2015年11月16日

手足口病の後に生じる爪変化。









今年も多くの手足口病の患者さんが来られました。








その方々にしばらくすると、しばしば生じるのが爪の変化。








手足口病の爪1.jpg









根元から欠けるような症状が出ることがあります。














その症状の生じる理由をお話しします。

















人の爪は、皮膚に隠れた部分を含め、皮下にも広がっています。












手足口病の爪2.jpg











その根元の部分を「爪母(そうぼ)」といい、
爪はこの部分で製造され、上方へ伸びていくのです。
















しかし、その爪母の上に手足口病の水疱ができてしまうと














手足口病の爪4.jpg











水疱直下の爪母にダメージが加わり、一時的に正常な爪の製造ができなくなります。












そして、手足口病が治った後に、
そのダメージを受けた爪が見える部分まで伸びて上がってくるのです。










手足口病の爪5.jpg










しかし、爪母のダメージも一時的なものなので、
その後、正常な爪の製造が再開されますから、







正常な爪が下から生えてきてダメージ爪を上方へ押し上げ、
3〜6ヶ月で綺麗な爪に生え変わります。









それまで、特に治療は要しませんが、
引っかかって痛い場合は、軽いテーピングなどで
爪の浮き上がりを押さえてください。






また、炎症がひどい場合は、外用剤を処方しています。









ご相談ください。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:39| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2015年10月03日

稗粒腫の処置とは。





稗粒腫を除去するには、
うすい角質層の下に貯留した内容物を排出します。







当院では、皮膚科用圧出器具はつかわずに
感染予防と、跡を残さないように、使い捨て針とアドソン鑷子を使います。










稗粒腫1.jpg






表面は痛覚を感じない角質層のに包まれているので
麻酔せずに、針で孔を開けます。



稗粒腫2.jpg




追記
痛みに弱い方には貼る麻酔シールを使います。
後日、麻酔シールを1時間以上貼付した状態で受診していただきます。





そして内容物を絞ります。


稗粒腫3.jpg






するとしぼんで中身が出て、白い点だった稗粒腫は消滅します。



稗粒腫4.jpg



しっかり出るまで、ぎゅっと絞ることがあるので、
その時は軽く出血しますが、
1〜2分の圧迫で止血ができ、


その後は洗顔もメイクも可能です。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 12:51| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2015年09月17日

ウオノメは芯をポンと抜いたら治るっていうのは迷信か。






ウオノメのご相談も、当院では取り扱いの多いものです。




できる場所は、その人の生活様式に関係があるようです。






徒歩の多い人、登山家や本格派のウォーカーは
大地を踏みしめる場所に好発します。






こんな感じ。

うおのめ3.jpg











大きくて深く、トゲ状にささるウオノメではないのが特長です。










次によくあるのが、ハイヒールによるウオノメ。


こんなかんじで

うおのめ2.jpg



中指の下くらいに発生します。



つながって巨大化することもあります。


うおのめ1.jpg




くさび状に刺さり込むので、小さくても大変痛いウオノメです。







また、三角に尖った先端部の靴を履いていると
押されて潰された指の間にもウオノメができます。



こんな感じ。

うおのめ4.jpg




これも、結構痛い。







これらウオノメは




圧のかかるところに、再発を続けます。





時々、


「他の医院では芯を抜いてもらえないから再発する。
 ここでは抜いてくれるのか」


という患者さんがおられますが、
そうではないのです。




発生原理を正しく理解し、
圧のかからない靴選びをすることが大切です。




しかし、骨まで変形しているときは、
時すでに遅し、
という場合も多く、



そんな患者さんは、
1ヶ月に1度は保険診療が国から許されていますので
その周期で来院頂いております。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:02| その他のいろんな皮膚科疾患の治療