2019年07月16日

連休明け、通常診療しております。例年多いご相談ごとは



今日7月16日(火)
海の日の3連休明けですが、通常診療しております。



当院の診療の3本の柱別に分類すると
例年では以下の患者さんが多い傾向にあります。


1)一般皮膚科
 虫刺されや、かぶれ、水虫の患者さん


2)皮膚外科
 けが、やけどの患者さん、夏休み中の皮膚腫瘍治療希望の患者さん


3)美容皮膚科医療
 紫外線照射後のシミ予防のヒートマスク導入





写真は発売以来、再販を繰り返しているロングセラー
当院のオリジナル紫外線予防化粧下地
サンスクリーンC


スクリーンショット 2019-07-16 10.02.29.png



この夏も、活躍中です。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:05| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年07月13日

足の裏のウオノメを自己処理するのは危険な時があります。



足の裏の角質が分厚くなって痛くなるウオノメ。








cdc4669e00b0e1bca7af9a8dfe630529_s.jpg






自己処理の方法としては
市販のサリチル酸シールなどを利用している人も多いかもしれません。



それで治るなら、大丈夫です。


ただ、以下の場合は注意が必要です。



1)ウオノメでなく、伝染性の尋常性疣贅だった場合
  素手で処理をすると手にも感染することがあります。

2)大きく貼って健康な皮膚まで酸で融解してしまい
  痛み出血が増加する場合もあるので小さく貼る必要があります。

3)靴の影響で繰り返し出現する場合は、靴の見直しも必要です。





もし市販のサリチル酸で治らない人は
ご自身のウオノメがどういうタイプなのか
医院で相談し、その後の治療法を決めてもらう方が
安心です。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:37| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年07月05日

帯状疱疹かな、と思ったら1日も早く受診を




年に何度か生じる帯状疱疹の流行期に入っています。

ピリピリとした痛みと共に体の半分サイドに紅斑が出てきたら
受診を急いでください。


毎日進行し、次の日には水疱になり
その次の日には範囲が拡大します。



間違っていてもいいので、
早めの受診をお勧めいたします。





新しい薬では1日1回の内服で治療ができるように
なりました。
しかしながら、1日でも早く飲み始める方が
治りも格段に早いのです。



IMG_3265.jpg







診察はご予約なしでも受診いただけます。

電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif

現在、新規の保険外美容治療は行なっておりません。


兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
東隣のダイエー東芦屋店の駐車場をご利用ください。




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:55| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年06月28日

女性でもなります。タムシ(体部白癬)




女性の場合でも、梅雨時期から夏に向けて
患者さんが増えるのが体部白癬。





体部白癬.jpg





お尻から前のデリケートゾーンまで拡大することもあります。






市販のかゆみ止め薬剤では、治らない、という場合は
皮膚科で真菌検査を受けてください。




1057958.jpg
(フリー画像より)







体部白癬なら多量の真菌が見つかります。

190265.jpg
(フリー画像より)








当院も、私が女性医師なので、女性の体部白癬は多く取り扱っています。
かゆいけど、どうしていいかわからないという方はご相談ください。







診察のご予約は

電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif

現在、新規の保険外美容治療は行なっておりません。


兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
東隣のダイエー東芦屋店の駐車場をご利用ください。




















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:25| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年06月24日

日焼け止めのアレルギーも考慮してください。



日焼け止めに関しても、

しばしば、製品のアレルギーを生じる例があることが
知られています。



どこの製品が悪い、とかではなく
ご本人との肌の間での感作が原因ですので


無香料、無添加、ノンアルコール
であってもかぶれる時はかぶれます。



どこの製品でも痒くなる、という方は


皮膚科診療では、これを正式な決まったルールで
時間を決めてパッチテストを行なっています。
正確な結果が出ますが、
3泊4日日間、ご自宅で汗もかかず洗わずに
過ごしていただかねばならないので、

今この季節には難しいかもしれません。






そんな時、ご自宅での簡易な見分け方として
サンプルをもらって、耳の後ろの決まった場所に
毎朝外用して、かゆみが生じないか確認すると良いでしょう。



一つの耳に一つの製品をつけるようにして
複数の製品が混ざらないように注意してください。








IMG_3214.JPG












かぶれなどの治療のご相談はどうぞお気軽に






電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif

現在、新規の保険外美容治療は行なっておりません。


兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
東隣のダイエー東芦屋店の駐車場をご利用ください。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:28| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年06月18日

虫刺され、毛虫皮膚炎の増加する季節です。



例年通り、毛虫や蚊などでひどい炎症を伴って
来院される方が増えてきました。


蚊で腫れ上がるほどの症状がある人は
体質的に、蚊の唾液のアレルギーがあるので
毎年同じお子さんが、同じ症状で来られます。



蚊に刺されないように予防するのは
本当に難しいことですね。



治療法は、ボチシートなどで
包帯処置が必要な場合もあります。

市販薬で治らない時はご相談ください。





IMG_3048-thumbnail2.JPG






診察のご予約は

電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif

現在、新規の保険外美容治療は行なっておりません。


兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
Googleマップはこちら

東隣のダイエー東芦屋店の駐車場をご利用ください。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:16| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年06月07日

進化した診察室。




今回のクリニックの内装で、私が一番大事にしたのは診察室の機能性です。

以前の浜町の医院は、広いのですが、
いろんな部屋にいろんな機能が分散されていていました。

そのため
・どこに何をおいてあるかわかりにくい
・各部屋ごとに同じ設備を複数用意しなくてはならない
 (例えば処置台やパンフレット置き場など)
・院長の私の移動で、使っていない部屋も出る



など、機能面で課題がありました。



この春日町の医院ではそれを全部解消できたと思います。




診察室全体像、患者さんが入ってくる扉からのパノラマ写真です。
IMG_3090.JPG





左端が私の診察机
IMG_3101.JPG






手前に見える左側の机には、
顔のイボなどの小さな疾患も見逃さないように照明が入っています。
IMG_3091.jpg





そしてその裏側には
IMG_3097.jpg



上から
カメラ、
写真プリンター
肌の水分量測定器
A4プリンター

など、電源の必要な機器が内蔵されています。
キャスター付きなので動かせます。








もう一つの小机もキャスター付きで
IMG_3102.jpg






中には処置に必要な医療器具が内蔵されています。
IMG_3099.jpg






診察机の上はさらに機能的で
IMG_3105.JPG






セラビームはアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症などに
私が照射できるようになりました。
IMG_3093.jpg






病変部を観察できるカメラはその隣
IMG_3103.jpg



右には真菌検査に欠かせない顕微鏡があり
水虫菌を探すのも容易です。
IMG_3094.jpg




膝元には各疾患の説明のためのパンフレットがあり
IMG_3098.jpg





アレルギーや血液検査の説明をするのを助けてくれます。
IMG_3106.jpg






また、診察椅子の背中に昇降ベッドがあるので
足の爪や水虫の診察には便利です。
IMG_3117.JPG





 


そして、歯科用のリクライニング椅子は、
顔の腫瘍を近距離から診察したり、ニキビを圧出するのに
用いています。
靴を脱がずに診察が容易になりました。
IMG_3118.jpg











このように、過去私が働いてきた職場の中で
最高の、理想の診療環境が整いました。
長年の夢が叶った思いです。





診察のご予約は

電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif


兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
Googleマップはこちら

東隣のダイエー東芦屋店の駐車場をご利用ください。



































posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:51| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年06月04日

顔の調子が悪い時、どうしますか?


kakimotoclinic-049.jpg
受付の写真です。








顔の肌の調子が悪い時、
女性ならまずネット検索します。


そこで一番多い情報は

「皮膚科なんか行くと、ステロイド出されるだけ」


だそうですね。(悲しい)




3つの点から、
顔の診察に慣れた医師への受診は意義があります。



その1
重症度の見極め



目も開かないような腫れ上がり方の患者さんから
カサつく乾燥肌の方まで各段階の患者さんを見極めています。
その症状により、薬は変わります。
私の医院では、
軽症のうちに来院された方は、ステロイドなしで
保湿剤や非ステロイド外用剤で治療します。

特に赤ちゃんは化粧などの刺激のない生活ですので、だいたいそれで治ります。




その2
日常習慣が大丈夫かの見極め



すごく重症の皮膚炎なのに、
しっかりメイクを中止できない社会的立場の方もおられます。
メイクをしなくてもいい週末に集中治療して
週明けにはメイクが可能になるように調整します。





その3
原因を探り、再発を予防する



皮膚科医しかできない重要なことです。
花粉やカビやダニが原因ではないか、血液検査を
施行します。
結果によっては、苦手な花粉の飛来する時期の前から
予防の内服薬を処方することで対策をとります。

また、化粧品やシャンプーなどのかぶれも
よく皮膚科で発見する原因です。

残念ながら、よく化粧品の裏に記載されている
「パッチテスト済み」の表記は、
患者さん自身でない、誰か他の人が行なった検査です。

皮膚科医がいう「パッチテスト」は
プロトコールが定められた厳格な検査で
患者さん自身の肌とのアレルギーを調べます。






以上が、私たちが行なっている
「顔の調子が悪い患者さんに行うこと」です。
上記は全て保険診療ですので、
日本中で国で定められた同じ点数(料金)です。






敷居を高く感じずに、早めの受診をお勧めいたします。





診察のご予約は

電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif


兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
Googleマップはこちら

東隣のダイエー東芦屋店の駐車場をご利用ください。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:01| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年05月23日

多汗、まずはアルミ水を。



汗にまつわる疾患は季節の関わりと共に3種類に分別できます。



1)汗をかかない時期だからの疾患

   肌の保湿力が落ちるので、肌が乾燥することから引き起こされる疾患

   老人性乾皮症
   乳幼児乾皮症
   皮脂欠乏性皮膚炎
   アトピー性皮膚炎なども、この時期、汗が少ないことで増悪しがち




2)長らく汗をかかなかった季節を経て汗が出始める時期の疾患


   何ヶ月も閉じていた汗の管(汗管)を急激な体温上昇で大量の汗が無理に通過するときに炎症が生じる疾患

   異汗性皮膚炎(汗泡)



3)汗が出る季節の疾患

   大量の汗が汗管を通過する刺激から引き起こされる疾患

   汗疹(あせも)


  大量の汗が、生活に支障をきたす疾患

   多汗症





これらの疾患のうち、これからの季節に一番相談が多いのは
多汗症です。


塩化アルミニウムの水溶液は、
報告では7割以上の方に有効とされており、
簡便な方法ですので、広く普及しています。


当院では2000円(税別)で処方しています。



IMG_2997.jpg






ご相談ください。





診察のご予約は

電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif


兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
Googleマップはこちら

東隣がダイエー東芦屋店に面しています。お車での来院は、
有料コインパーキングをご利用ください。

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:00| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年04月11日

描き破りをする前にシュワっと保湿。




IMG_2558.jpg

昨日の雨と寒波で、もう桜も見頃を過ぎてきました。





汗ばむ季節には、もう少し時間がかかるようです。
その間は、まだ保湿が必要です。








肌の水分量が少ないと、乾燥している皮膚は粉が吹いたような状態になり、
痒みが生じます。




乾燥肌2.jpg








その部位がナイロンタオルや、最新の化学繊維下着でこすれると
パラパラとめくれますが、これは垢ではなく
本来、ひっついておかねばならない皮膚です。






名称未設定 3.jpg









しかし、パリパリ乾燥するときはどうしても痒いので
その時は掻かずに、まず保湿をしてください。







今、当院で一番人気があるのは、泡の保湿剤です。
泡の中にヘパリン類似物質という保湿成分が含まれています。



かさかさに粉が吹いた手に塗ってみます。

IMG_2569.JPG






液だれしないので塗りやすく
塗った後は、粉吹き状態も落ち着いています。





IMG_2571.JPG






こんな感じです。



保湿5.jpg



保険での処方薬です。
















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:23| その他のいろんな皮膚科疾患の治療