2017年07月04日

あせも、股ずれ、増える季節です。まず体重管理も。



肥満は、美容的な意味合いで問題となるのではなく、
様々な疾患(病気)の原因となります。


皮膚科の分野でも、肥満が原因の疾患は多くあり、
肥満が解消されない限りは再発を繰り返しそうなものは
とても多いのです。





日本における肥満の定義は
「ウエスト周囲長 男性85p以上、女性90p以上」
 と
「BMI25以上」


このBMIという数値をご存知ですか?
 BMI= 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

という計算式で調べます。


普通体重はBMI 18.5〜25未満とされ、
それ以下だと、低体重となり、

25〜30未満 肥満度1
30〜35未満 肥満度2
35〜40未満 肥満度3(これ以上は高度肥満)
40以上   肥満度4

というふうに分類されます。




肥満度2以上になると、皮下脂肪がかなり分厚くなるので


脇の下や太ももは、普通に歩くだけでも擦れてしまい
汗の溜まりやすい太い首もですが
あせもや湿疹、そして真菌の感染症、
小さなイボの多発、などが

とても発生しやすくなります。




65歳以上の深刻な肥満の人は
内科的な症状(高血圧や高血糖)や
整形外科的な症状(膝関節炎)
などが生じ始めるので、


各科の先生から「痩せるように」強く求められているケースが
ほとんどですが、



若年層の肥満は、まだそのような深刻な疾患にまでは
至っていないので(いずれそうなる危険性は非常に大きいのですが)



肥満が原因で、まず訪れる最初の診療科は
皮膚科のことが多いのかもしれません。
(10 代から生じています)



そのため、肥満に対しての危機意識が、薄いように感じます。




しかしながら、逆に内科的な疾患を抱える年齢になってから
体重を減らすのは至難の技です。


長年、親しんできた食習慣を改めるのは本当に大変です。





私にとっても誠に難しい説明になるので、
よっぽどの時にしか
「体重が増えすぎているのが原因ですよ」とは
言いにくい、または言えません。


(誰だって太り過ぎって言われたくないですものね)



でも、シニア世代になった時の健康を考えると
今、対策を立てた方がいいんじゃないのかなあ、
と心の中で思います。






私ごとですが、私は本当に太りやすい体質で、
油断をすると、大変なことになります。



15年くらい前なんて、怖くて体重を計っていませんでしたが、
おそらくはBMI が27くらいにはなっていたと思います。




初期の台風をきっかけに(原因に肥満もあったので)
体重減少を心がけ体重を減らしました。





体重の減らし方のコツは、
「体重を増やさないこと」



毎朝、決まった時間に
例えば起きてすぐ水も食事もとる前に
体重を計ります。
必ず、専用のカレンダーにその体重を書き込みます。

私は自分専用の卓上カレンダーを使います。



前の日よりも増えていたら、その日は食事制限をします。
おかずは食べても米は抜いたり、という程度です。




これを毎日頑張っていると、
前の日よりも、ちょっと体重が減った日が出てきます。
そうしたら、その次の日は、その減った体重以上にならないように
食事に気をつけます。


その程度でいいのです。

変わったダイエット食を食べる必要はありません。



女性は月経時は2キロくらい増える人もいるので
月経終了後にまた元に戻っているか、
それもカレンダーに書いて管理します。





そうしていると1〜2年で気がつけば10キロくらい減っています。



普通体重になったら、
あとは増えないよに体重を計って管理してください。



50歳代までには普通体重に納めるように。
それが全ての健康のためになります。



一緒に頑張りましょう。














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:44| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2017年07月03日

梅雨の晴れ間に牛窓で。







梅雨の晴れ間をついて
以前お知らせした瀬戸内市立美術館へ行ってきました。




関連記事『「清宮質文展」 於 瀬戸内市立美術館 のご案内』







瀬戸内市ではピンと来なかったのですが、
ここはかつて牛窓町だったのですね。





瀬戸内の島々を眺める光景がギリシャのようだと




1311a3e8e6528d5adf1d23924c10a37f_s.jpg
(今回、私は写真を撮れなかったので、フリー画像の写真でご説明しております。)






好景気の時代から開発が進んできた地区でしたが





d12ad5d546a964a6f9ca9e930651b3e5_s.jpg






今まで訪れることなく過ごしていました。









まるで南欧のリゾートのような、ヨットを横付けできるホテルもあり




IMG_1474.JPG
ホテル リマーニ





美味しい魚料理もいただけるようです。






その牛窓港の前に建つのが瀬戸内市立美術館。



スクリーンショット 2017-07-03 9.50.24.png




元々、牛窓町の庁舎だったところだそうで、
市町村合併で瀬戸内市が誕生してからは町庁舎の役目を終えて
議会場ホールを美術館に改装し、文化発信の場として使っているそうです。







そこで開催されている清宮質文展。



IMG_1483.JPG




関東以西では、なかなか目にすることの少ない作家の名品が数々観られます。









アクセスですが


当院からのルートでご説明すると


スクリーンショット 2017-07-03 9.51.19.png
クリックで拡大





山陽自動車道の備前インターチェンジで下りて




素晴らしい絶景の岡山ブルーラインという道路を途中まで通って牛窓に向かいます。




岡山.jpg
クリックで拡大






途中の風景は、心を奪われるほど素晴らしかったので
ドライブには最適ではないでしょうか。


ゆっくり走って2時間半ほどです。






清宮質文展
7/23までの開催です。



清宮質文 瀬戸内
クリックで拡大





お土産に、以前頂戴してすごく美味しかった「唐子踊饅頭」を
購入しました。


唐子踊まんじゅう
きびや菓子舗



コーヒーにも、お抹茶にも、ピッタリ合う美味しさです。
おでかけの際には、お土産におすすめします。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 11:01| 医療以外のつぶやき

2017年07月01日

蒸し、虫、水虫の1週間。



暑いですね。
そしてとても蒸します。



今朝の診療前の待合室です。


芦屋柿本クリニック






この1週間は、この時期ならでは疾患の増加が目立ちました。




まず、虫刺され。

イラガやチャドクガの毛虫皮膚炎、
蚊による痒疹

マダニもありましたし、猫のノミらしき虫刺されもありました。






そして、水虫。


昨日の午後だけで足白癬と爪白癬の患者さんが10名ほど来られました。




そして、水虫菌が体につく「タムシ」や
別の真菌である「癜風」。

これも今週、爆増という感じでした。




虫刺されも、水虫やタムシも、市販薬で手に負えないケースばかりでした。
いずれもこじれさせると怖い疾患ですので、
皮膚科へのご相談をお勧めします。
すぐ治る目処が立ちます。






診察のご予約は


医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:04| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2017年06月30日

「ニキビ肌は硬い肌」への理解。




昨今の当院のニキビ診療は、
「簡潔な説明と目標設定」
を旨としています。




その1   どうして、次々ニキビができているかの説明


その2   解決方法と目標設定




色々な情報を盛り込みすぎず、初診ではそのことだけをお話ししています。





次の再診の時

肌コントロールのすごく上手にできるようになった人は、そのまま励まして


うまくいっていない人には、もう少し踏み込んで原因の説明を



そうして、完治までの扉を1つずつ、クリアしてもらっています。










皆さんは
診察室の話だけではわかりにくかったことを
このサイトでの情報で確認してくださっているようです。





ニキビ治療の情報はこちらをご覧ください。
 http://dr-kakimoto.com/category/4178336-1.html









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:18| にきび治療

2017年06月29日

7月の紫外線注射担当の看護師さん出勤日




7月の紫外線注射担当の看護師さん出勤日の速報です。



まだ増える可能性がありますので、順次ご報告します。




7月.jpg
クリックして拡大(7/7改訂)







診察のご予約は

医療法人社団双樹会
皮膚科 芦屋柿本クリニック http://ashiya-kakimotoclinic.com
住所: 〒659-0025 兵庫県芦屋市浜町3−7
電話: 0797340400
PC公式サイトのご挨拶
無料駐車場8台あります。お電話でご確認ください。
初診予約サービスサイトもご利用下さい。https://www.489map.com/helios/A5054113/reserve






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:30| 医院からのお知らせ