2021年10月12日

陥入爪などのご相談が多いので、手術日程を増やして対応しております。

スクリーンショット 2021-10-07 17.33.18.png


爪が周囲の肉に食い込んで腫れ上がるような症状の方が多く来院されています。
コロナ禍でウォーキングなどの野外の趣味の方が急増している背景があるのかも知れません。

水曜日の午前中に手術日を設定していますが、年内の予約枠が埋まりつつあるので
午後4時からも手術枠に充てて対応しています。


手術を恐れて受診が遅れる、重症化させるケースも多いように感じます。
できるだけ手術を回避するようにしたいので、重症化する前にご相談ください。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 07:18| 湿潤治療・ケガ、やけど

2021年10月08日

芦屋市合理的配慮提供支援助成事業を「広報あしや」でご紹介いただくことになりました。

芦屋市合理的配慮提供支援助成事業

をご存知でしょうか。

芦屋市内に事業所をおく民間事業者が、障がいのある人に必要な合理的配慮の提供を行った場合、その費用の一部を助成する支援助成事業で令和3年1月より開始されたものです。


詳細は市のホームページをご覧ください。


当院の場合は幸いなことに助成の条件に合致していたので、補助金を受けることで、先日、階段に手すりを設けることができました。



kakimotoclinic.png




設置後、下肢に障がいがある方々にとても好評で、喜んでいただいております。



その助成申請の過程で大変お世話になった芦屋市福祉部障がい福祉課の皆様が、2021年12月号の「広報あしや」で、この事業を芦屋市民の皆様に報告したいと、昨日当院に取材に来られました。

2BF90FB4-86DA-4580-8E8F-2AB5E4780017.jpeg

左から
広報国際交流課広報係長 宮本様
障がい福祉課障がい福祉係長 長谷様
芦屋市福祉部障がい福祉課長 柏原様
柿本クリニック院長川畑
でございます。



少しでも多くの方にこの事業が周知されるようになれば、とご協力させていただきました。
「広報あしや」はオンラインでもご覧になれますので、発刊になりましたらまたお知らせいたします。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:01| 医院からのお知らせ

2021年10月07日

足爪の疾患について、ホームページもリニューアル中です。

当院では以下の様な爪の疾患に対しての治療を行っています。
ご相談ください。

スクリーンショット 2021-10-07 17.32.10.png
スクリーンショット 2021-10-07 17.32.23.png
スクリーンショット 2021-10-07 17.32.34.png
スクリーンショット 2021-10-07 17.32.48.png
スクリーンショット 2021-10-07 17.32.58.png
スクリーンショット 2021-10-07 17.33.07.png
スクリーンショット 2021-10-07 17.33.18.png
スクリーンショット 2021-10-07 17.33.27.png
スクリーンショット 2021-10-07 17.33.39.png





posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 18:13| 足・爪・靴に関する疾患

2021年10月05日

ボットクスの初めての方がとても増えていますので、近々「初めてガイド」掲載します。



全く未体験のボトックスのご相談の方が増えています。
また、他医院で受けた事があるけど、理論的なことの説明がなく不安だった、
という方も今年に入り来院が増えているように思います。

ボトックスは、アメリカ西海岸で大流行する様になったきっかけは
「ランチタイムボトックス」という軽いノリが背景にありました。


しかし人間の顔は、みんな違った頭蓋骨格、筋肉配置、筋肉量でできているので

私はいつも美しいイラストの顔面筋肉の解剖書を取り出して説明いたします。



25AE75B5-3725-4D23-A505-989DE5F2EE4C.jpeg



そして何より大切なのは、全部止めない事。
かえって老けてしまう事を心配します。
特に初めての方はゆっくり用心して少量を。
当院のライトボトックスをまず1パックのみ、をおすすめします。





今朝の庭から持ってきた花たち。
前にブログにも書きましたが、
長くもってほしいから、茎を短くする事が出来なくて、
かっこよくいけるよりあるがままで花器に放り込んでしまいます。
ワイルドでしょう?



C4156304-CA7F-4E37-A49F-C51A7F14A409.jpeg

ススキ
サザンカ
サルスベリ
フレドリックミストラル
ニュードーン
ピエールドゥロンサール







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:29| ボトックスビスタ

2021年10月01日

緊急事態宣言解除、秋の美容医療は「ピンクジュルヒートマスク」にお任せください。


長かった緊急事態宣言も解除されました。
当院はその間も慎重に感染対策をしながら美容医療を行っていました。


しかし、ご自身の事情で来院を控えていた方々もおられます。

今日で県を跨いでの移動抑制も解除になりました。

ピンクジェル開発から15ヶ月。さらに施術技術に磨きをかけました。
結果の出る美容医療で皆様との再会をお待ちしております。




スクリーンショット 2021-06-29 9.42.27.png
ピンクジェルヒートマスクデコルテまでのコース




垂れ頬を
スクリーンショット 2021-06-29 11.29.24.png





引き上げ引き締めます。
スクリーンショット 2021-06-29 11.31.16.png











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:35| ピンクジェルヒートマスク

2021年09月28日

その手荒れ、掌蹠膿疱症かも


掌蹠膿疱症は、現在でも原因に諸説ある疾患で、はっきり究明されていない疾患です。


手のひらや指先、足の裏に
小さな水疱や赤い点々が発症し、それらが弾けるように破れて、
お互いにつながるように広がっていきます。


よく水虫や手荒れに間違えられることがあります。


治療法は、
1)紫外線の照射
2)ステロイド外用
3)保湿剤外用
4)ビオチンの内服

などが効果的で、当院でも取扱の多い疾患です。


昔は本当に治りにくい手こずる疾患でしたが、ビオチン内服と紫外線照射が
登場してからは、治療成績も向上しました。

紫外線は、照射強度を徐々に上げながら数回の通院が必要です。
現在は掌蹠膿疱症への照射が保険診療可能になりましたのでご相談も増えています。



また、アトピー性皮膚炎の方の手荒れ症状にもこの紫外線照射は保険診療可能ですし、効果もあります。
外用療法だけで効果の薄い方にはよくお勧めしております。



260B2B2C-3511-434D-B97B-16D7E113086F.jpeg










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:24| セラビーム紫外線治療

2021年09月24日

当院への階段にテストが設置されました。



kakimotoclinic.png


本日より手すりが設置されております。
どうぞご利用ください。




posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:57| 医院からのお知らせ

2021年09月21日

スペシャルセットのご案内


スターターセットだけでは物足りない乾燥した季節を迎え、
ご要望の多いモイスチャーエッセンスを加えたセットを作りました。


スメシャルセット


specialset.JPG




モイスチャライザー120mlとナリシングクリーム33gとモイスチャーエッセンス30ml のセットです。
モイスチャーエッセンスは目元口元などのデリケートな場所に押さえるように塗っていただくと効果的です。

 
スターターセットとモイスチャーエッセンスの
通常価格16,500円(税込)のところ

期間限定の販売価格 15,000円(税込)。



ご購入はこちらからどうぞ。






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:59| 当院のオリジナル化粧品

「堀尾昭子の現在」展 @西脇市岡之山美術館


緊急事態宣言発令下の兵庫県。連休にも繁華街に出ることは憚られた私ですが
すごく楽しみにしていた展覧会が西脇で始まったので、夫と行って参りました。

(想像通り、人はまばらで安全この上ない状況だったことを、まずご報告いたします。)




「堀尾昭子の現在」展

horioakikonishiwaki.jpg



堀尾昭子先生は、1937 生まれ。
兵庫県が産んだ芸術集団「具体」のメンバーで、現在も定期的な発表を熱狂的なファンが待ち望んでいる作家です。


現代アートの分野の一つに「ミニマリズム」という分野があります。
「完成度を追求するために、装飾的趣向を凝らすのではなく、むしろそれらを必要最小限まで省略する表現スタイル」
と説明されています。



そのミニマリズム芸術において現代で最高峰に位置しているのが、堀尾昭子先生です。



人の考えはいつも右往左往します。
ある一つの悩み事をいろいろ脚色したり膨らませたり転がして肥大化させてしまいがちです。

私は、堀尾先生のミニマルの作品を見ると、その肥大した無駄な贅肉が
頭の中でスカッと削ぎ落とされる爽快感を覚えます。



先生の作品作りの工程を伺っていると、納得します。
ずっと眺めていて、削ぎ落として作品が小さくなることも多いそうです。


悩み事を時間をかけて転がして肥大化させる凡人の私には、
先生のこの爽快な生き方に、本当に憧れます。先生みたいになりたい、と
作品を見るたびに思います。



美術館にはたまたま昭子先生もおられましたので、ご挨拶。
お姿が拝見できて感激。





来年には、きっと世界に衝撃を与えるだろうと思われる展覧会が東京の某美術館で開催されるとのこと。
今のうちに、まだ兵庫の私たちの身近におられるうちに、ぜひ、ご覧いただきたい展示でした。








西脇市岡之山美術館

「堀尾昭子の現在」展
【開催期間】 2021年9月19日(日)〜12月5日(日)
【休 館 日】 月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日
【開館時間】 10:00〜17:00(入館16:30まで) 
【入 館 料】 大人300円(250円)
       シルバー250円(200円)
       高大生200円(150円)
       小中生100円(70円)







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:23| 医療以外のつぶやき

2021年09月09日

新しい夜明け(ニュー ドーン)が待ち遠しい。



90CECE75-14CC-45EF-808C-EB4B84C0708F.jpeg



15年くらい前に植えたつるバラは、手をかけてあげなくても毎年沢山の花を咲かせてくれています。
地植えしてしまえば、放置でも大丈夫なくらい。(水あげるの忘れたりしてごめんね、です。)


何という品種なのかわからずに来ていましたが、調べるとどうも「ニュードーン(新しい夜明け)」という
品種であることがわかりました。


1930年にアメリカで作られた品種で、非常に丈夫で強いそう。


別名「暴れん坊」とも言われる程、枝の伸びが勢いよく、
冬にバッサリ剪定しても春のシーズンになると大量の花を咲かせてくれます。

淡いピンクはなんとも愛らしく、香りもとても品よく、いいことづくめなのですが。。。
トゲがすごく大きくて痛いので、バラ用の革手袋が必携です。
革手袋なしだと血だらけ。。。



そんなバラを今朝のブースにいけました。
コロナ後の、ニュードーンを夢見て。


後ろは同じく庭のスダチの古木から。










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:02| 医療以外のつぶやき
kakimotoclinicA4