2018年07月17日

アトピー新薬「デュピクセント皮下注」の研究発表の会に行ってきました。



7月14日に神戸ホテルオークラで開催された
アトピー新薬「デュピクセント皮下注」の研究発表の会に行ってきました。



大学病院での治験も完了し、やっと発売となった「デュピクセント皮下注」。
アトピー発症に関与していることがわかっているサイトカインの
働きをブロックする効果があります。





当日発表された、患者さんサイドから見た
「優れた点」と「理解していただきたい点」を
私なりにまとめてみました。





「優れた点」


1躊躇なく社会参加ができる

 皮膚症状が大幅に改善するので「人目を気にせず」温泉に行ったりお化粧をしたり、営業に回れる。

デュピクセント皮下注
デュピクセント皮下注患者さん向け診療サポート資材より





2痒みに悩まされることがない

  痒みをほぼ消失でき、快適な1日を送れるようになる。





3通院回数を減らせる

  同等の効果を発現させるためには、
  例えば当院のセラビーム紫外線治療などは通院回数が1ヶ月に何回も必要。
  それが2週に1度程度の通院でコントロールが可能になる可能性が高い







「理解していただきたい点」


1バックアップのある病院での治療となる
  皮下注射です。
  一番多い副作用は結膜炎で、眼科との連携治療が必要です。
  また、発売以来報告はありませんが、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるため
  その対策の取れる施設でのみ治療ができます。

  以上のことから、当院での施術は、現時点では困難で、
  積極的に治療を進めておられる神戸大か兵庫医大へのご紹介となります。
  土曜日しか通院が不可能な方は、兵庫医大なら治療できます。
  今までの治療をまとめた診療情報提供書(紹介状)を当院で発行します。



2既存治療を行なっている人に向けての治療です。


  効果が確実で副作用の点でも最も推奨されるステロイド外用治療を
  既存治療として行なっている人に向けた治療、と明記されています。
  相当な重症なのにステロイドを使いたくない、という方には導入が困難です。



3薬価が高い

   ▽デュピクセント皮下注300mgシリンジ(デュピルマブ(遺伝子組換え)、サノフィ)
    薬価:300mg2mL1筒 8万1640円


   3割負担の方で、薬価だけで24492円、そこに再診料や施術料などが加算されます。
   2週に1度の治療になるので、治療費は膨らむかもしれません。

   医療費控除を活用することも考慮されるでしょう。


   スクリーンショット 2018-07-17 9.47.37.png









まとめ

デュピクセントによる治療のイメージをまとめてみましょう
各大学病院での、現在治療中の患者さん、治験で数年経過を追っている患者さんの
データーから考えると、以下のことが可能なのではないでしょうか
(まだ全員がそうなるとは、症例数が少ないので断言できません)





今まで露出することなんて考えられなかった肌を出すことも
目標として実現可能です。
wedding-dresses-1486256_640.jpg





人前でも物怖じすることなく対応したい、その実現が可能になるかも。
men-1979261_640.jpg




従来治療で週に何度も通院するような重症の方だと、
デュピクセントで通院の回数は減らせると思います。
治療にかかる時間的な拘束は少なくなります。
time-371226_640.jpg





ただ、医療費はかかります。
coins-1726618_640.jpg







もし、デュピクセントにご興味のある方は、診察室でご相談ください。










   
posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 13:59| アトピー性皮膚炎

2018年07月14日

8月のお盆休みは8/11~15です。





お盆休み.gif





8月の休診日は上記の通り、
8/11〜15の間、休診させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。









posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 08:57| 医院からのお知らせ

2018年07月13日

カンジダ感染症の夏がきた。




IMG_0667.jpg
今朝の開院前のエントランス




昨日は豪雨から、皆様の身の回りもひと段落されたのか
いつもより多くの患者さんをお迎えしました。



特に多かったのはカンジダ感染症。



来る方来る方、カンジダの疑いで、真菌検査で菌の検出をしました。




IMG_0668.jpg





カンジダ感染症は、水虫菌と似ていますが、
拡大が早く、浸出液がドロドロ出るのが特徴です。


皮下脂肪の厚い人の脇の下、乳房の下、お腹の段の間
などに好発します。




真菌(カビ)ですから、高温多湿を好んで繁殖します。
この季節にはピッタリ条件の揃う疾患なのです。



治療は、外用剤や、時に内服もしていただきながら
手早く治すことを心がけています。




これは?と思ったら、真菌検査のできる皮膚科で
診察を受けることをお勧めします。



台風紫外線注射にお通いの方へのインフォメーション

本日7月13日(金)は、
午後は紫外線注射担当の看護師さん不在なので、ご希望の方は
午前中か明日にお越し下さることをお勧めします。











posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 09:50| その他のいろんな皮膚科疾患の治療

2018年07月10日

いけばな新作。酷暑の目に安らぎを。



昨日、嵯峨御流・吉田泰巳先生が梅雨明けの朝、
いけばなをいけに来てくださいました。




IMG_0588.jpg






素早くバランスをとっていけていきます。





IMG_0589.jpg






濃い緑の爽やかな作品です。





IMG_0656.jpg






後ろの油彩とも引き立て合いますね。






IMG_0657.JPG





吉田先生、ありがとうございました。







posted by 皮膚科芦屋柿本クリニック at 17:43| いけばな吉田泰巳先生の世界