2018年10月16日

アクセス数と比例して爪白癬のご相談が増加中。




当院のこのブログも、私が気楽に運営しているとはいえ、
アクセスの傾向を時々は確認します。

日記形式の記事は、1990年ごろに始めたはずでで、
診療のある日は、何らか更新するようにしています。

今までに最大のアクセス数は1日で2万アクセス超え。
そのため、あまり自由なことも書けなくなりました台風



どなたがアクセスしたかは解析不可能ですが、
過去のどの記事にどれくらいの方がアクセスするかは見ることができ、


不思議な傾向もあったり。



この夏は首のイボの検索にかかった方が多かったのですが、
10月に入って、爪白癬の記事へのアクセスが増えているようです。



そのせいか、実際の患者さんも多いように感じます。




爪白癬.gif






爪白癬の診療の流れ



1来院時、問診票に記載してください。
2ストッキングやタイツはあらかじめ化粧室でお脱ぎください。

3診察室で、両足の靴を脱いでベッドに上がって下さい。
4爪白癬の患部の写真を撮ります。

5真菌検査をする為に爪の一部を取ります。
6一旦靴を履いて、診察室から出ていただきます。

7とった爪の一部を苛性カリで溶かして顕微鏡で真菌を探します。
(苛性カリに漬け込む時間が長いほど見つけやすくなるので15分以上かかる時もあります。)

8再度診察室に入っていただき、真菌検査の結果をお伝えします。
9真菌が見つかった時は、爪白癬の治療を開始します。

10内服治療にするか、外用だけにするか、メリットや副作用もお話しして治療方針を決めます。






私が医師になった頃と比べ、新薬も次々出て、爪白癬は治る病気になりました。
諦めずにご相談ください。














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:12| 足・爪・靴に関する疾患

2018年09月25日

足を洗うことの難しさ。




糖尿病などの、
末梢の循環不全を発症させる可能性の高い患者さんが
特に注意しないといけないのは足の指をよく洗うことです。




え?何の事?
と思われるのは、ご健康な方々。



肥満のためにお腹がつかえて自分の足が見えない方、
腰が曲がりにくいシニアの方
視力の落ちている方


などにとっては、足の指の股や足の爪周囲を清潔にするのは
至難の業です。



壊死を起こしかけた指も、
治療の第一はまず足浴。



全身の入浴やシャワー浴を毎日することが望ましいですが
それが面倒な時でも、足だけでもお湯でよく洗っていただきたいのです。




最近は、
当院の患者さんが作成されたネコの手という道具で
足を洗うことも提案しています。



IMG_0945.jpg





ヘッド部分のクリップにティッシュなどを挟み、
軟膏をつけて背中に塗るのに使用するものです。



IMG_0946.jpg




その特性を足浴にも利用できないかと考え、
このクリップに小さく切ったタオルを挟み
石鹸をつけて洗うことに使ってもらっています。





手が届かないところのための「ネコの手」。
いろんな場面で役に立っているようです。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:48| 足・爪・靴に関する疾患

2018年06月15日

0歳からあります、水虫。




梅雨の季節真っ只中。
この季節に多いのは真菌の感染症です。




水虫なんて成人男性の病気と思っている方も多いようですが



実は赤ちゃんにもしばしば発症します。
当院でも年に1〜3人は発見します。






特徴は足指の間の薄皮が剥がれるような症状。





疑わしい患者さんが来られたら、まずは真菌検査を行います。




IMG_0558.jpg






下のスライドグラス(板状のガラス)に、皮膚片をとり
左上のカバーグラスをかけて、その隙間に右上の苛性カリを差し込みます。



数分置いて、顕微鏡で菌を探します。





真菌検査で菌を検出したら、水虫確定です。










似た疾患に汗疱と言われる疾患があります。
足の指の間の汗の管が炎症を起こしたり水疱状になる疾患です。





治療薬が全く違うので、鑑別のためにも真菌検査は大切です。


怪しい症状があれば、まさか赤ちゃんが、と思わずに、検査を受けることをお勧めします病院









診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:22| 足・爪・靴に関する疾患

2018年04月06日

爪のご相談






tume.gif




爪のご相談は、毎年、じわじわ増加する傾向にあります。



その理由を分析すると

・腰痛で、ご自身の爪が切れない。
・昔のハイヒールの足型が狭すぎて、外反母趾と爪変形が生じている。
・爪白癬なるものを広告などで知った。
・シニアの山歩きで爪を潰してしまう。


などなど、様々です。




爪は、外科も内科も取り扱いが難しい疾患で、
やはり皮膚科が見るべき場所なのかなあ、と思います。




気になっていることがあれば、皮膚科にご相談ください。



診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:30| 足・爪・靴に関する疾患

2018年03月22日

爪甲鉤彎症の爪切り






爪母(爪母)の損傷で生じる爪甲鉤彎症。



爪甲鉤彎症





爪切りに来られる患者さんに、あらかじめお願いしていることがあります。







当院では、このような爪切りを用意していますが



IMG_2172-thumbnail2.JPG








私の握力では、硬い爪をバリバリ切ることが難しいことがあるので、
あらかじめ、次の爪切りまでの間、尿素軟膏で軟化させてもらうように
お願いしています。





初診のときは、できるだけ切って、
硬くてそれ以上切ることが無理なときは尿素軟膏を処方し、数週間後に受診していただいています。

水虫の合併があれば抗真菌剤も処方します。





食い込んでいるところから化膿しているときは
抗生物質で治療したり、
合併症が多いのも爪甲鉤彎症の特徴です。




放置せず、
一度はお近くの皮膚科でご相談くださいね。








診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg



















関連記事「毎月、足の爪を切る。」










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:04| 足・爪・靴に関する疾患

2018年03月08日

毎日の歩き方、気にしてみませんか?



歩き方が腰や膝の骨変形、そして外反母趾や巻き爪の原因に
なることはよく知られています。



女性の場合、油断をすると30歳代から、
がに股歩きを始めてしまうことも。


街でよく見かけるのは、バレエリーナのような
つま先を外に向けて逆ハの字のように膝から出す歩き方。

街中でその歩き方ですと、スカートから出た足は
がに股で両膝の間が開いて向こうが見えます。



スクリーンショット 2018-03-08 19.21.29.png





この歩き方で問題となるのは、足の親指の内側に
全体重がかかって蹴り出すフォームなので

外反母趾や巻き爪の原因になります。


加齢や痩せなどで足を高くあげる大腿の筋力が弱くなると
このガニ股歩きになりがちですので
要注意です。
シニア女性には圧倒的にこの歩き方が多いのも、
実は筋力がなくても前に進めるので楽だからです。





足の裏の踵から着地し、足先まで体重移動する歩き方が
理想ですが、意識して訓練しないと、なかなかできません。


そして50歳以上になってから、歩き方を矯正しようとしても
脊椎に歪みが出てしまっていると、もう手遅れなこともあります。




若いからこそ、歩き方に意識が必要なのかもしれません。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 19:25| 足・爪・靴に関する疾患

2018年02月08日

爪白癬の上にネイルはしないほうがいいです。




爪白癬は、爪そのものに水虫菌が感染してしまう疾患で
皮膚科では取り扱いの多いものの1つです。


爪が白濁し、もろくなる症状が生じます。



image2.jpeg




よく、その白い爪を嫌って、ネイルをして隠してしまう患者さんがいます。





9ff25480f16dbb9596b883826fb20b37_t.jpeg
フリー画像です






最も良くないのが、ネイルサロンでの処置です。


施術をする人に感染することもありますし、
道具などを介して他のお客さんに感染させてしまうこともあります。













近年は塗るタイプの外用剤で
従来の市販品よりも格段に効き目の強いのものができました。

image1.jpg





ただし、医院処方の医薬品で薬局などでは変えません。
真菌検査をして菌が検出された場合のみ処方が許されています。





ぜひ、ご相談ください。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:52| 足・爪・靴に関する疾患

2018年01月13日

掌蹠膿疱症と水虫。




掌蹠膿疱症の診断と治療の中で、避けられないのが水虫との関係です。






掌蹠膿疱症は、今でも原因がはっきりしない疾患の一つで、
まるで膿んでいるような水疱が生じる疾患です。




掌蹠膿疱症
E68E8CE8B9A0E886BFE796B1E79787-5c581-thumbnail2.jpg







多くの患者さんが治療に何年も通院した経験があり
その間に皮膚科を転院していく方も多いのですが


よく問診時におっしゃるのが

「最初の皮膚科では掌蹠膿疱症と言われたのに、2番目の皮膚科では水虫と言われた。」


というエピソード。
皆さん、同じようなエピソードがあり、混乱や不信の原因になっているようです。





その原因は、掌蹠膿疱症の治療剤にあると思います。
よくあるケースですが以下のような流れを踏んでしまう患者さんが多いのです。






掌蹠膿疱症と水虫のループ


1掌蹠膿疱症の治療中に水虫が発生し、さらにステロイドを塗ることで(ステロイドは水虫菌を増やすので)菌がどんどん増殖してしまう。





2それでも、前には効いていたので、さらにステロイドを塗る。




3当然悪化する。




4転院する。(医院を変える)




5転院先の医院に行く頃には掌蹠膿疱症の症状の上に水虫菌が重なっている状態で、どちらなのか判然としない。




6真菌検査で調べると水虫が検出される。




7掌蹠膿疱症の症状は水虫にマスキングされているのだが、最初の診断を知らない医師から「これは水虫です」と診断される。





8水虫薬を外用する。




9水虫菌は消え、かゆみや炎症が鎮まるが、隠されていた掌蹠膿疱症の症状は残るので、完治はしないで水疱はやはり残る。




10それでも、水虫薬は少しは効いていたので、さらに塗る。




11掌蹠膿疱症は悪化する。




12転院する。




13「水虫ではなく掌蹠膿疱症です」と診断される。1へ戻る





掌蹠膿疱症の治療のために、
最も多く用いられるのはステロイド外用剤です。
その他にはビタミンD製剤もありますが、
実質、効果が強いのはステロイドの方なので、


初診時には、まずステロイドを処方されることが多く、
患者さんも数日外用していると症状が軽快するので
次の受診時もステロイドをもっと多く処方して欲しいとおっしゃるケースが多いようです。


塗っていて治りそうなら、
通院の手間を省くために大量に処方して欲しいと思うのは当然かもしれません。



しかし、ステロイドには、
靴の中のように高温多湿の部位に塗った場合は
水虫菌を増殖させる強い力があるのです。






そのため、治療中も真菌検査は行い、水虫が出たら早めに対応することが大切です。

また、ステロイドに頼り切らない治療をすることも大切で、
保険で照射できるセラビームはとても効果のある治療法です。




関連記事「掌蹠膿疱症の治療体制も整いました。」












診察のご予約は
医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:06| 足・爪・靴に関する疾患

2017年12月18日

しもやけの季節。窮屈な靴にご注意を。




厳冬の季節になり
足の指のしもやけの患者さんが急増しています。



そこには、窮屈な靴との関係もあるようです。



しもやけ1.gif
フリー画像です。







この写真、よく見ると足の甲に変なシワがあります。




しもやけ2.gif






シワの原因は、無理な足入れ。






本来はこんな大きさの足を
しもやけ3.gif





無理やり窮屈な靴に押し込んだら
しもやけ4.gif





圧迫を受けた部位は結構不良になりしもやけが生じます。

また、爪も横の指にめり込んで陥入し、
骨も歪んで外反母趾になることもあります。





しもやけ8.gif






関連記事「バレエシューズも要注意」





寒いと指先の感覚が鈍くなるので、
窮屈な靴でも痛く感じることがなくなります。
そんな時期ほど要注意。


クリスマスパーティー会場までは、ゆっくりした靴でお出かけいただき
パーティーの2〜3時間の着用にされるといいでしょう。プレゼント







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:28| 足・爪・靴に関する疾患

2017年11月16日

毎月、足の爪を切る。



お若い頃には想像もできなかったことの一つに


「自分の足の爪が切りにくくなる」



ということが、現実になってきます。




理由は



1腰の疾患
figure-1707104__480.jpg
フリー画像でお届けします。




2膝の疾患
arthrocalman-2384253__480.jpg




3爪が分厚くなる
爪甲鉤彎症
(これには爪甲鉤彎症や爪白癬などの原因があります。)






関連記事「爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)は爪白癬とは別の疾患です。」











そんな方々は、こんな風に自分の足に手が届かなかったり
people-2557534__480.jpg



分厚すぎて、ご自分の爪切りで切れなかったり。










そんな方々が、毎月一度、予約をして爪を切りに来ておられます。



当院でできることは

1爪白癬があればその治療
2爪甲鉤彎症ならば尿素軟膏で柔らかくして爪切り



こんな道具で行なっています。


IMG_2172.JPG





時々、ドリルで削って欲しいという方がおられますが
そのような治療は当院では行なっていません。





毎月、爪を切って、翌月の予約をして帰られるご近所の紳士に
冬になって来たので、通院も大変かなあ、と思い


「今度は2ヶ月後にしましょうか」


と申し上げたら


「そんなんしたら先生の顔、見られへんやん」


と言っていただき、ほっこりさせていただきましたいい気分(温泉)
ありがたいお言葉。開業医はそんな一言で癒されます。





お困りの方がおられましたら、よろしければご相談ください。




診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve

診療時間柿本クリニック.jpg











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:34| 足・爪・靴に関する疾患