2020年01月14日

金属や化粧品アレルギーの原因特定のパッチテストのシーズンは3月くらいまでです。





貴金属や
3c82225282225252ce8fd6d8bcc008ec_s.jpg

化粧品
14cdf03184dc490035a001f8e1c00679_s.jpg



それだけでなく、病院からの処方薬
999347157d37f950de26ba4820bd8da6_s.jpg




これらが原因で


顔が赤くなる、痒くなる
時にはニキビの原因となることも、多いのです。







その検査のパッチテストは、ご本人の病状を解明して治療していく中で
とても大切で欠かせない検査です。


検査の流れは公式サイトをご覧ください。
https://ashiya-kakimotoclinic.com/service/dermatology/allergy-test/



パッチテストに最適なシーズンは、11月から3月までくらいの気温の低く汗をかかない時期です。
今が一番適しているので、どうぞご相談ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:02| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2020年01月07日

陥入爪、巻き爪の治療は「痛い状態を、どう治す?」



Depositphotos_9427337_s-2019.jpg





「足の爪が痛い」と、初診時の問診票に書かれる方は毎日のようにおられます。




その多くは、足の爪の周囲に炎症が生じて浸出液が出て腫れ上がっている状態です。



kannyuu2.jpg












こうなる原因としては大きく分けて二つに分類されます。




1)靴などの圧迫

  kannyuu3.jpg





2)爪白癬や爪甲鉤彎症による爪の肥厚

  tineau.jpg
フリー画像です。





各々治療法は違いますが、
「痛い」という理由で来院されるので、「痛くなくする」ことが大切です。





ご本人の生活状況を問診しながら、


1)今すぐ治療して痛みが軽減するのか時間がかかるのか
2)その治療は、無痛か、少し痛むか、麻酔をして行うか
3)大きなスポーツ大会を控えていないか
4)その場合は治療を先送りして、目の前の大会をやり過ごす方法を考えるか
5)通院できる頻度はどの程度か
6)制靴などが原因の場合、会社や学校に協力を要請できるか
7)爪の負担のきつくなる競技に全力を傾けている若者を、どう長期にわたってサポートするか




などを、お子さんの場合は親御さんを交えて話し合って治療方針を決めます。



それは、本当に、百人百様で、すごく繊細です。



上記にも触れましたが、足の爪の負担のきつい競技や習い事はあります。


1)締め付けることが原因のもの
バレエ(トウシューズ)、日本舞踊(足袋)
→美しさのためですから、改善は困難です。

2)ダッシュとストップを繰り返す競技(靴の中壁に爪先が激突してしまう)
バスケットボール、テニス
→甲の部分の靴紐をしっかり締めて靴の前部に空間を作ることを意識してください。

3)下りの多い競技
登山、ハイキング
→甲の部分の靴紐をしっかり締めて靴の前部に空間を作ることを意識してください。

4)足先に衝撃が加わる競技
サッカー、野球、陸上
→難しい問題です。プロの選手の中にも、爪先に空間がない方が力が入るという理由で窮屈なシューズを好む選手もいます。













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:36| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年11月05日

パッチテスト Q and A




パッチテストの流れを公式サイトに書いていますが、細かい疑問にお答えします。
公式サイトのパッチテストの記事はこちらhttps://ashiya-kakimotoclinic.com/service/dermatology/allergy-test/




Q1)
パッチテストのタイムスケジュールは?何日かかりますか?
A1)
初日 背中に調べたいものを当院で貼ります。一度に50品目以上検査する人もいます
48時間後 背中に貼っていたものを当院ではがします。
72時間後 当院で判定。(つまり 3 回受診が必要。)

合計3泊4日間、ご自宅で汗もかかず、背中は洗わずにすごしてください。
厳密な検査なので、外出で汗ばんだり剥がれないように万全の態勢で臨んでく ださい。
ベストシーズンは真冬です。


Q2)
予約は必要ですか?
A2)
パッチテストをする日の予約は必要ですが、その前にもあらかじめ、パッチテストの注意事項をお話しするのに30分ほどの時間が必要です。
そのため、パッチテストをしたい日程よりも2週間ほど前にお越しください。


Q3)
どんなものを重点的に調べたらいいですか?
A3)
多くの場合、顔や頭皮に症状が出ているはずです。当院で行なった過去のパッチテストの結果を見ても、最も原因として多いのは洗顔とシャンプーです。
もし、ご自身で使っているシャンプーや洗顔が陽性反応(かぶれるもの)だった時のことを考えて、あらかじめ他のメーカーの製品も検査しておくことをお勧めします。


Q4)
調べたもの全部が陽性(かぶれるもの)だったら、どうなりますか?
A4)
使っても大丈夫なものが見つからなかったので、再度検査が必要です。
何回も検査を繰り返す方もおられますが、少ない回数で済ませるためにも、最初の検査の時に多くの製品を準備してください。


Q5)
検査で陽性だったものを、1年くらいしたら使えますか?
A5)
まず、またかぶれます。



Q6)
背中に貼ってから判定までの間、お風呂は入れますか?
A6)
貼った部分を濡らさなければ入れます。
例えば下半身だけシャワー浴とか、美容院で洗髪してもらうなどの工夫が必要です。


Q7)
検査中の服装はどうしたらいいですか?
A7)
着替えの時にテープが剥がれやすくなる服装は適しません。前あきのワイシャツのようなものが適しています。
密着した化学繊維の下着や、セーターなどは適しません。




Q8)
本当に大変そうな検査ですね、検査をすることを避けたいのですが。
A8)
はい、患者さんも大変ですが、当院スタッフも担当するのに熟練の技を要求されますし、患者さんへの説明や当日のテープの用意など、本当に大変な検査です。(そのため、パッチテストを行えない医院や病院が増えています。)
もし、今までどんな治療でも治らない状況で、「どうしてだろう」「原因を特定したい」と考えるならば、最適な検査です。



Q9)
何曜日からでも始められますか?
A9)
決まっています。
火曜日スタート、木曜に剥がして金曜日に判定。
または
土曜日スタート、月曜に剥がして火曜に判定。

この2コースです。



Q10)
パッチテストをどうしても受けたいです。パッチテストの説明を聞くのに予約は必要ですか?
A10)
まずお電話くださって、パッチテストをしたいとお伝えくださった上で診察の予約を取ってください。パッチテストの予約の前に入念な打ち合わせが必要ですので、当院サイドもその時間の確保が必要になります。どうぞご協力ください。また、説明を聞いて、パッチテストを受けないことも可能ですので、ご安心ください。
(2019年11月7日追記)





IMG_4149.jpg
庭のさざんかと石蕗(つわぶき)。秋が深まってきました。



posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:37| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年10月03日

加齢による変化の理由と。それに対応する医療。


顔に加齢を感じる時、どんな変化が起こっているのでしょうか。



フリー画像加齢のシミュレーション.jpg






(顔の構成)
まず、顔を構成している要素は大きく分けて

1)皮膚表面
2)筋肉(皮下組織)
3)骨格





その各々が、加齢により変化していきます。
そしてそれに対する対応も各々違います。



(部位別の加齢とは)
1)皮膚表面の加齢

女性顔フリー画像.jpg


皮膚表面に生じる変化は
 
 肝斑
 老人性色素斑(しみ)
 老人性疣贅(いぼ)
 毛穴の開き
 艶の低下




2)筋肉(皮下組織)の加齢
  
女性顔筋肉フリー画像.jpg


筋肉(皮下組織)に生じる変化は

 筋力低下
 筋肉量の減少
 上記から生じるたるみ、しわ






3)骨格の加齢





頭蓋骨フリー画像.jpg


骨格に生じる変化は
 加齢により骨は縮みます。
 額、頬、顎の骨の収縮
 それによる顔面の歪み、しわ、たるみ












上記の合算が、下の写真のような経年変化をもたらします。




フリー画像加齢のシミュレーション.jpg








対策は、早いほど良く、
遅くとも40代にはスタートすることが
推奨されます。





(治療について)
当院で行なっている治療は


1)皮膚表面へのアプローチ

スクリーンショット 2019-10-03 11.44.11.png
Qスイッチルビーレーザー治療
スーパーフォト治療
アクシダーム治療

液体窒素治療
ヒートマスク施術





2)筋肉へのアプローチ

スクリーンショット 2019-10-03 11.44.20.png
スーパーフォト治療
ボトックス注入
ヒアルロン酸注入





2)骨格へのアプローチ
スクリーンショット 2019-10-03 11.44.26.png
ヒアルロン酸注入










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:42| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年09月26日

暑さの戻りで、夏の疾患が増えています。しっかり治療しましょう!



涼しい日もあったのに、
また残暑厳しい関西です。


例年下火になるはずの、ひどい虫刺されや
毛虫の毒毛の皮膚炎の方の来院が、
続いています。


お気の毒なほどの炎症の酷さで、
市販薬では難治でしょう。

外用剤とガーゼ処置が必要だったり
場合によっては内服も強めで処方しています。


これらは、しっかり秋までに治癒させないと
年越しをして炎症が長引くことがあります。

そうお伝えして、しっかり外用するように
励ますのが、私の大切な仕事です。








この暑さの中、西王母が今年初咲き。
本当は陶器の花器が似合うのですが
ごめんなさい。




IMG_1661.jpg







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:38| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年08月09日

今の時期のコゲ日焼けは将来のシミに。




毎日のように、焦げるほど日焼けした患者さんが
「痛い」と来院されます。


この時期のコゲ日焼けは、本当に危険で、

特に背中の皮がめくれるほどの日焼けは
のちに
「日光性花弁状色素斑」になる可能性が非常に高いのです。



こんなシミです。ご覧になったことがあるかもしれません。
E58589E7B79AE88AB1E5BC81E680A7E889B2E7B4A0E69691-thumbnail2.jpg





このシミを取ろうと思うと、
塗り薬や飲み薬やエステなどではとれませんので
Qスイッチレザーの照射を何回も当てねばならず
また、日本の厚生労働省の取り決めでは保険での施術は
禁じられているので
費用もかかります。



例えるなら、タトゥーを取りたいと思うのと
同じくらいの治療期間も費用もかかるのです。




何気なく焼いてしまっている背中ですが、
将来どうなるか、ということも、少し知っておくといいかもしれません。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:56| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年08月06日

ピアスのご相談はお気軽に。





ピアスは、真夏でも設置が可能です。


ピアスを設置して2ヶ月はファーストピアスの期間になります。

ファーストピアスはそれ専用のピアスを当院でご用意しています。



ピアス価格表.jpg


上記のファーストピアス代金と別途に
ピアス設置料金(消毒薬付き)5000円(税別)がかかります。




今開孔するとちょうど秋のおしゃれシーズンに
ご自身が好きなピアスに変えることができます。




夏にピアスを開ける時の注意点は一つ。
汗は金属アレルギーの発症を強めますので
ファーストピアスは非金属のものをおすすめします。




当院ではスエーデン製の医療用プラスチックのファーストピアスを
おすすめしています。



スクリーンショット 2019-08-06 8.57.00.png





また、ピアス設置後のトラブル(出血、化膿、アレルギー)も
対応していますので、ご相談ください。
ご自身で消毒しても、まず解決しません。











診察のご予約は

電話: 0797340400

診療時間柿本クリニック.jpg

電話予約.gif




兵庫県芦屋市春日町24-8ゲマインシャフト芦屋202号室
Googleマップはこちら

東隣のダイエー東芦屋店の駐車場をご利用ください。

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:01| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年08月02日

膿む疾患が急増中です。



とびひ
 アトピー性皮膚炎がある方、
 あせもがひどい方が、掻き破る事でブドウ球菌などが感染して生じます。


水いぼが膿む
 治療していない水いぼも、この季節膿みやすくなります。


爪周囲炎
 靴が当たって周囲に食い込んだ爪の周囲が膿むことも多い季節です。


水虫が膿む
 乾燥型の水虫だった人にブドウ球菌などが感染し浸出液が出ます。


虫刺されが膿む
 蚊に刺された跡を描き破って細菌感染を起こします。多いです。





抗生物質の内服などで加療しますが、
元々、体力低下、免疫低下が引き金になっていますので
一番大切なのは安静にすること。

炎天下でのお出かけやスポーツなどが続くと
1ヶ月くらい治らないかたもおられます。




写真はお子さん用の抗生剤です。
短い期間の内服で済むように、
栄養をとって安静にしましょうかわいい




IMG_3525.jpg













posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:23| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年07月19日

条件が合えば強く勧めたい薄毛治療薬は初診の方にも処方いたします。




薄毛の相談は、初診の方でも現在お受けしています。



男性の壮年性脱毛症(AGA)には


内服薬 フィナステリド
28日分6000円税別


IMG_3404.jpg



前からのM字脱毛にも、
後ろからのザビエル型にも
確かな効き目で進行を止める効果があります。



当院では、
なぜか医療従事者の相談がとても多く
身近な人も10年以上飲み続けて完全に進行を食い止めています。


(飲まなくなったら、年齢なりの進行が始まります)




フィナステリドを毎日飲んでいる方と
この薬の存在も知らない方とで、
10年で髪の毛の量は圧倒的に差がついてしまいます。



抜けてしまった毛を戻すことはできないので
前髪や後頭部が薄くなってきたかも、
またはお父様、お爺様が薄毛だったという30代の方
遅くても40代前半の方にお薦めいたします。






次に男性の壮年性脱毛症にお勧めするのは



IMG_3403.jpg



「FR15」
(含有成分)ミノキシジル15%、アゼライン酸、プロキャビル
 プロシアニジンB2、アデノシン、ビオチン
60ml (約30日分) 8000円(税別)


フィナステリドの内服は進行を食い止めますが
FR15は育毛、つまり生やす効果が期待されます。
頼りなく産毛状だった場所の毛が濃くなるので

ぺったりしていた髪型にボリュームが出ます。










女性の薄毛には、






IMG_3402.jpg



女性用ロゲイン 4500円(税別)






これも同じく、産毛状だった場所の毛が濃くなり
頭頂部のボリュームを出すこともあります。
当院の患者さんたちにも結果の出ている
リピートの多い薬剤です。








いずれも、初診の方でも処方しておりますので
ご相談ください。














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:23| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年07月16日

連休明け、通常診療しております。例年多いご相談ごとは



今日7月16日(火)
海の日の3連休明けですが、通常診療しております。



当院の診療の3本の柱別に分類すると
例年では以下の患者さんが多い傾向にあります。


1)一般皮膚科
 虫刺されや、かぶれ、水虫の患者さん


2)皮膚外科
 けが、やけどの患者さん、夏休み中の皮膚腫瘍治療希望の患者さん


3)美容皮膚科医療
 紫外線照射後のシミ予防のヒートマスク導入





写真は発売以来、再販を繰り返しているロングセラー
当院のオリジナル紫外線予防化粧下地
サンスクリーンC


スクリーンショット 2019-07-16 10.02.29.png



この夏も、活躍中です。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:05| その他のいろんな皮膚科疾患の治療