2016年09月06日

ニキビの治療は学校か帰りに。



ニキビの治療効果が一番出やすいのは中学生。


20代、30代になると
お化粧や、洗顔、エステなどで、
医学用語で「装飾が加わる」というのですが

本体のニキビそのものの上に、化粧かぶれや過度のお手入れで
治すにの相当時間がかかるほどの悪化をしてしまう例が増えてきます。



(当院の治療は、決してメイク禁止ではありません。
 ニキビを治しやすいメイクや洗顔をお勧めしています。)



しかし、中学生や高校生の患者さんの場合、
同行するお母様が

「ニキビなんて、病気じゃないし、放置していいですよね」
「治療なんていらないですよね」


と、おっしゃる例も多く、



皮膚科医としては、残念に思います。



20代まで放置してしまって何ヶ月もかかる程悪化させる前に
学校帰りに、通院するようになさってはいかがでしょうか。



当院は午前診療よりも午後診療の方が、空いていますので
その時間をご利用ください。




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:58| にきび治療

2016年07月29日

顔が首よりも赤黒い場合は、お手入れに問題アリかもしれません。




ニキビの患者さんを数多く受け入れてきて20年。

ニキビだらけだった高校生や職業を持つ女性が、
今やすっかり綺麗になって、
お子さんを連れて来院をするようになり
月日の流れる速さを感じます。


長く、多くの患者さんを治療してきて、
肌に触っていると、

理想の肌とは何かを考えます。


その1 白いこと。 
     色が白い、というだけではなく、
     真っ赤に炎症がある肌は問題です。
     首の色と比べて顔だけが全面赤黒い場合は
     顔だけにしているお手入れ法が間違っている可能性が高いと思います。


その2 柔らかいこと。
     ニキビの芯を出す「面疱圧出」をしていると
     肌の柔らかさ度合いをこの手に感じます。
     ニキビがガクンと減ってきた時は、肌の柔らかさが数段上ってきた時です。


この、白く(炎症なく)柔らかい肌を作るにはどうしたらいいか、
毎日、そのお話を診察室で行って、もう20年なんです。




診察のご予約は
IMG_3126.JPG

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve


                                                                               

posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:32| にきび治療

2016年07月05日

ニキビ治療最前線の DVD




平成8年の開業以来の当院のニキビへの取り組みや
効果を上げてきた生活指導、治療法などを
DVDにしました。



ニキビコンテンツ-1.gif



クリニック待合室で放映する予定ですので、
「どうして私のニキビはこんなに治りが悪いんだろう」と
お感じのみなさまは、是非ご覧ください。
5分弱の映像をリピート放映します。


ニキビコンテンツ4-0.jpg




制作時間10時間 by私。
素人の力作です。(笑)










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:36| にきび治療

2016年06月27日

ニキビ跡にエモリエント導入を5回。



でき続けるニキビ。
そしてその後の赤黒いシミ。



エモリエント導入をご提案します。



ニキビを抑制する保湿剤やビタミンをイオン化して皮膚深層まで
届けることのできる「針のない注射」とも表現される施術。
過去2000例以上にニキビを治した実績のある施術です。




エモリエント導入 60分 8000円(税別) 
結果を急ぐ人は毎週1回、標準は月に1回。
5回終了時点で、
ギトギト油っぽかった肌が、白く柔らかく変わっていることが
実感できると思います。
切実なニキビのお悩みに、ぜひお勧めしたいです。



(ニキビの原因となっていた、肌に合わない洗顔法や
 お手入れに対してもご指導が必要なことがあるので、
 耳を傾けてくださると尚、治りがいいと思います。BY院長の気持ち)




診察のご予約は
1503FPK_0139.jpg

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:26| にきび治療

2016年02月05日

古典的な治療ですが、やはり圧出は有効です。





ニキビの治療として、近赤外線を照射してから圧出をする方法は


昔からある治療ですが、やはり今でもとても効果的な手技です。
国で定められた保険点数で行えます。





面ぽう圧出がなぜいいか、ですが




まずはニキビの成り立ちからお話ししましょう。










毛穴の奥にある皮脂腺から皮脂が外に出なくてはいけないのに
出られずに貯留した状態が面ぽうです。





圧出1.jpg









全てのスタートは、この目詰まりから始まるので、
膿む前に、この段階での圧出が、理想的です。









放置していると、細菌感染が強まって、膿を持った腫れた膿疱になります。






圧出2.jpg










こうなると、痛いし、目立つし、悲しい気持ちになります。






圧出3.jpg










その時に、あせって自分で掻き潰さないでくださいね。








圧出4.jpg







もう、本当に、掻き潰した跡を消すのは大変時間がかかるのです。













そんな時は是非、圧出にお越しください。








膿疱の中心部の毛穴にピンポイントで穴を開けます。








圧出5.jpg











そして、その毛穴から膿を搾り出します。







圧出7.jpg








周囲の皮膚を削らないので、しつこい跡形に残りません。





圧出6.jpg









みなさん、ニキビが治ってくると
「治った跡の赤紫の色が気になる」
とおっしゃるのですが、






ご自身で削ったニキビは、まさにそんな赤紫の跡になるので
ご注意ください。







また、当院では、

最初に穴あけに使う針は全て使い捨て。


絞るためのピンセットも1回使用ごとに高圧滅菌をします。







患者さんへの使い回しはしませんので、ご安心ください。




















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:48| にきび治療

2016年01月22日

そんなに強く洗っちゃダメ。大人女子ニキビ。






にきび患者さんも、
にきびに悩まされる年月が長くなると
色々、にきび対策を自宅でしなくてはいけないような気分に
追い詰められてゆきます。







何度かここでお話をしたことがあると思いますが

私自身、10代の半ばから20才代ずっとの10年以上
かなり重症のにきびに悩まされました。






おでこ、頬、顎に、次々とできるにきび。
毎日それが膿んで腫れ上がり、やがてはつぶれ、浸出液でベタベタ。

それを濃いファンデーションで隠しますが、
どう考えても人にはばれるので、
ほとんど顔を出さない髪型にして、顔も上げずに
下ばかり見ていました。


友達にもこの悩みを打ち明けることもできず、
素顔を見られるのを恐れ、同級生たちとの女子会旅にも
参加を躊躇するほど・・・・・


それほど重症のにきび患者だったのです。







もちろん、何軒も皮膚科に行きました。
エステもかかりました。
漢方も飲みました。

にきびに効果があるという化粧品はあらゆるものを試しました。





それでも10年以上治らなかったのです。ふらふら








今、皮膚科医の経験を積み、日々にきび患者さんを拝見していると
なぜ、あんなに治らなかったのか、
そして、なぜ治ったのかが本当によくわかります。時計






自分の肌の性質を見極め、適切な手入れをすること。ひらめき
そして、
私くらいの重症例なら、肌のダメージの修復回復に時間がかかります。
ストレスは大敵なので、治療効果を急がずにイライラしないこと。ひらめきひらめき





これが一番大切です。








治りの悪い大人女子は、つまりこの正反対。




自分の肌質とは真逆のお手入れをし、
治らないことへのストレスの塊になってしまう。爆弾







なかなか、私のアドバイスにも耳を傾けてくれません。台風








最も気をつけないといけないのが洗顔です。




同じ薬を処方していても、ご自宅での洗顔方法ひとつで治り方が
全く違います。







これは、健康でにきびもアトピー性皮膚炎もない
理想的な肌です。




surikire1.jpg






網目のように溝が刻まれていることにご注目ください。







surikire2.jpg
皮溝といわれる格子状の溝が刻まれており
毛孔も締まっている。
水分を十分に含みキラキラと光沢がある。







状態のよい肌に浮かび上がる、皮溝という溝です。








よく私はこの溝の話をするときに車のタイヤに例えます。





買ったばかりのタイヤには溝がしっかり刻まれています。



winter-tires-1011442_640.jpg






しかし、摩擦が加わると(長距離を走ると)溝は擦り切れて見えなくなります。



tire-416189_640.jpg  







お肌も同じで、強く摩擦を繰り返すと、皮溝は消えてしまいます。



surikire3.jpg





表層部分が擦り切れてなくなるのです。






surikire4.jpg   
皮溝は削られたようになくなり、炎症で赤く、
毛孔まで開大している。
すりむけた傷状態。
細胞が破壊されて浸出液も出ている。














これは、何も特別な人に起こっている現象ではありません。









にきび治療で当院を訪れる多くの患者さんの頬が、
このような擦り切れ肌になっています。










この状況では、土台の肌のダメージが強すぎて
通常のにきび治療は効果を発揮しません。









そして、このような剥離現象は、多くの場合、洗顔によって
生じています。












「今までの自分流が、もしかしたら間違っていたかも。」ふらふら






そう思って、頑なになっている心の扉を開いてみてください。カラオケ






きっと、その先に、治る道のりが続いているはずです。いい気分(温泉)

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:59| にきび治療

2015年11月27日

医療の場面では、すぐさま確実な効果がある薬と、そうでもない薬があることをご存知でしょうか。







皮膚科だけに限らずのお話ですが



医院で薬を1回もらうーーーーーー>治る





という薬も、ありますが












そうではないものもたくさんあります。







そうなる理由は、「発症の機序が複雑な疾患」であるため
処方した薬がぴたっと合致するかは未知数な場合があるためです。









皮膚科の分野で
1回の処方がぴったり合致する疾患の代表は「口唇ヘルペス」。





原因ウイルスも特定されている疾患ですから、
抗ウイルス剤の内服で、ぴたっと治ります。

次に免疫が低下した時には再発しますが、
それでも何回も通院して合う薬を見つける、なんて必要はありません。











1回目の処方で、それっきり治ることがほとんどない疾患の代表が

「尋常性座瘡(にきび)」










受験などで多忙な患者さんが多いだけに

「では2週間後に受診してください」


と伝えると、



「え?」


と意外な顔をします。








10代の若者にとっては時間をとって医院に来たのだから

医院で薬を1回もらうーーーーーー>治る


となってほしい。いやなるはずだ。


そう思われるのでしょうが、まず、そうはいきません。








発症の機序が複雑だからです。







日常の生活も関与しますし、
皮膚の分厚い人、薄い人、
スポーツする人、しない人。
メイクする人、しない人。


多くの背景が、治りを複雑にしているように感じます。






でも、にきびのできない肌を目指して、
改善点を見つけていく作業はとても大切。



気づいていなかった、あなたの肌の特性を
よく知るためのお手伝いを



私もスタッフも心がけています。


















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:19| にきび治療

2015年11月12日

ニキビを悪化させているかもしれない洗顔法。







当院でも取り扱いの多いニキビ治療ですが、











いつも心配になるのが、



ご自宅での肌ケアが適正かどうかモバQモバQモバQモバQ





です。











1に保湿、2に保湿、が大切なのですが、





ついついさっぱりしたアルコール入りの化粧水が好まれがち。







また、その延長で、劇落ち洗顔などを好まれがちです。













当院では、まず、



「今のお肌の段階では、お湯のみですすいでください」



とか



「今日からは、この洗顔料を使ってみてください」







そして最後目的は


お化粧も自由にできる、ニキビもニキビ跡もない肌になること。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)









まずは、すっぴんで受診してください。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:47| にきび治療

2015年09月07日

ニキビ治療は 新時代に入っています。





この数年、日本のニキビ治療が大きく変わったのをご存知ですか?








ニキビの初期症状である面ぽう(コメド)。





nikibi3.jpg











人の肌の毛穴の奥には皮脂腺という場所があり、
そこから毎日じわじわと皮脂が外に出されているのですが。





」.jpg













面ぽう(コメド)は、こんな感じ。






nikibi2.jpg










皮脂が外にでられないくて貯留した状態です。













そこに細菌感染が生じると








nikibi4.jpg






大きなニキビができてしまいます。








nikibi5.jpg














このように
ニキビの初期段階は、皮脂のつまりから始まるどんっ(衝撃)のです。










詰まってしまう肌とはどんな肌? と考えた時、









逆に詰まらない肌はどんな肌かというと、



 プリプリと弾力があるぴかぴか(新しい)
 水分を十分に含んだぴかぴか(新しい)
 刺激などで傷だらけでない肌ぴかぴか(新しい)








その逆の状態のお肌が、目詰まりを起こす肌、なのです。ふらふら












数年前からニキビの原因の目詰まりを解消するお薬が
日本でも相次いで発売になりました。








にきび6.jpg








この出口の目詰まりを取り除こうという薬です。








現在発売されているのは、ディフェリンゲルとベピオゲル。
ベピオゲルには抗菌作用もあります。



どちらも、使うのにコツが必要な薬で、
十分に保湿し、過激な洗顔をしないようにして使用すると
最大限に、良い効果が出ます。









学生さんから成人まで幅広く対応できる治療薬です。
悩んでないで、ご相談くださいね。







ディフェリンゲル
公式サイトはhttp://www.nikibi-hifuka.jp

ベピオゲル
公式サイトはhttp://www.maruho.co.jp/medical/bepio/support/rvcck40000004pro-att/shiyousarerukatahe.pdf








正ぐれ尻尾動画.gif











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:02| にきび治療

2015年05月12日

ニキビ肌は硬い肌。その原因と対策は?



膿んでいない、毛穴のつまりを面疱といいます。



面ぽう.jpg








断面図を見ると、毛穴の奥にある皮脂腺から排出される皮脂が
外に出られなくなって貯留した状態です。

面ぽう断面.jpg









ここにバイ菌が入ると膿をもったニキビへと発展するので

膿疱断面.jpg





面疱はニキビの卵と思っていただくとわかりやすいかも。
面疱がある限り、ニキビはでき続けます。





めんぽう.jpg






さて、なぜ、皮脂が外に出られなくなるのでしょうか。






通常ならば、皮脂は皮膚表面に天然の保湿オイルを与え
輝きのある肌をつくるはずです。



健康な皮膚.jpg






多くの患者さんの肌を、面疱圧出しながら、触って診察していますと
医学書では学べない、色んなことがわかってきました。




まず、たくさん面疱のできている方の皮膚はexclamation「硬い」exclamation×2





目詰まり断面.jpg






面疱圧出をする際にも、皮膚が硬くて、針がすっと刺さりません。
ゴワゴワ、ゴムのような感触で、プリプリ感とは程遠い感じ。







これが治ってくると、
プリプリの弾力と柔らかさを持つ肌に変わるのです。





この辺は、初診の患者さんにいくらお話ししても伝わりません。


「あなた、肌が硬いわ」、

「柔らかくなったら、ニキビも治るのよ」



そうお話ししても、


「はあ??」


という感じ。


確かに、いままでそんな概念で、お肌を考えたことはなかったでしょうね。







硬くなってしまう原因は、私の経験では以下のようになると思います。


1、劇落ち洗顔で皮脂を除去しすぎている。
2、アトピー性皮膚炎などの合併
3、保湿ケアが不十分。




これらを解決するには、
強く洗わない、良質な基礎化粧品で保湿を十分にするなど、
患者さん自身の自覚も大切です。






スーパーライザーは、とてもいい治療です。


近赤外線.jpg




しかし、今までの経験では、重症の方の場合、
週に2〜3度照射しても、2〜3ヶ月はかかっています。













ご多忙な成人に、最も効果的なのは、ヒートマスク導入です。



保湿力ヒート.jpg



ニキビ治療だけでなく、その先の
「あの人の肌、なんて輝いているの!」

というレベルまで肌の状態を引き上げます。







お仕事の第一線で働いている方や、
多方面でのご活躍で、ニキビがあることが仕事に支障をきたし
ストレスになる方。


そういう方に、ヒートマスク導入でのニキビケア、そして美肌維持が、
支持されているように感じます。


ヒートマスク導入の詳細は、こちらをご覧ください。<クリック>


ドリアニメ原本小.gif



硬い肌対策の関連記事  http://dr-kakimoto.com/article/179677839.html






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:39| にきび治療