このサイトでの情報で確認してくださっているようです。





ニキビ治療の情報はこちらをご覧ください。
 http://dr-kakimoto.com/category/4178336-1.html









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:18| にきび治療

2017年06月06日

スポーツとニキビ



ニキビの原因の一つに、皮脂の過剰分泌という側面もあるでしょう。


皮脂は正常な人の機能として分泌されるべきもので
皮脂の分泌を強めるものには「テストステロン」や「アドレナリン」が
あります。


テストステロンは男性ホルモンの一種ですが、女性でも副腎などで作られています。
思春期〜青年期に特に多く分泌されます。
アドレナリンは、神経伝達物質の一つで緊張状態や戦闘態勢時に分泌されます。


それらを合わせると

若いスポーツ選手、それも決死の試合に立ち向かっていくクラスの選手は
皮脂の分泌が強くなる、ということになります。




しかしながら、分泌が強まっても、出口でつまらなければニキビにはなりにくいのです。




当院には、スポーツをしている学生さんのニキビのご相談が多いのですが
いつも、そんなお話をし、

目詰まりを起こさせない肌作りをお伝えしています。



洗顔をし過ぎてもいけません。
ドライにカサカサに乾かしすぎるのも肌が硬くなり詰まりやすくなります。




優しい洗顔と保湿を心がけてもらうと、
テラテラだったおでこもしっとり落ち着きます。


それでも目詰まりが多いならばスーパーライザーや
面疱圧出で対応します。



IMG_3500.JPG







皮膚管理が上手になってきたら、ディフェリンなどの角質除去剤を
使うこともあります。
(いきなり使うとかぶれやすいことがあります)






わたくし事ですが、
今週はサッカー日本代表のW杯予選の試合があり、
Jリーグ大好きな私も、この時は日本代表を応援します。

ニキビができるほど、アドレナリンを出して命がけで頑張る選手が
たくさん出場しています。

でも、「気の毒に」なんて、思いません。
それができる環境を勝ち取った選手たちを、心から尊敬するからです。







wp_1280.jpg
(久保選手はニキビなし肌ですね)




診察のご予約は


医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:59| にきび治療

2017年05月08日

スーパーライザーのご紹介



当院が、スーパーライザー治療を取り入れてから
もう20年近くになると思います。

スーパーライザーは組織の深部へと到達することができる
波長帯の近赤外線をスポット的に照射する医療機です。



当院では2台のスーパーライザーが
各々個室で照射できます。



IMG_3499.JPG







スーパーライザーでの様々な治療効果の報告を見ていると

抗炎症効果・・・アトピー性皮膚炎やニキビに有効
血行促進効果・・円形脱毛や乾燥肌に有効

については、多くの成功例が報告されています。





当院では、ニキビの方に、特におすすめしています。


ニキビになぜ効くのかを私なりに治療例から推察すると


硬くなった肌を柔らかくして、コメドの目詰まりを起こしにくくすること


そして、治った後の炎症(赤み)を消退させてくれること


などが考えられます。








先端部のラッパのような形状の部分から暖かい光線が発せられます。


IMG_3501.JPG






それを、ご自身で患部に照射していくのです。






IMG_3500.JPG







5分間の照射で保険点数は45点ですから
0割負担の方は無料ですし
3割負担で135円(初診・再診料は別途)です。







20年前、全国でも先駆けて開始したこのニキビの保険治療は
とても斬新でしたから
当時、たくさんの女性誌が当院に取材に来られました。


しかし、今では全国的にスタンダードな治療となっています。
そして、今でも、治療効果のあるニキビ治療の医療機器だと思います。
当院でも、大活躍の医療機器です。





ただし、効果はゆっくりですから、
結婚式や就職などを控えた、お急ぎの事情のある場合は
スターラックスの照射をおすすめすることがあります。
素早い速度で肌を柔軟にし、炎症を弾かせる効果が出ますが
歯科に於けるインプラント治療と同じく、
国の認可の下りた医療機ですが
保険点数が未収載の、保険外治療です。






色々、症状や原因、そしてご希望、ご要望に合った治療を選択
していくのが、一番大切だと思います。











診察のご予約は
1503FPK_0048.jpg
医院日本庭園

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:44| にきび治療

2017年04月10日

入学式を前にお手伝いしたこと。





毎年のことですが、


入学式までにニキビを治したい、という学生さんが春には増えます。


やっと入試が終了し、入学式までの数週間で、
できるだけ良いコンディションにして

新しい生活を迎えたい。



そう思う気持ちを、毎年、私たちスタッフも強く応援しています。





膿むニキビが多い人の場合は、


スーパーライザーを照射して面疱圧出を行います。



急ぐ場合は、週に何度も行います。






スーパーライザーは、
近赤外線を肌の深部まで伝え、
炎症を抑える効果や、肌の弾力を増し、表層の硬さをほぐす効果があります。



面疱圧出は、皮下に貯留している皮脂の貯留を外に出すことで
大きな膿むニキビになることを未然に防ぐことができます。





開業以来、多くの学生さんが、この2つの保険診療で
ニキビを克服してきました。



みんな、立派な高校生や大学生になって、

その中の何人かは社会人になってからも
実家に帰るように当院に立ち寄ってくれます。



彼ら、彼女たちの人生の中で、
少しのお手伝いができてきたのかなあ、と感じます。




今日、晴れの入学式を迎える皆様、
心よりお慶びを申し上げます。

「入学おめでとう!」かわいい









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:09| にきび治療

2017年03月17日

もう一度見直そう、ニキビのスキンケア。




ニキビの相談に来られた患者さんの、
私が何を一番に見るかというと、地肌の赤さです。






みずみずしい白い肌に1~2個できているニキビならば




acne-1606765_1920.jpg





あまり深刻ではありません。
治療期間も短くすみます。






しかしながら、ニキビの数は1〜2個でも、
地肌が真っ赤な人の場合
(よく観察すると、首は白いのに)




acne2.jpg






ああ、時間がかかるなあ、と感じます。







首にはしない、何らかの悪条件が顔にかかっている可能性が高いのです。











そんな人の肌をダーマスコピーで調べると


首は


surikire2-thumbnail2.jpg   surikire1-thumbnail2.jpg




皮溝(ひこう)という溝がくっきり刻まれた水分量十分な美肌。






顔は

surikire4-thumbnail2.jpg  surikire3-thumbnail2.jpg




皮溝は削り取られ、擦り切れて浸出液も出ている状態。










よく例え話をするのですが、



買ったばっかりのタイヤは溝がはっきり刻み込まれていますが



winter-tires-1011442_640-thumbnail2.jpg




ずっと走っているとタイヤが擦り切れて、溝が見えなくなります。




tire-416189_640-thumbnail2.jpg






ニキビの人で、地肌が赤い人の多くが、




acne2.jpg





何らかの理由で顔の皮膚を擦り切らせていることを、
診察室でよく見かけます。







この状況では、バリア機能はなくなっていますから感染性も高くなり、
ニキビは発症しやすくなるのも当然です。









では、なぜここまで人の肌は擦り切れるのでしょうか。








原因として考えられるのは

・過剰なケミカルピーリング
・角質をはがす成分(AHAなど)の含有された洗浄剤の連続使用
・ブラシでの洗顔
・手先での強力なマッサージ
・すすぎを100回くらいする
・使用する洗顔や化粧品のかぶれ



これらの合併もよく見かけます。




こじれた、生活習慣の間違いを直し、
元々の肌質である白い首の肌にまで持って行くこと




そこから、当院のニキビ治療はスタートします。







診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所 : 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場 8 台あります。 お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。 https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:14| にきび治療

2017年03月07日

ニキビを治す順番。




ニキビを治すにも段階を踏みます。




その1  ニキビを止める


   次々、でき続けるニキビがある限り、赤いニキビ跡も次々できます。
   まずは、新しくでき続けているニキビを止めることが一番大切です。



その2  ニキビが出ない肌をキープする


   そもそも、ニキビができ続けていた原因があったはずです。
   生活習慣だったり、食生活、スキンケアの間違いだったり。
   それらを改善してニキビが止まったのならば
   その生活を続けていくことが大切です。



その3  ニキビ跡の赤みを消す


   新しいニキビができなくなるだけで毎日、肌は白くなります。
   そこにビタミン剤や炎症を抑える外用剤を使用して、さらに白さを出します。






この3ステップが、順調に進むと、

「え?昔はニキビ肌だったの?」

と信じてもらえないような肌になることも可能です。







中学生以上の学生さんが、保険診療で上記を治療しています。
ニキビは国が保険診療を認めた疾患です。
治療金額も国で定められた全国共通価格の保険点数です。
もちろん医療費助成制度も活用できます。



放置せず、治療にお越しください。






診察のご予約 は
医療法人社団 双樹会
皮膚科  芦屋 柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025   兵庫県芦屋市浜町3−7
電話:0797340400
無料駐車場8台あります。 お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。 https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:46| にきび治療

2016年11月08日

ニキビは削らずに押し出して。



当院でニキビの治療を行う際に、最も気をつけていただきたいのは
自宅でのケアです。


ダメージを与えない洗顔方法はご指導していまして
その改善が早い方は治りも早いように感じます。


そして、できてしまったニキビは、潰さずに当院で面疱圧出することを
おすすめしています。
跡を残さず、綺麗に治るからです。


しかしながら、
それが待てずに自宅でブチブチ潰してしまっている患者さんも
多いのが実情です。


ニキビを潰した跡は、本当に長い間残り、
新しいニキビができなくなった後も、紫のシミが長期間残ります。


それを防ぐには、
ニキビを削り取らずに、両側から押し出すように膿を出す方法がおすすめです。




ニキビの両側を両手の人差し指や親指を使って押し
先端の毛穴部分から、プシュッと膿が出るように絞り出す方法です。


全体を削り取るよりは、はるかに跡が綺麗です。

関連記事 「古典的な治療ですが、やはり圧出は有効です。」


万が一、潰してしまって、できてしまった紫の跡は、
時間はかかりますが辛抱つよい治療で直すことができます。
しかし、できれば、そうならないように努めてもらうといいですね。





今朝の日本庭園。

IMG_3236.jpg

霜月に入り柄杓を新しくしました。茶道では炉開きの季節です。





診察のご予約は
医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:36| にきび治療

2016年09月06日

ニキビの治療は学校か帰りに。



ニキビの治療効果が一番出やすいのは中学生。


20代、30代になると
お化粧や、洗顔、エステなどで、
医学用語で「装飾が加わる」というのですが

本体のニキビそのものの上に、化粧かぶれや過度のお手入れで
治すにの相当時間がかかるほどの悪化をしてしまう例が増えてきます。



(当院の治療は、決してメイク禁止ではありません。
 ニキビを治しやすいメイクや洗顔をお勧めしています。)



しかし、中学生や高校生の患者さんの場合、
同行するお母様が

「ニキビなんて、病気じゃないし、放置していいですよね」
「治療なんていらないですよね」


と、おっしゃる例も多く、



皮膚科医としては、残念に思います。



20代まで放置してしまって何ヶ月もかかる程悪化させる前に
学校帰りに、通院するようになさってはいかがでしょうか。



当院は午前診療よりも午後診療の方が、空いていますので
その時間をご利用ください。




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:58| にきび治療