2019年10月29日

蕁麻疹、アトピーを悪化させないように自律神経のコントロールを。





自律神経って言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

まだまだ謎の多いのが自律神経なのですが多くの病気に関わっていることは知られています。


心療内科部門の病気だけでなく、皮膚科部門では、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹などのアレルギー疾患との関与が知られています。


自律神経は日中は交感神経、夜間は副交感神経が体を支配します。

交感神経は、動物でいうと狩の時間のようにどちらかというと体を緊張状態に置きます。

副交感神経は、休息を促し、安静睡眠や腸管の動きを導きます。



このパターンは24時間で交互に繰り返されるが理想的な人間の生活パターンです。



仕事上、どうしても夜間に働かねばならない人は、本来休息をさせたい副交感神経の働く時間が短くなります。
さらに短い睡眠で次の仕事に向かわねばなりませんが、交感神経がバリバリと働かせた脳は、休息が必要な時間にもそれほど早く切り替わりません。眠れない夜に行いがちなのは、テレビやスマホを見る行為です。



しかし、テレビやスマホのスクリーンの光源は、交感神経を刺激し、人の体はますます副交感神経が支配する時間が少なくなります。


と、偉そうなことを言いますが、私も時差のある海外サッカーの結果が気になってつい遅くまで見てしまいます。(反省)



しかしながら
もし蕁麻疹や、アトピー性皮膚炎の増悪で困っているのであれば、副交感神経の働く時間をちゃんと夜間に作ってあげてください。部屋を暗くし、穏やかな呼吸で深い睡眠を促してみてください。私の診療の経験上、少し軽快に導けると思います。




makihatayama.jpg


写真は、新潟県にある巻機山の秋の様子です。

















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:15| アトピー性皮膚炎

2019年10月26日

次のお手入れの計画はお済みですか。



肌の生まれ変わる周期は平均45日。
次のお手入れのご予約はお済みでしょうか。




IMG_4088.JPG





美を叶えるクリニック
(2019.10文芸春秋社 CREA )












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:02| スーパーフォト治療 ・スターラックス

2019年10月21日

セラビーム紫外線治療の通院の方法



セラビームとは
セラビームは、
アトピー性皮膚炎などの炎症の原因である「暴走している白血球」だけを
ターゲットにして消滅させることのできる 光線療法医療機器です。




E382BBE383A9E38393E383BCE383A0-d2dbb-thumbnail2-thumbnail2.jpg



対応となる疾患
当院では卓上型のセラビームminiを採用しているので
全身型の疾患には対応が困難ですが

アトピー性皮膚炎の手荒れの増悪や掌蹠膿疱症で
多くの患者さんが通院されています。




治療方法と通院回数
セラビームの、治療通院の方法ですが

日焼けなどの症状が出ないように低い出力からスタートして
効果の出始める出力に達したら、そこから10回から20回の
治療で治癒にたどり着きます。


「効果の出始める出力」までは徐々に出力を上昇させるのですが
手応えを感じるまでに10回以上の照射が必要な場合や、
最初の1回で効果が出る場合もあります。


通院の頻度は、最初はできれば週に2回照射して
出力を上げていきたいところです。


だからと言って、そうでなければならないわけではなく
ゆっくりとしたペースで治療されている方もおられます。


予約をどうぞ
春日町移転後は私が直接照射しているので
予約時間をしっかり定めることが難しくなっておりますが、
出来るだけご希望の時間に照射しておりますので
次回受診日を予約してください。

お電話でも受けつけております。


予約 0797340400







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:54| セラビーム紫外線治療

2019年10月19日

2019年10月17日

あらためて、台風被害のお見舞い申し上げます。



先週末の台風19号の被害に遭われた皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。


時間が経つにつれ、当院ともお繋がりのある皆様の被害状況をお知らせいただき、深刻な状況に言葉を失っております。

それらのご連絡の中には、
「阪神・淡路大震災をくぐり抜けた皆さんの勇気やご努力を励めに思って頑張る」というお言葉もありました。

平成7年の震災で甚大な被害を受けた土地である私たちは、各地で大きな災害があるたびに、瞬時にあの時のことが蘇ります。東日本大震災の直後は、当時の日誌を読み返すと、共鳴して具合の悪くなる方、一人でいることが怖くなり待合室を訪ねてくださる方なども多うございました。

何とか、今を迎えていますが、決して消えない記憶であり、それゆえに被災者の方々の痛みも強く感じております。

どう、お助けできるか、頭を悩ましていますが、遠く離れた兵庫県に皆様の復興を応援している者たちがたくさんいることをどうか忘れないでください。
直接、ご連絡が取れていない方々へも、この場を借りて心よりのお見舞いを申し上げます。


どうか1日も早く、穏やかな日常が戻ってこられますように、心より祈っております。



川畑香






IMG_6954.JPG















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:08| 医院からのお知らせ