2018年11月24日

保湿剤に対する使用上の注意。



IMG_1285.jpg



椿の花がほころび始める季節。

アトピー性皮膚炎の肌の方は、
通年、通常以上の乾燥肌なのですが、

この寒気と寒風、低湿度の気候では
一気に乾燥肌が進行します。


小さなお子さんの場合、
まだ女性ホルモンや男性ホルモンの分泌量が少ないので
そのホルモンによってもたらされる油気もないので

ますます、この季節は乾燥があっという間に進行します。



乾燥肌を放置すると、かゆみから描き破って
湿疹状態に進行します。



保湿剤は、ちょっとだけ時々塗っても効果は薄く


水性のものと油性のものの重ね塗りで
1日に3から5回は外用して
しっかりとした保湿を心がけてください。



市販のものでもいいですが
一度皮膚科で処方してもらって塗り方を学ぶの大切です。


注意
保湿剤も、薬剤です。
本人がいつから何グラム処方されてどの期間で使用し
改善されたかどうかが、全てカルテに記録します。

また、その内容は、ご本人の所属する社会保険団体などに
請求され記録されています。

そして化粧品ではないので、処方された本人以外が使用することは
禁じられています。

当院でも、たとえ兄弟でも、薬を使い回しせずに
当人だけのものを使用するようにお伝えしています。






















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:11| アトピー性皮膚炎

2018年11月20日

期間限定のつもりだった「ちょっとだけシワ取りボトックス」、好評につきこのまま続行します。




ボトックスおでこ.jpg





ボトックスビスタ50単位をおでこ〜首のシワまでに注入する施術(5万円税別)
とは別に


そこまで完璧にシワは止めなくていい、という方に向けて始めた
「ちょっとだけシワ取り」。(8単位注入で1万円税別)











期間限定の予定でしたが、大変好評でございますので、
このまま無期限延長しようと思います。





施術の8単位の使い方は自由で、2セットを一度に注入することもできます。
例えば

施術例

1)おでこに軽いシワがあるだけの方 1セット(1万円税別) 
2)おでこのシワが深いので、おでこに16単位2セット(2万円税別)注入


3)みけんとカラスの足跡の2カ所が気になるので各々に8単位ずつを2セット(2万円税別)注入
4)顎の梅干しシワと眉間のシワに1セット(1万円税別)を分けて注入


5)おでこと目元の2ヶ所が気になるが、目元は軽いシワ、おでこは深いシワなので
  2セット16単位のうち、10単位をおでこに、目元には残りの6単位を注入。




などの施術を行うことができます。









関連記事「生き生きとした表情を優先させるか、しわを取るか。」
    「ちょっとだけシワ取り」をしたいあなたへ。ライトBOTOXのご提案。8月からの期間限定」





ご興味がある方、
まずはシワのできる原因となっている筋肉の動きについて
(各人、全く違うので)
詳しく診察しますので、受診をお願いいたします。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:02| ボトックスビスタ

2018年11月19日

いけばな新作。日本画といけばなと。






嵯峨御流、吉田泰巳先生がお花をいけに来てくださいました。







IMG_8784.JPG










先日の花器を使って、新たな作品は、こんなに豪華。






IMG_6484.jpg






屏風の日本画に使われている白い色の絵の具は
胡粉(ごふん)というのもで、貝殻を砕いて作る古来からの日本の絵の具です。


その胡粉の色を引き立たせるように、
ブーケのような白い花々。






IMG_6485.JPG





先生の創造力が冴え渡っていますぴかぴか(新しい)
先生、本日もありがとうございました。





(屏風、1ヶ月ほどでしまう予定でしたが、
 もうちょっと出しておこうかな・・・・。)














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 14:17| いけばな吉田泰巳先生の世界

2018年11月17日

アトピー性皮膚炎への紫外線治療を続行していくと





アトピー性皮膚炎の中でも
特に手荒れ症状や顔面の症状に効果的なのが
ターゲット型エキシマライトセラビームによる光線療法を
当院でもよく行なっています。


ターゲット型エキシマライトセラビームは、
ステロイドの使用量を制限したい、しかし重症である患部には
評価の高い治療法です。






なぜ、顔面や手指への照射をお勧めするかには理由があります。


顔は
ステロイドの副作用である毛細血管拡張が非常に生じやすい場所なので
ステロイドをあまり使用しないで治療効果を上げる必要があるからです。




97e646fb45fca26522156efd972a1033_s.jpg





手指は
一度塗った外用剤が、作業ですぐ取れてしまいやすく
外用剤だけでの効果を出すことが難しいからです。






e144c87839d3f8a5fae0882db61d6b21_l.jpg










これら患部に、効果的に最適な出力で照射するためには
最初は低い出力で照射を始め、患部の様子を見て出力を
上げていく必要があります。







IMG_1280.jpg

回数が重なるごとに出力を上げ、
効果の出はじめた出力で、完治まで数回照射します。









よく、セラビーム照射を勧めた時に尋ねられる質問で

「ずっと照射しないとダメなのですか」


というものがあります。




当院の場合では、
セラビームに通院されている方々の多くは、従来の治療法で効果のない方。
それでも治したくて、そのためには通院も厭わない方々のようです。







では、セラビームを用いない場合はどんな治療法があるでしょうか。

アトピーがある方の、重症の顔面や手指の場合、
たどる治療法には以下のような流れが考えられます。



1  保湿剤や非ステロイドでの治療。

2  1が効かない場合、薬を強める。ステロイドの外用剤の使用開始。

3 すぐ治れば、終了。

4 しばらくして再発。12に戻る。



このようなことを繰り返しているうちに、顔面の毛細血管拡張症が発症してしまいます。

毛細血管拡張症は、皮膚の下を流れている血管が、ステロイドの副作用で太くなり
薄い皮膚を透過して血管が見えるようになる方もいれば、

皮下の流れる血流量が著しく増えて
お風呂に入るだけで真っ赤な茹で上がったような顔になる現象です。





そんな状況を解決してくれるのが、
当院におけるセラビーム治療です。
ぜひご相談ください。















posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:56| アトピー性皮膚炎

2018年11月16日

昨日はヒートマスク日和。今日は?





昨日は、なぜだか皆さん同じ日に集中して
ヒートマスク導入の予約の方が大変多く

少しお待たせしながらの施術になりました。
ここにお詫び申し上げます。


乾燥シーズン到来で、確実な保湿シワ取りができる施術を
思い立たれたのだろうと思います。



夏にいっぱい浴びた紫外線が、そろそろメラニンの沈着となって
くすみの原因となる時期でもあり
保湿だけでなく、メラニン抑制効果があるヒートマスクは、
私自身も11月12月は欠かせない施術です。





しかし、
そんなヒートマスクデーだった昨日から
今日は少しゆったりした予約状況に戻っています。
夜診の時間帯もご予約をお受けできますのでご用命ください。







今日は、私には楽しみなサッカー日本代表戦があります。




wp_1024.jpg






(なのに、今日は白衣下に着てくるの忘れた。)

IMG_1105.jpg




でも、応援してます。
今日も勝ってください!






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:07| 医療以外のつぶやき