2019年10月04日

シワの分類







シワの種類には、動と静があります。




このフリー画像を元にお話ししましょう。






siwakakou3.jpg








とても美しい女性です。
年齢を重ね、この女性の生きてきた姿が顔に映し出されています。






穏やかに微笑んでいる状態、つまり「静」の状態です。





siwakakou3.jpg






この静の状態でも、よく見ると折りじわのようにシワが刻まれているのが
わかります。それらを分析していきましょう。





siwakakou4.jpg










1)額のシワ
スクリーンショット 2019-10-04 15.38.22.png





このシワが生じる原因は、このような表情です。

Depositphotos_6320428_l-2015.jpg





2)眉間のシワ
スクリーンショット 2019-10-04 15.39.39.png





このシワが生じる原因は、このような表情です。

Depositphotos_20186187_l-2015.jpg





3)目元のシワ
スクリーンショット 2019-10-04 15.41.38.png




このシワが生じる原因は、このような表情です。

シワ加工2.jpg





上記のように、静の状態にも関わらず、
同じ動きが繰り返し起こっていると、折りじわのようなシワが
刻み込まれてしまいます。




静の中に動を医師が見つけることができるかどうか、
治療効果は変わってきます。



このようなシワが刻み付けられる前に、ボトックス。
刻まれた後では、完全消去は難しいですがヒアルロン酸の注入で
治療します。











4)口元のシワ
スクリーンショット 2019-10-04 15.57.04.png



このシワが生じる原因は、少し複雑です。

ここにくぼみがるのがお分かりでしょうか。
スクリーンショット 2019-10-04 15.43.22.png



本来ここにあった脂肪の束が、加齢と共に下垂してきているのです。
スクリーンショット 2019-10-04 15.47.20.png






こういうことです。
E382B4E383ABE382B4E382A2E3838BE383A1-thumbnail2.gif







このくぼみの存在を医師が見つけられるかどうか、
治療効果は変わってきます。




頬を穏やかに膨らませ、ほうれい線に垂れ込めた脂肪を引き上げる。
これはカニューレを使った、ヒアルロン酸の注入で
行うことができます。
人物の顔を立体視でき、彫刻作品の補正のように治していくには
技術だけでなく、美術的なひらめきも必要です。







みんな違う顔。
みんな違う生活。
みんな違う表情。

そして、医院では、ご希望やご予算もみなさん違います。


だからこそ、シワ治療に教科書はなく、ご提案とリラックスした対話が最も大切です。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:31| ボトックスビスタ

2019年10月03日

加齢による変化の理由と。それに対応する医療。


顔に加齢を感じる時、どんな変化が起こっているのでしょうか。



フリー画像加齢のシミュレーション.jpg






(顔の構成)
まず、顔を構成している要素は大きく分けて

1)皮膚表面
2)筋肉(皮下組織)
3)骨格





その各々が、加齢により変化していきます。
そしてそれに対する対応も各々違います。



(部位別の加齢とは)
1)皮膚表面の加齢

女性顔フリー画像.jpg


皮膚表面に生じる変化は
 
 肝斑
 老人性色素斑(しみ)
 老人性疣贅(いぼ)
 毛穴の開き
 艶の低下




2)筋肉(皮下組織)の加齢
  
女性顔筋肉フリー画像.jpg


筋肉(皮下組織)に生じる変化は

 筋力低下
 筋肉量の減少
 上記から生じるたるみ、しわ






3)骨格の加齢





頭蓋骨フリー画像.jpg


骨格に生じる変化は
 加齢により骨は縮みます。
 額、頬、顎の骨の収縮
 それによる顔面の歪み、しわ、たるみ












上記の合算が、下の写真のような経年変化をもたらします。




フリー画像加齢のシミュレーション.jpg








対策は、早いほど良く、
遅くとも40代にはスタートすることが
推奨されます。





(治療について)
当院で行なっている治療は


1)皮膚表面へのアプローチ

スクリーンショット 2019-10-03 11.44.11.png
Qスイッチルビーレーザー治療
スーパーフォト治療
アクシダーム治療

液体窒素治療
ヒートマスク施術





2)筋肉へのアプローチ

スクリーンショット 2019-10-03 11.44.20.png
スーパーフォト治療
ボトックス注入
ヒアルロン酸注入





2)骨格へのアプローチ
スクリーンショット 2019-10-03 11.44.26.png
ヒアルロン酸注入










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 16:42| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年09月28日

足指の間のジクジクは、何が原因かを推察することから。



足の指の間が腫れ上がり、浸出液で靴下がぐっしょり濡れて
来院する方は、毎週のようにおられます。


この場合、いくつかの疾患が考えられます。


1)水虫の悪化
2)水虫に、別の化膿菌が感染したもの
3)なんらかのかぶれ(多くは水虫薬)
4)過剰な洗浄で皮膚を痛めた



まずは真菌検査を行って、
水虫菌がいるかどうかを見て、
そこからは患者さん本人から事情を聴取し、
原因を推測し治療方針を決めます。





治療方針は、

1)水虫の悪化
水虫薬を塗っていたかどうかでも判断が変わります。
塗っていたのであれば、その外用薬が効いておらず、
しかも、もしかしたらその薬で悪化したかもしれないとも
考えられるので、別の系統の薬を処方します。

2)水虫に、別の化膿菌が感染したもの
水虫薬ではなく、化膿菌の対策の抗生物質の内服も
必要になります。

3)なんらかのかぶれ(多くは水虫薬)
通常、水虫の時には使わない、ステロイドの外用剤を使います。

4)過剰な洗浄で皮膚を痛めた
状況は、外傷(けが)と同じなので、
けがの治療を要します。




診療歴が来年30年となる私ですが、
上記の分類をして治療をしても
時には途中で治療方針を変更しないといけない時もあります。



案外、難しい疾患です。






Depositphotos_10895858_s-2019.jpg
フリー画像です。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:47| 足・爪・靴に関する疾患

2019年09月26日

暑さの戻りで、夏の疾患が増えています。しっかり治療しましょう!



涼しい日もあったのに、
また残暑厳しい関西です。


例年下火になるはずの、ひどい虫刺されや
毛虫の毒毛の皮膚炎の方の来院が、
続いています。


お気の毒なほどの炎症の酷さで、
市販薬では難治でしょう。

外用剤とガーゼ処置が必要だったり
場合によっては内服も強めで処方しています。


これらは、しっかり秋までに治癒させないと
年越しをして炎症が長引くことがあります。

そうお伝えして、しっかり外用するように
励ますのが、私の大切な仕事です。








この暑さの中、西王母が今年初咲き。
本当は陶器の花器が似合うのですが
ごめんなさい。




IMG_1661.jpg







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 15:38| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年09月21日

運動会シーズン、ケガしたけど医院が休みの時の処置。




運動会にはケガはつきものなのかもしれません。


リレーでの転倒、
組体操の落下、
などなどで

顔や手足に外傷を負ったお子さんが
今週はとても多く来院されました。



医院にくるメリットは、
「跡を残さないようにきれいに治すこと」



そのためにも、できるだけ早い受診が望まれますが、
医院が休みの時には慌てずに、以下の処置をして
休み明けに来院してください。




1)骨折をしていないか
(判断が難しい時は救急病院を受診しましょう)

2)止血できるか
動脈を切って、ドクドク出血しているということは
運動会レベルではあまり起こりません。
多くの場合、タオルなどで圧迫することで止血できます。
   
3)砂利が混じっていないか
流水で洗浄し、砂利などは落としましょう。
その時、やや出血しても、または痛くても
後々刺青になることを考えると洗浄が推奨されますが
あまりに怖い、痛いときは、休み明けに医院に相談してください。

4)ここで過度な消毒は良くありません。

5)固着させないように被覆する。
家にあるワセリンなどを患部に塗り、ガーゼなどで覆います。
ガーゼを剥がすときにこびりついて痛みが生じないように
出血部位にラップを乗せてからガーゼを巻くのも効果的です。

ただし、空気を通さないほどラップでぐるぐる巻きは良くありません。

キズパワーパッドは出血浸出液の多い創面にはあまり適しませんが
医院に行くまでに1〜2日なら構いません。




医院に行けるまで2日ほどある時は、
毎晩風呂場でシャワーで患部を洗いましょう。
(恐ければいいです)

医院が開院したら、すぐに受診してください。




では、運動会、頑張ってくださいね!




IMG_3661.jpg










posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:21| 湿潤治療・ケガ、やけど