2019年07月22日

爪切りのご相談、移転後の状況。



移転後、医院が2階になりましたので
車椅子の方、手押し車や杖の必要な方で
足の爪切りに通院しておられた方は


ご希望に応じてお近くの整形外科などに転院のご紹介をしています。


皆さん、分厚くなった爪をご自分では切れない方や
糖尿があるので爪周囲が膿みやすい方などがほとんどでした。



上手に爪を切って長く管理させていただいていたので、
お越しになれなくなった方には本当に申し訳なく思います。




下の写真の爪切りを医院窓口でも販売しております。
力の弱い女性でも扱いやすいので
ご家族の方にお願いするのも、いいのかもしれません。











IMG_3443.jpg
2900円(税別)








IMG_3444.JPG
3000円(税別)







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:37| 足・爪・靴に関する疾患

2019年07月20日

8月の休診予定。








スクリーンショット 2019-07-19 15.40.57.png






posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:52| 医院からのお知らせ

2019年07月19日

条件が合えば強く勧めたい薄毛治療薬は初診の方にも処方いたします。




薄毛の相談は、初診の方でも現在お受けしています。



男性の壮年性脱毛症(AGA)には


内服薬 フィナステリド
28日分6000円税別


IMG_3404.jpg



前からのM字脱毛にも、
後ろからのザビエル型にも
確かな効き目で進行を止める効果があります。



当院では、
なぜか医療従事者の相談がとても多く
身近な人も10年以上飲み続けて完全に進行を食い止めています。


(飲まなくなったら、年齢なりの進行が始まります)




フィナステリドを毎日飲んでいる方と
この薬の存在も知らない方とで、
10年で髪の毛の量は圧倒的に差がついてしまいます。



抜けてしまった毛を戻すことはできないので
前髪や後頭部が薄くなってきたかも、
またはお父様、お爺様が薄毛だったという30代の方
遅くても40代前半の方にお薦めいたします。






次に男性の壮年性脱毛症にお勧めするのは



IMG_3403.jpg



「FR15」
(含有成分)ミノキシジル15%、アゼライン酸、プロキャビル
 プロシアニジンB2、アデノシン、ビオチン
60ml (約30日分) 8000円(税別)


フィナステリドの内服は進行を食い止めますが
FR15は育毛、つまり生やす効果が期待されます。
頼りなく産毛状だった場所の毛が濃くなるので

ぺったりしていた髪型にボリュームが出ます。










女性の薄毛には、






IMG_3402.jpg



女性用ロゲイン 4500円(税別)






これも同じく、産毛状だった場所の毛が濃くなり
頭頂部のボリュームを出すこともあります。
当院の患者さんたちにも結果の出ている
リピートの多い薬剤です。








いずれも、初診の方でも処方しておりますので
ご相談ください。














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:23| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2019年07月18日

アトピー肌のニキビ肌はブラシ洗顔は向きません。




アトピー性皮膚炎の遺伝体質をお持ちの方でも
ニキビが多発することはよくあります。


一見、アトピーは乾燥肌、
ニキビは脂性肌と考えられがちですが


その分類も正確ではありません。


皮膚表面が乾燥しすぎると皮脂の出口が詰まりやすくなり
ニキビの素となるコメドが発症しやすくなります。




nikibi2.jpg






そして、ここでまたよく生じる誤解ですが
この出口をブラシなどで削り取れば治ると
考えてしまう患者さんもいます。



アトピー体質の肌は
元々、外部からの刺激で簡単に細胞間が崩れ
表皮の剥離が起こるので


そんなことをしたら、真っ赤な赤むけの肌に
なり、アトピー症状は増悪します。




そんな重症のアトピー肌を治すために
ステロイドを塗ると
その副作用でニキビが増悪します。





アトピー肌のあるニキビの人は
とにかく保湿と、ある程度の保脂。
そして刺激を与える洗顔をせず、
数ヶ月かけて肌質を良好にコントロールすること。



長い治療経験で、そう思っています。














posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:33| にきび治療

2019年07月16日

連休明け、通常診療しております。例年多いご相談ごとは



今日7月16日(火)
海の日の3連休明けですが、通常診療しております。



当院の診療の3本の柱別に分類すると
例年では以下の患者さんが多い傾向にあります。


1)一般皮膚科
 虫刺されや、かぶれ、水虫の患者さん


2)皮膚外科
 けが、やけどの患者さん、夏休み中の皮膚腫瘍治療希望の患者さん


3)美容皮膚科医療
 紫外線照射後のシミ予防のヒートマスク導入





写真は発売以来、再販を繰り返しているロングセラー
当院のオリジナル紫外線予防化粧下地
サンスクリーンC


スクリーンショット 2019-07-16 10.02.29.png



この夏も、活躍中です。












posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 10:05| その他のいろんな皮膚科疾患の治療