2024年05月21日

巻き爪のワイヤー治療の会社から資料が届きました。




私の巻き爪治療の経験は20年以上になります。
色々試しました。


重症例に行う、爪母を潰す治療では
部分抜爪後の縫合(鬼塚)
部分抜爪のフェノール法
部分抜爪の電気焼灼法、

などを多く行っています。



爪だけを矯正する治療では
ジェルネイルで板状に形を整え矯正する方法も数多く治療しました。


今は、爪だけを矯正する治療では、この会社のワイヤーを使います。



スクリーンショット 2024-05-21 14.08.31.png



爪の両端にワイヤーを引っ掛けて持ち上げるだけ。
当院では2ヶ月つけっぱなしにしてもらっています。







資料写真で説明します。




スクリーンショット 2024-05-21 14.08.16.png


左が施術前で、
かなり巻いた爪が肉に食い込んでいるのがわかると思います。


右がワイヤーを設置した後の写真です。
施術後すぐに巻きの強さが戻っているのがわかると思います。
当院の患者さんも、痛みが消えた!と喜んでいただいています。




このまま2ヶ月経つと、もっと巻きが治ります。




この治療は、すごーくいいのですが
私不器用なので、何度も何度も失敗してしまい
かなりかなり練習しました。
普通の器用さのドクターなら大丈夫です。



私も今は、長年訓練しただけあって、
しっかり効果を出すことができるまでに腕を上げました。


























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:40| 足・爪・靴に関する疾患

2024年05月20日

外反母趾の爪変化についてのご相談が増えています。




外反母趾は、現在70歳以上の方に重症の方が多いように思いますが

30歳代でも進行しかけている方もおられ、
爪が痛い、足底に魚の目ができる、ということをきっかけに受診され






IMG_4962.jpeg








外反母趾が始まっていることを当院で発見するケースも多いです。









IMG_4964.jpeg









当院では、これらの写真集をお見せしながら、
現在の状態の進行度をお話しし、







どうすればできるだけオシャレを楽しみながら
外反母趾対策ができるか









IMG_4965.jpeg







なかなか靴屋さんでもわかりにくい、骨構造の話をして
患者さんがご自身の足の構造を理解してくださるように
しています。








「足を見せるのは恥ずかしくて」






とおっしゃる方がとても多いのですが






早い段階で、どうすれば進行を防げるかを知っていただくと
その後はとても変わってくると思いますので
ご相談ください。


















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:06| 足・爪・靴に関する疾患

2024年05月13日

巨大指、巨大爪から生じる陥入爪



色々な種類の陥入爪の治療をしています。

靴が原因、外反母趾が原因、という陥入爪は
圧倒的に40歳以上の女性に多く、治療は比較的容易です。






対して、
巨大指、巨大爪が原因の陥入爪は、治療に手こずります。
10代の、男性の方が多いかな、と思います。




大きな親指と

スクリーンショット 2024-05-13 16.17.20.png




大きな爪幅



スクリーンショット 2024-05-13 16.19.36.png






この爪幅が両側の肉に食い込んで出血し腫れ上がります。






スクリーンショット 2024-05-13 16.20.35.png







足と爪の構造上の問題があるので、
相当に靴選びを気をつけないと発症しますし


一旦発症すると、手術以外の方法では完治しにくいのが特徴です。








posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:34| 足・爪・靴に関する疾患

2024年03月30日

ケガで爪の下に血が溜まっている「爪下血腫」の血抜きについて



スクリーンショット 2024-03-30 8.56.36.png







ケガで、足の爪の下に血が貯留する「爪下血腫」のご相談が
相次いでありました。


春のアクティブな気候と関係があるのかもしれませんね。













爪下血腫について、原因と治療をお話します。













爪下血腫(そうかけっしゅ)は











爪の下に


爪下血腫.png















血が貯留している状態(血腫)です。











あまり痛くなく黒くなっていることで気づく場合と、
痛みで我慢できずに気づく場合があります。











爪下血腫2.png













痛みに気づきにくいパターンは、
長く歩行した時や登山で、
靴の圧で爪が押される場合に多いようです。









爪下血腫4.png












激痛があるのは、上から重いものを落とした時に多いようです。









爪下血腫3.png


















そのような圧で、爪の下に出血が生じます。










爪下血腫5.png













その血溜まりを血腫と言いますが、それによって
爪はぷかぷか浮いたようになります。











爪下血腫4.5.png













治療は






痛みが強くない場合は、生え替わりを待ちます。












下から新しい爪が生えてくると





スクリーンショット 2024-03-30 13.16.23.png
















黒い爪は追い出されるように入れ替わります。

完全に入れ替わるのに6ヶ月から1年かかります。









スクリーンショット 2024-03-30 13.18.24.png













痛い場合は、爪の下に多量の血液が出口を求めて貯留している状態なので
針などで穴を開けて、












爪下血腫6.png













血を出します。



爪下血腫7.png






その場で痛みが軽減するので、喜んでいただいております。













































posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:29| 足・爪・靴に関する疾患

2024年02月16日

春のお出かけシーズン。足元のむくみや指や爪の痛みには靴で対策を




スクリーンショット 2024-02-16 18.26.45.png




お花見に、行楽に、ご家族ご友人とのお出かけの時

「少し歩くと足指が痛くて」


というご相談を受けます。



治療もしておりますが、その前に、現在の靴で本当に合っているのか
そのことも見直してみてください。




大きくすぎてもだめ、小さすぎてもだめ

そんな靴選びについて以前書いた記事です。
陥入爪や巻き爪だけでなく、足指が痛い方全てに当てはまりますので

ご高覧ください。



関連記事
陥入爪の人にお勧めするスニーカーの履き方




kakato-thumbnail2.png












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:31| 足・爪・靴に関する疾患

2023年12月21日

パーティーシーズ、靴選びにご注意ください。





年末年始、おしゃれをしてお出かけの機会も増える頃となりました。

当院は女性の足のトラブルの患者さんが多いのですが
その方々にも、靴選びに注意が必要なシーズンとなりました。



スクリーンショット 2023-12-21 10.56.10.png





人の足です。



スクリーンショット 2023-12-21 10.20.33.png




その中にある骨です。



スクリーンショット 2023-12-21 10.21.59.png







緑のラインで囲んだゾーンが、最も足のトラブルの起きるゾーンです。



スクリーンショット 2023-12-21 10.25.13.png




小さな骨が関節でつながっているだけのゾーンで、
骨たちは自由に動けてしまうので、
どんな小さな箱のような場所にでも収まってしまいます。





靴のなか柿本クリニック.jpg



上の写真ですが、
第1趾の爪の横は押し込められ
 (陥入爪の原因)

第2趾は元々指が長いのに伸びきることができず折り畳まれ
 (ハンマートウの原因)

第4第5趾は内側に押されて90度以上外に反転
 (内反小趾の原因)(爪も潰れます)






対策ですが

もっとご自分の足を知りましょう!




足を裏から見てみましょう





スクリーンショット 2023-12-21 9.52.24.png







さっきの骨が多いゾーンは、この緑のラインで囲んだ部分です。




スクリーンショット 2023-12-21 9.52.13.png








この部分が、できるだけ伸び伸び入る靴を探しましょう。







そのためには、靴のサイズをもう少し大きくして
前に滑らないように、ジェル状の中敷を敷くのも有効です。





スクリーンショット 2023-12-20 11.01.38.png




小さいサイズの靴でこれをやってしまうと
余計に指骨の収納スペースがなくなるので



自分で思っているサイズより1〜2サイズ上の靴で行ってください。




探すの大変だけど、1足あればいい、という思いで探してください!

女子力高めのみんな!頑張っておしゃれしてね!



























posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:44| 足・爪・靴に関する疾患

2023年08月29日

陥入爪の人にお勧めするスニーカーの履き方




陥入爪や巻き爪の原因の大部分は靴です。






靴といっても、こんなヒールばかりが原因ではありません


スクリーンショット 2023-08-29 9.45.30.png






スニーカーだって原因になります。


スクリーンショット 2023-08-29 11.03.42.png








スニーカーの幅が広いのは途中まで。
そこに親指が止まっていないといけません。





スクリーンショット 2023-08-29 10.18.52.png







前の方は狭い空間なので、
そこに足が入っていっては爪も押されます。


スクリーンショット 2023-08-29 11.01.31.png





スクリーンショット 2023-08-29 16.05.24.png














比べてみてください。

スクリーンショット 2023-08-29 10.18.52.png
スクリーンショット 2023-08-29 11.01.31.png







そのために、かかと方面に足を固定します。



kakato.png






爪が痛いので大きめの靴で。というのは半分は合っています。
ただ、前滑りしてはいけない、と覚えておいてください。













kakato.png


posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:09| 足・爪・靴に関する疾患

2023年07月25日

タオルでしごき洗いはNG!



「水虫がひどくなって」

と来院される方、特に男性の方の多いのですが



こんな状態。




tinea3.png



黄色い汁が付着してただれています。
足の甲にまで広がっているのが特徴で、これは果たして水虫でしょうか。







普通水虫は真菌の感染症なので、
重症になっても透明か白い水疱です。




tinea4.png







そこに化膿菌が感染すると赤くなったりします。
こうなると市販の水虫薬では治りません。
水虫と化膿の両方の治療が必要です。



tinea5.png






そして最初に戻って、これですが



tinea3.png




もう一つ、よく見ると白いパウダーまみれなこともあります。



tinea2.png








こんな状況の時の多くが「水虫薬のかぶれ」です。
白いパウダーは乾燥剤で、市販の水虫薬です。






そして、もう一つ悪化させる要因が、タオルを指の間に挟んで
強い力でゴシゴシ洗う「しごき洗い」です。
これは、よくある、皮膚科医も見逃しがちな患者さんの行動ですので、
問診時に気をつけて聞くようにしています。







tinea1.png






弱っている皮膚を強い力で洗ってしまうと
治ることなく、重症化します。




こうしてしまう多くの方のお気持ちには


「水虫は不潔な疾患なので、力強く洗浄しなくては」


と、まるで油まみれの換気扇を洗うような気持ちでおられるようで



強い洗浄をやめるようにお話ししても聞き入れてくださらない方もおられます。




しかし、

「交通事故で転倒してできた傷を、タオルでゴシゴシしたら
 傷がひろがって重症化しますでしょ、
 それと同じ原理ですよ」



と説明しますと、ご理解いただけます。



何事も、ほどほどに、お願いしたいです。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:49| 足・爪・靴に関する疾患

2023年07月22日

暑い夏の冷える足元。水虫いご注意を。




この季節になると細身の人の水虫の患者さんが増えます。





そういう方に

「もしかして、ソックス履いて寝ておられませんか?」



legsox2.png





とお尋ねすると


「冷えるので」


legcool.png




とのお返事をいただくことが多いです。









ご自身の「冷える感覚」とは別に

夜間、靴下の中の温度や湿度は、水虫菌には大変快適な場所になってしまいます。









せめて、足先だけは換気のできる
レッグウォーマーで冷えを予防してください。






legsox.png







古い靴下の、足先だけハサミで切ったものでも
代用ができると思います。


soxold.png







また、水虫の検査は簡単に皮膚科で受けられますので、
お気軽に受診してください。







恥ずかしがらないでください。
皆さんが思っているより遥かに多く、
清潔な女性にも発症しています。





思わぬところで感染し、その後高温多湿な環境で繁殖して定着します。
1度だけ行った場所で感染、ということもありえます。






また、水虫に似た、他の疾患もあるので
なるべく市販薬に頼らず、受診をお勧めします。
































posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:19| 足・爪・靴に関する疾患

2022年11月15日

爪周囲の腫れ!まずは日頃の靴の見直しから。






スクリーンショット 2022-11-15 16.37.19.png








爪の周囲を出血させたり、赤い腫れを生じさせて来院される方は
ほとんどが学生さんです。




治療も行いますが、まずは靴の見直しをお願いします。





関連記事 「巻き爪の治療(軽症の時)」
「巻き爪の治療(やや重症の時)」
巻き爪の治療(重症の時)
巻き爪の治療(不良肉芽のある時)







この症状の原因は、靴に押されて、爪が食い込むことで生じます。






E999A5E585A5E788AA1-thumbnail2.jpg








決して、小さい靴だからなるわけでもなく、
多くの場合、甲の薄い人の前滑りで生じます。





E5B7BBE3818DE788AA3-thumbnail2.jpg







甲を締めて、前に滑らせないことが大切です。





E5B7BBE3818DE788AA4-thumbnail2.jpg






今の靴、それに適合できていますか?
治療と同時進行で、そのことにも留意してください。

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:15| 足・爪・靴に関する疾患
kakimotoclinicA4